2018年6月12日 (火)

2017年12月30日 宗像大社境外摂社 織幡神社

Imgp6083宗像大島から
戻り、神湊から
さつき松原を
挟んで北側の
鐘ノ岬の織幡神社
にも寄ってみた。
ここは宗像大社
境外摂社になり...
武内大臣の他、
Imgp6113住吉、志賀、
天照、宗像、八幡、
壱岐真根子臣の
7柱を御祭神とします。

Photo_3武内大臣は
三韓出兵の武人で
鐘崎にもどって
こられて昇天
鎮座されたとされます。

Imgp6122織幡の由来は
369年に神功皇后が
神勅で鐘崎で
赤白二流の旗を織って
宗像大菩薩の
御手長に着けたことによります。

Imgp6099鐘ノ岬の先端の
ピークは小屋形山
(標高50m)で、
そちらも登ったけど
Imgp6107展望は無し。
岬の先端への
道はありましたけどね。
境内から東に広がる
深浜海岸


Imgp6085鐘とは沈鐘と
巨石の伝説によります。
海の向こうから
きた鐘が沈んでいたが
宗像興氏、黒田長政
が権力にまかせ
引き揚げようとしたが失敗。

Imgp6129山本菊二郎という人
が大正8年に
引き揚げに成功した。
しかし、あがったのは
釣鐘でなく巨石でした。
まあその石も展示されていたり...

Imgp6082また、筑前鐘崎
海女の像があります。
鐘崎海人は
航海術に秀で、
特に潜水技術に
優れた鐘崎海女は
西日本の海女
発祥の地と
されています。

Imgp6087参道の階段の
左手に今宮社
があるが、まず
は織幡神社に
参ってから
災難除けの
お願いは
今宮社へと
指示しております。

Imgp6126海に面するとこには
恵比須神社の
御社があり
ここにはアワビの
Imgp6127貝殻などが
お賽銭入れに
なっている小さい
御社があったり
Imgp6128メインの賽銭箱
のはスリコギ棒
が何故か置いて
あったりしました。

Imgp6132鐘崎のテトラから
手前は地ノ島。
その左に霞んで
見えるのが宗像大島です。
宗像大島で距離11km。
地ノ島までは最短距離で3km程度です。
急流ですが、シットオントップでも
なんとか行けたなあ。ちなみに
白鶴「まる」のCM撮影はここ鐘崎です。


Imgp6141さつき松原から
地ノ島と鐘崎、
鐘ノ岬の小屋形山
ピークを眺めます。

| | コメント (0)

2017年12月30日 宗像大社 沖津宮遥拝所

Imgp5972牧場から北側の
海岸に下る
林道ならぬ
旧軍道を歩きます。
砲台への兵站ルート
だったんでしょうね。
沖津宮遥拝所へ
向いました。

Imgp5981むろん、沖ノ島は
見えないのだが、
もともと女人禁制で
男でも許可が
Imgp5994無ければ立ち入る
こともできません。
まさに里宮から
山頂の奥宮への
遥拝所のようです。

Imgp6010ですので、宗像大社
として境内的には
最も近い沖津宮の
参拝ポイントである。

Imgp5984まあ、遊魚船でも
チャーターすれば
沖ノ島の沖合から
参拝もできるん
Photo_2でしょうけどね。
それはそれ、
御朱印も中津宮
でもらえました。
御社は背面
にも扉があり、
本来、拝殿は
筒抜けに水平線上
の沖ノ島を拝む
かたちになるのでしょう。

Imgp5997曇り空が残念。
また来訪したい
大島です。

| | コメント (0)

2017年12月30日 大島むなかた牧場と砲台跡

Imgp5875御嶽頂上から
舗装道路を歩いて
島北端部の
大島むなかた牧場を
抜けて砲台跡へ移動します。

Imgp5959大島むなかた牧場
は宗像市営牧場で...
黒い和牛の他、
豚、羊、山羊がいました。
Imgp5969山羊さんは本土の
田畑へ貸し
出されるのかな?
農閑期は大島で
バカンス中だったりして。
Imgp5962_2Imgp5963_2Imgp5966




Imgp5879砲台はトーチカを
中心に4門くらい
砲台跡が
残ってました。

Imgp5914_2その先に風車
小屋があり、
展望台に
なっている。
やはり沖ノ島は
見えない....
聞くとよほどの
快晴でないと
みえないとのこと。

Imgp5923神崎鼻です。
沖ノ島は49km
なら見えそう
なんだけどなあ。

Imgp5921_2以前、対馬から釜山
が見えたし、与那国
から台湾も見えたのになあ...
大島灯台を見下ろします。

Imgp5893_3砲台のサークル。
そして風車。
玄界灘かな?
響灘かな?
Imgp5899実は海図上では
玄海灘と響灘の
境界は地島と大島
を繋ぐ直線で分け
られるそうです。

Imgp5950_3日本海海戦の慰霊碑....南無
つまりこの海戦は
日露戦争ですね。
バルチック艦隊を
Imgp5885確認したのは
沖ノ島のあたりですので
東郷ターンの対馬も
あった訳で、まさに
Imgp5890海戦の海域でしたのね。
実は日本海海戦は
宗像三女神のご加護が
強かったのかもなあ。

Imgp5892Imgp5901Imgp5906

| | コメント (0)

2017年12月30日 大島最高峰 御嶽宮

Imgp5796中津宮の裏を
歩いて行くと
大島の最高峰
になる御嶽
Imgp5800(標高214m)の
登山道の
入り口
がありました。

Imgp5810ぼちぼちな
アルバイトな...
登山道でしたが、
誰にもあうことも
なく登ります。

Imgp5825山頂は展望所
があり、御嶽宮
が鎮座します。
島のレイアウトや
Imgp5834様子が良く
わかります。
御嶽宮は中津宮
の荒魂をお祀りします。

Imgp5839北側は曇り空で
沖ノ島は見えない....
でも牧場や風車
が見えるので、
Imgp5842次の目的地の
距離と方向が
わかりますネ。
うーん、歩きで
Imgp5845まわるとは予想
してなかったけど
これはこれで
面白いにゃ!!

Imgp5847パンを食べながら
休憩してから牧場を
目指します。.

| | コメント (0)

2017年12月30日 宗像大社 中津宮

Imgp5749大島のフェリー
埠頭そばの
中津宮にまず
参拝します。

Imgp5756_2ここは七夕の
織姫神社もあった
りして、7月の祭は
にぎやかそうです。

Imgp5795ちゃんと近くに
牽牛社もあって
織女社とセットで
参拝するのがよさそうネ。

Imgp5762七夕虫振神事
にも行って
みたいけど、
ペア限定かもね。

Imgp5764中津宮は湍津姫神
(たぎつひめのかみ)
をお祀りしています。
11kmの距離が
Imgp5767ありますが、
大島の中津宮と
九州本土の辺津宮
は向かい合って
鎮座しています。

Imgp5774_2境内から谷へ少し
下るとV字谷に
削れた小さい沢に
天真名井があり、
真清水が湧いています。
朝一番のお掃除ですね。
PhotoImgp5765_2Imgp5752_2







Imgp5794

| | コメント (0)

2017年12月30日 宗像大島

Imgp571230日の第一便の
フェリーに乗り
中津宮と
沖津宮遥拝所
Imgp5716のある宗像大島
へ渡ります。
島内のバスが
始発のフェリーに
乗ってきました。
大島に置きっぱなし
ではないんですね。
フェリーとバスの
連携プレーっすね。

Imgp5732もやってます。
これじゃあ、
大島から沖ノ島は
みえないだろうなあ。


Imgp5743レンタルの
電動アシスト
自転車も
あるのですが、
Imgp6018年末年始は
ターミナル
の売店が休みで結局、
歩きでまわることにしました。

Imgp6030まあ、御獄登山道
は遊歩道のため
MTBならOKだが、
結果良かったかな。

Imgp6033神社関係は
あとでまとめ
ますので、
その他の写真など。

Imgp6058でも秋は
世界遺産に
なったばかりで
大混雑で
てんやわんや
だったそうですが
冬になって
落ち付いたようです。

Imgp6075フェリーのお客の
ほとんどは
釣り客です。
しかも海上釣り堀の
ブリ狙いで
正月のブリ
確保で皆さん
大忙しい
って感じです!!

Imgp6062bc大島の消防署には
道が狭いのも
あるんでしょうね。
セローが配備されてました。

Imgp6064bcImgp6066bc

| | コメント (0)

2018年6月11日 (月)

2017年12月29日 宗像大社 辺津宮

Imgp5670_2午前中はスペワ、
午後は宗像大社
の辺津宮へ参拝です。
30日に宗像大島
へ渡る挨拶を!!
初詣の準備で
賑わいますが、
参拝客もいますネ。...

Imgp5701久しぶりの
辺津宮は
3度目かなあ...
神宝館に初めて
寄ってみたりもしたよ。

Imgp5674写真は辺津宮の
拝殿です。辺津宮
はイチキシマヒメ
を御祀神とします。
Imgp5676宗像三女神が
玄界灘と九州
の地に大陸との
要衝の降臨
したという事ですね。
賽銭を入れる場所など
初詣用にワイド
になっていますね。

Imgp5687辺津宮には中津宮
と沖津宮の分社
があります。
第二宮は沖津宮分社
Imgp5688でタゴリヒメを祀ります。
伊勢神宮ににた造りですね。
第三宮は中津宮分社
でタギツヒメを祀ります。

Imgp5697高宮祭場は降臨した
場所で自然信仰的に
木に宿ったとされます。
神籬(ひもろぎ)と呼ばれ

樹木を依代としているため
社殿はありません。
庭上祭祀を
継承しています。

Imgp5707

| | コメント (0)

2018年6月10日 (日)

2017年12月29日 東田第一高炉跡地公園

Imgp0133スペワの近くに
あったのが
東田第一高炉の
跡地公園です。

Imgp5639明治34年に官営製鉄所
として造られ昭和37年に
この姿の超高圧高炉
となりました。
1972年に停止され保存されて...
無料で一般公開されていますが、
Imgp5629年末年始は休館
のため中には
入れなかったっす。
まわりをテクテク散歩です。

Imgp5669新日鉄八幡の
官営八幡製鐵所
旧本事務所が
世界遺産になり、
スペワの駐車場の脇に
展望所ができている
のですが、これも年末は閉鎖。

Imgp5667隙間から見えるのは
八幡製鉄所の
引き込み線のみ....
それはそれで
好きなんですけどね。

Imgp5636官営八幡製鐵所修繕工場、
官営八幡製鐵所旧鍛冶工場、
中間市の遠賀川水源地
ポンプ室も一緒に世界遺産に
なったようだけど、なんだかねえ....
Imgp5641Imgp5651Imgp5631_2

| | コメント (0)

2017年12月29日 ラスト スペースワールド

Imgp01152017年の大晦日
でラストになる
スペースワールド
に無くなる前に
行ってきました。

Imgp0109まあ、全盛期に
行った訳でもなく
はじめてなん
ですけどね。

Imgp5480スペースシャトル
はホンモノでは...
ないけど、良く
できてるので
運用中に撮影して
おきたかったのでした。
むろん、入場料
のみで乗り物には
乗ってませんけどね。

Imgp0116かなり老朽化
しており、錆びも
多く、道路の
アスファルトも
ひびだらけ....

Imgp0127タイミング的には
一度フルメンテで
閉園したい
ところだけど
まあ経営的に
続けるか、やめるか
の判断の結果
なのだろうね。

Imgp5474むろんファイナル
期間は入場者も
すごい量ですが、
けっしてネズミの国や
映画の国などの
人出ではない感じです。

Imgp5499これが通常の土日
で維持できれば
継続もあるの
かもしれないけどなあ。
難しいものである。

Imgp5604ただ宇宙人や
宇宙開発の視点
のテーマパークな
面が残るのをみるに、
勿体無いなあって思うのも
あるのです.....

Imgp5529羽咋ミュージアム
にも似た感じでも
あるのですけどネ。

Imgp5590新日鉄八幡の
遊休地の
利用から
始まるが
スチールな
魂はのこっていた
のだろうなあ....
残念ではあります。


Imgp5486Imgp5494Imgp5512









Imgp5483Imgp5502Imgp5523_2




Imgp5530Imgp5537Imgp5560




Imgp5566Imgp5574Imgp5582




Imgp0129スペースワールド
のラストデイまで2日...
29日は曇り空
でしたが大勢の
お客さんでいっぱい。

Imgp0130その思いも壁や
道路、ガラスなどに
落書きいっぱいでした。...
書きやすいように、
Imgp0131最初にイラストを
書き込んであるのかな。
上手に描かれて
いるのもありますよ!!

Imgp5578いろいろな看板や
コワザの効いた
ものがたくさんです!!
こういうの好き。
Imgp5471Imgp5576_2Imgp5581









Imgp5586Imgp5598Imgp0119




Imgp5596Imgp5599Imgp5567









Imgp3384Imgp5602Imgp5605




Imgp5609Imgp5627Imgp5571




Imgp5628_2

| | コメント (0)

2017年12月28日 正月休み 帰省&九州移動開始

Imgp546112月28日は午後に浜名湖を
出発だったので
広島通過は日付が変わって
しまったにゃ。
でも、渋滞もなくスムーズで...
宮島SAで宮島の夜景でも撮影よん。

| | コメント (0)

«2017年12月24日 クリスマスケーキがわりの桜海老のかき揚げ丼