« 2017年4月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年10月30日 (月)

鳳来峡の乳岩クライム

Imgp50064月23日は寝坊
したので、午後
から鳳来の乳岩に
登ってきました。
昼飯を登山口の
乳岩峡の桟敷岩
でゆったりたべて
とことこハイキング。
Imgp5045けっこう
ハイカーは
多いですね。
久しぶりに
岩場に入って
きました。
身体がなまってるなあ。
Imgp5071GW前ですので
鯉のぼりが
ぶらさがり
初めていました。

Imgp5010Imgp5016Imgp5019





Imgp5036Imgp5039Imgp5051




Imgp5025Imgp5031Imgp5057






| | コメント (0)

浜松広報館でランナップ 2017

Imgp2632bc4月22日は浜松広報館で
F-2とF-15の整備学校の
機体のエンジン始動の
展示があったので
XR250で行ってきまし6た。
Imgp2800bcやっぱ、F-15はエンジン
2本なので音はデカイなあ。
武装専門の方にミサイルの
値段とか4千万円だの
1億2千万だの高いなあって説明。
Imgp2479bc20mmバルカンは
1発3000円みたいだけど、
しっかり薬莢は
リロードして再生
するみたいだね。
Imgp2907ベルトリンクも今のF-2、
F-15は装弾時にドラム
に入れる時点で
外してしまうですね。
浜松基地では20mm
バルカンの試し撃ちは
もうしなくなったそうですが、
F-1の時代は飛行後、
100発の動作確認をしてたそうです。
 
Imgp2877bcさて、ファントムF-4の
整備用機体は実は
浜松でも1機もってる
そうなんですが、
教育はもうしてないそうです。
とりあえず、今担当してる人で終わり...
Imgp1456bcでもまあ、乗るには
すばらしい機体ですが、
整備するには最悪な
機体らしいけどね。
古いからなあ。
 
Imgp2618bcF-35Aは三沢基地に
配備されます。
この整備用機体を
浜松で1機もてる
財力はないとのことで
多分、第一術科学校の
分校を三沢につくるかも
なあって言ってました。

Imgp2705bcF-35Aは空軍機
なので米空軍の
三沢基地と連携
せざるをえないのかな。
(2017年10月では先に
嘉手納基地に配備
しちゃいましたけどネ。)
垂直離着陸のF-35B、
F-35Cならば岩国と
連携なんだろうけど。
Imgp2483bcImgp2499bcImgp2509bc




Imgp2526Imgp2531bcImgp2597bc




Imgp2602bcImgp2643bcImgp2695bc




Imgp2724bcImgp2739bcImgp2741bc




Imgp2900bcImgp2929bcImgp2946bc




Imgp2495bcImgp2534bcImgp2538bc









Imgp2547Imgp2562bcImgp2568bc









Imgp2584bc_2Imgp2768bcImgp2912bc









Imgp2975bc





| | コメント (0)

2017年10月29日 (日)

三ヶ日 奥平山千本桜

Imgp49434月になってアマゾンで
発注してたGiviのOBK-58Bの
アルミトップケースが
3カ月かかってやっと
到着しました。
現状の価格より
安い時期に発注したので、
それはそれでヨシだね。
 
Imgp4966アウトバックの四角い
ケースですが丸っこい
E55をVFR800Xで使ってるけど、
それよりコンパクトにみえるね。
肉厚がアルミ1枚で薄いので内容量
はしっかりあるんだけど。
 
Imgp4955せっかくなので4月15日に
ちょっと花見に
アフリカツインで
三ヶ日 奥平山千本桜へ
Imgp4961行ってみました。
多分、前の週に地元の
祥月洞の桜まつりは
済んでしまってた。
 
Imgp4972ローカルで観光
メインでなくて
ふるまいもあって
好きなイベント
なんだけど残念。
まあ、先週は雨が
ひどかったしなあ...
 
Imgp4979満開からけっこう
桜吹雪モードですが、
まだしっかり咲いてます。
道路は花びらだらけで、
雨で濡れているので、
すごくスリッピーで
運転は慎重でしたけど。

| | コメント (0)

滝ヶ原駐屯地 2017

Img_843bc8桜が満開の時期ですが
4月9日に雨の中、
御殿場の滝ヶ原駐屯地に
行ってきました。
Img_8345bc午後から回復してきますが、
富士山麓はずっと濃霧で
帰りは牧之原越えてやっと
夕日がみえてきたってレベルでした。
 
Img_8348bc雨フル装備で見学。
カメラもキャノンG12に
ダイビング用の防水
ハウジングをつけて撮影に入る。
 
Img_8349bcが、実際、50m先が
見えないレベルの濃霧で
接近撮影しかまともにできない。
当然、ヘリは飛ばないわな...
Img_8359bc5時過ぎに起床して
ごそごそって感じです。
9時開門ですぐに戦車、
装甲車の体験乗車の
Img_8365bc整理券が配られるが、
雨で人数も少ないので並ぶこともなく、
チケット確保して
撮影場所の場所とりに行く。
 
Img_8366bcが、濃霧でどうせグラウンド
がよく見えない。
これで撮影もなにもないので、
結局、別の場所で撮影する。
 
Img_8368bc出店も雨のため
お客さんも少ないってことで
最初っから焼きそば、
たこ焼きを150円に
Img_8371bc値段さげて売り
はじめてました。
あと、無料サービス
のお汁粉もけっこう
終盤でももらえたしね。
 
Img_8372bc一般展示車両ではまた
富士学校から
機動戦闘車がきてました。
10式戦車と並べてね。
Img_8383bc米軍海兵隊の方からは結局、
3台、水陸両用のAAV7とピラーニャが
展示されただけでした。
AAV7は中に入れさせてくれてたけど、
他は汚れるので入れなかったね。(笑)
 
Img_8395bc創立記念式典には間に合わず、
式典パレードから撮影。
といっても大型な戦闘車両
の入り口のとこで
近距離撮影した。
Img_8408bcその後、模擬戦になりますが、
これもまともに見えない濃霧なので
奥の味方部隊が入ってくる
場所に移動して撮影した。
Img_8415bc順番に並んで、ゴーを
かけられるのはまるで
ラリーレイドの
スタートのようで、
これはこれで面白かった!
 
Img_8417bc_2最後は雨の体験搭乗で
戦車と装輪装甲車に
乗ってさくさくと
帰路につきました。
Img_8418bcImg_8427bcImg_8430bc




Img_8442bcImg_8448bcImg_8454bc




Img_8457bcImg_8461bcImg_8462bc_2
Img_8470bcImg_8473bcImg_8481bc




Img_8483bcImg_8486bcImg_8487bc




Img_8492bcImg_8494bcImg_8496bc




Img_8507bcImg_8511bcImg_8512bc_2




Img_8516bcImg_8520bcImg_8523bc




Img_8531bcImg_8532bcImg_8536bc_2




Img_8539bcImg_8542bcImg_8546bc




Img_8555bcImg_8564bcImg_8567bc




Img_8572bcImg_8583bcImg_8381bc




Img_8587bcImg_8378bcImg_8379bc




Img_8376bcImg_8588bcImg_8377bc




Img_8589Img_8590_2Img_8592






| | コメント (0)

駒門駐屯地 2017

Imgp4884ジムニーの修理で10万円弱....
ナックルのキングピンのベアリング
交換で硬めのグリスを入れて
O/Hしてもらいボールジョイントの
シムのパッキンを工藤自動車の
強化ものを装着してもらった。
ついでにデフ、ミッション、トランスファーオイルなども
18万kmなので交換しました。
 
Imgp1397bcで、4月2日に急遽
御殿場の駒門駐屯地の
創立記念式典の一般公開に
行ってきました。
 
Imgp1370bcまあ、ほぼ一番乗りで
ジムニーを置いて寝る。
夜明けには常連の八王子ジムニー、
三河70ランクル、裾野パジェロミニ
のいつもの面々と一緒になりましたね。
 
Imgp1433bc今年の展示では富士の
教導にある装甲戦闘車
が展示されていた。
タイヤの装輪に120mm砲
を積んだやつね。
 
Imgp2399bcマミヤカさんは戦車試乗後
に現地で遭遇です。
式典、パレード、模擬戦とみましたが
そのあと戦車類の展示もしてくれた。
 
Imgp1841bc戦車回収車が3世代が
勢ぞろいで並べたり
74式戦車改という
最終型(G型)の4台くらいしかない
パッシブ型暗視装置の
特殊仕様の珍しいものも
展示してくれました。

Imgp1436bcImgp1467bcImgp1512bc




Imgp1513bcImgp1524bcImgp1551bc




Imgp1564bcImgp1619bcImgp1661bc




Imgp1744bcImgp1754bcImgp1757bc




Imgp1786bcImgp1794bcImgp1849bc




Imgp1918bcImgp1986bcImgp2006bc




Imgp2036bcImgp2056bcImgp2116bc




Imgp2134bcImgp2138bcImgp2162bc




Imgp2166bcImgp2180bcImgp2196bc




Imgp2204bcImgp2211bcImgp2226bc




Imgp2337bcImgp2346bcImgp2351bc


| | コメント (0)

狩宿の下馬桜

3Imgp0475月18日に蔵王往路にて
ショートカット迂回で
富士の雁宿の下馬桜に
寄ってみたが、桜はまだ。
梅と菜の花が満開かな。

Imgp0473Imgp0468




| | コメント (0)

清水港に「いかづち」と「はたかぜ」

Imgp11083月25日に海上自衛隊の
DD-107「いかづち」
DDG-171「はたかぜ」
が公開で清水港に
入港していましたので
行ってきました。
 
Imgp1131まあ、いかづちは
学生の特別公開で、
はたかぜが一般公開
になります。
 
Imgp1132とはいえ、目刺し停泊のため、
はたかぜを見学する
のにいかづちに一度乗ったり、
艦橋などから平行に
Imgp1140並んでいるので
俯瞰で眺めることも
できるのでどっちがどうでも
大差ないんですけどね。
Imgp1148未明の5時前には
到着できました。
まだ夜景ですが、
フェリー岸壁から
Imgp1169国際岸壁は隣接
しているので、
ローアングルから、
フェリーの送迎デッキ
から俯瞰でも撮影。
 
Imgp1150なんだかんだで
夜明けで朝マズメ
でしたけどね。
興津埠頭の方には
Imgp1180bc_2海洋研究開発機構
(JAMSTEC)の
地球深部探査船「ちきゅう」
がまた入港してました。
 
Imgp1183bc_3夜はライトが
明るくてなかなか
綺麗ですわ。
昨年末に沖縄トラフ
熱水性堆積物
掘削Ⅲを
実施して、
今のとこ
休養期間って
ことかにゃあ。
 
Imgp1187bcさて、フェリー
ターミナルで
仮眠をとって
8時くらいから
駐車場を有料300円の
とこへ移動して見学に並ぶ。
並んですぐに開門したが
特別公開優先でした。
で、はたかぜの甲板へ。
 
Imgp1197bcはたかぜは
対空ミサイル
がターターという
システムです。
いかづちは
VLSという
現行標準の
垂直ランチャー
なんですが....
 
Imgp1198bcただ、1本ずつ
ランチャーに
自動装填して
発射するもので
Imgp1200bcちょうど朝一番で
模擬弾を装填するため、
その動作を見ることが
できました。
 
Imgp1201bcこれがなかなか
メカニカルで素早く、
珍しいものを
みれて良かったです。
 
Imgp1203bcまた、はたかぜは
5インチ砲で
ミリ換算で127mm砲です。
そのダミー弾とカートリッジ
を展示して重さを
体感させてくれました。
 
Imgp1214bc一方、いかづちの
方はオートメラーラ
コンパクトの速射砲
で76mmです。
 
Imgp1307bc哨戒ヘリはSH-60K
でした。ヘリ甲板は
ベアートラップ
で固定できる
いかづちの方でした。
まあ、はたかぜは
後ろ甲板にも5インチ砲
をもっており、ヘリ甲板
はあるけど倉庫無しです。
 
Imgp1293bcまた迎撃用のファランクス
は通常、前後に2つ
ついてますが、はたかぜは
後ろ側に左右に2つついています。
これはもともと設定がなく
改修で付けた結果です。
 
Imgp1318bc左右だと敵ミサイルの
迎撃する角度が狭くなるので
やはり前後2つが良い
とのことでした。
 
Imgp1202bc往路は高速で
移動しましたが、
まだ10時過ぎですし、
下道で新しい大崩海岸の
トンネルを通って
焼津、御前崎経由で
帰りました。



Imgp1205bcImgp1206bcImgp1237bc




Imgp1239bcImgp1250bcImgp1252bc




Imgp1256Imgp1265bcImgp1268bc




Imgp1286bcImgp1322bcImgp1329bc




Imgp1213bcImgp1258Imgp1269bc









Imgp1276bcImgp1306bcImgp1304bc





| | コメント (0)

桜開花の靖国神社

Imgp1096蔵王帰りに成田
にも寄るが
すっかり雨。
そのまま
都内にシフトして
ひさしぶりに
靖国神社に
参拝してきました。

Imgp4546ちょうど標準木があり
桜の開花で各局が
取材にきていました。
なかなか賑やかです。

Imgp4566遊就館は昔に比べ
すっかり新しく
なってるかなあ?
展示品も車両などは
撮影OKなので
撮影をしてきました。

Imgp4570Imgp4582Imgp4585




Imgp4586Imgp4590Imgp4593




Imgp4597Imgp4611Imgp4612




Imgp4617Imgp4618Imgp4624




Imgp4635Imgp4643Imgp4659




Imgp4687Imgp4693Imgp4724




Imgp4727Imgp4733Imgp4739




Imgp4742Imgp4754Imgp4764








Imgp4556Imgp4557Imgp4561








Imgp4572Imgp4574Imgp4581








Imgp4639Imgp4673Imgp4718


| | コメント (0)

仙台の空の玄関口

Imgp0805_2蔵王の復路、仙台空港にも
寄ってみました。
すっかり離発着数も
多くなっていてFDAも元気です。
 
Imgp0811_2放射線の数値は全く
問題なく、ただ、津波の
被害は残り、防潮堤の
工事はまだ続いています。
 
Imgp0856夜景も撮影してみまいが
朝、エンド部分の散歩も
してみました。
あしかわらず、撮影マニアから
無線マニアと色々な面々の
姿もありますね。
 
Imgp0871蔵王の壁が
仙台を色々な
意味で守って
いるなあって
実感する風景
であります。

Imgp0853Imgp0874Imgp0883




Imgp0899Imgp0906Imgp0917




Imgp0919Imgp0927Imgp0931




Imgp0956Imgp0959Imgp0985

| | コメント (0)

6年ぶりの浜通り

Imgp0827蔵王の復路、6年ぶりの
浜通りを走ってきました。
まあ、初期の軽い核種は半減期と
雨などの自然の除染もあってか
Imgp0830下がっている分、長期戦になる
核種の分布がみえてきたのかなあ。
基本的な測定器のノミナルの表示値
は0.05-0.10μSvと思ってください。
 
【往路】
 
Imgp4423東北道上河内SAから測定開始
本来、高速道路上はアスファルトで
雨の洗浄効果は高いので
ダートや農耕地、森林などに
比べ低めに出る。
また、周辺が平野部だと低いが、
V字な谷間だと高くなる傾向もある。
 
Imgp4421上河内 0.16 測定早々に高め。
矢板   0.20
郡山南 0.26
郡山-福島-飯坂 0.26前後
国見   0.10
村田   0.08
山形道 0.08
 
Imgp4426福島県中通はいわき
市内(農地含む)が
0.10以下を維持して
いるのに対し高速道路
上でも6年立っても高め維持。
 
Imgp4451しかし、阿武隈山地を
放射能は越えてきたのに
磐梯山、吾妻連峰、
蔵王連峰を越えることが
できなかったのがわかります。
ゆえに、、会津地方、
山形盆地、仙台に
影響が無いのがわかりやすいです。
 
Imgp4450国見の峠の部分ですら
突破できなかったのが
まさに幸運ですね。
ただ、中通はきっちり
高いのが問題に感じる。
むろん個人的に感じるだけで
それ以上は何も言えませんけどね。
 
【復路】
 
Imgp0992仙台でも菅生、太白区などは低いが
沿岸部はどうなのか心配であった。
しかし、実際は思ったより爆心地より
北側でも割りと安心な地域が広かった。
 
Imgp1007ちなみに高速では看板に
相馬 0.10、双葉0.30μSvと記載してある。
双葉では私はR6を走行したため、
より原発に近い位置である。
Imgp1011ちなみにR6で原発近くで
電光掲示盤で2.88と
表示されていたが、
確かに低いところの
数値ではないだろうか?
場所によって上下するが、
MAXは7.7μSvであった。
10μSvいけばセンサーが
アラームを鳴らすレベルだ。
 
Imgp4490仙台 0.10
亘理 0.10
相馬(仙台東部道路) 0.08
松川浦 0.10
Imgp4479南相馬 原町(R6) 0.12
原町 (沿岸部) 0.10
浪江(R6) 0.30
双葉 (R6交通規制北端) 0.45
Imgp4504双葉-大熊町境 0.76
大熊 長者原 (R6第一原発)7.62
大熊 6.26-5.36-3.24
大熊 (R6交通規制南端) 3.32
富岡 第二原発1.25
広野 0.10
 
Imgp1013相馬は仙台と同レベルです。
しかも原町もさほど高い値は出ていません。
やはり核心部は浪江から
徐々に上がり、双葉では一気に
Imgp1018数値が高くなります。
南側は前回、前々回同様の数値のままで
富岡で下がりつつも。広野では安定します。
むろんいわき市内も高くありません。
 
Imgp1008ポイントは
1) 核心部は表向きの数値より極端に高い。
2) いわき、仙台、相馬は問題ないのに、
    福島中通の高さを依然として維持。
3) 確かにR6の規制区間は二輪車の
走行は見合わせるのがいいだろう。
 
Imgp1020河内村が高いと言われているが、
地形的には大滝根山あたりから
中通に漏れて入ったのかなあ。

| | コメント (0)

蔵王熊野岳、三度目の正直

Imgp04783月19日に蔵王入りしてきました。
天気が日曜日までしか
もたないだろうと往路を急ぐも
連休初日は首都圏が大渋滞。
しょうがないので富士川SAから
雁坂トンネルで秩父へ抜けました。
Imgp0485秩父駅前は混雑するが、
駅を迂回するルートもあり、
案外使えるなあって感じ。
皆野寄居有料道路というBPも
できてて関越道の
Imgp0493花園ICシフトしやすい。
圏央道よりこっちがいいかなあ。
東北、常磐道には北関東道で
スイッチすればいいしね。
 
Imgp0497さて、蔵王の方ですが、
土曜日の日没後ですが、
日付が変わる前に到着できました。
蔵王スキー場には仮眠できる
駐車場が無く、朝まで閉鎖されています。
 
Imgp0499つまり、宿泊せよ
という意思表示ですね。
ただ、周辺をまわると、
周辺道路で駐車スペースが
あるとこが少ないですがあります。
バス停以外の場所を選んで就寝。
 
Imgp0501深夜に雨音が...
しかし朝、
確認すると雪が
積もっていました。
どうも山形市街地は
雨でしたが、
スキー場の標高では
雪だったみたい。
 
Imgp0504ともあれ曇り空ですが、
10時には回復する予報でしたので
頂上駅にまずは移動です。
6:50に蔵王ロープウェーの
駐車場(1000円)に入り、準備。
チケット売り場で1日券(5000円)
かなと聞くと、片道ロープウェー2本
で1700円のチケットで
いいでしょって言われました。
 
Imgp0507まあ、上の駅でも
チケットは売って
いますからと一番安い
乗車券で乗り込みました。
Imgp0509山麓駅から山頂線
へ乗り換えると、
新雪が木々に
着いており、
ほどなく樹氷も
たっぷりみえてきた。
3月下旬になりつつあるが、
かなりの雪の量が残っており
気温も低いため樹氷も維持できているようです。
 
Imgp0510山頂駅ではまだ人が少ないけど、
太陽も出たり隠れたりの状態で
地蔵さんの像も首まですっかり
雪で埋まっていた。
 
Imgp0516スタッフルームに
登山計画書
を提出してから
スキー板に
シールを貼り付け、
クランポンをセット。
まず地蔵山の
山頂を目指します。
 
Imgp0517数パーティいますが、
外人の山スキー隊、
スノボードのペアだけで
他はスノーシューもしくは
Imgp0521アイゼンの登山
装備の人が7
パーティくらいかな。
以前より少なめではあります。
 
Imgp0525ほどなく地蔵山山頂。
山頂は海老の
尻尾が多いが、
地面の岩は全く
Imgp0532露出しておらず、
そのままスキーで
歩くことができた。
雲が出ると
見通しが悪くなるが、
ポールが登山道ルートに
設置されているので、
安心して歩けます。
 
Imgp0533地蔵山の尾根は水平で
進めますが、一度、
馬の背の鞍部に下って
登り直しで最高峰の熊野岳へ
アプローチすることになります。
 
Imgp0563下りは滑走すれば
いいのですが、
距離は短いので
クランポンでブレーキを
かけながらそのまま
スキーで降りていきました。
 
Imgp0579馬の背から再度、
シール登高
になります。
1箇所、ポールが
切れている場所
Imgp0583がありますが、あせらずに
雲が切れて
ルートを目視確認
しながら進みました。
 
Imgp0585時間に余裕があるので、
無理しないのが
道迷いせずに
登れる良い方法ですわね。
 
Imgp0590強風も激しい中ですが、
尾根の峠部分に到着したら、
登山ルートは下りに
なっていて、雲の切れた一瞬、
お釜が見ることができました。
 
Imgp0620この峠が頂上かと思った
のですが、他の人と話すと、
枝尾根(西尾根)で10分くらい
行ったところが熊野岳頂上のようです。
 
Imgp0626西尾根にはポールが
無いのですが、樹氷が
1列に並んでいて
それをたよりに歩くことができます。
ただ道迷いしそうな視界で慎重に進みます。
 
Imgp0643歌碑がぽつんとあらわれます。
ここに熊野神社の
御社があるのですが
完全に樹氷化していて、
キノコのような状態です。
 
Imgp0656その奥に山頂の
表示看板があり、
無事登頂できました。
3度目のアタックでしたが、
やっと登頂できたなあって感じですね。
 
Imgp0663峠の分岐に板を
デポってきたので、
歩いて戻り、スキー板を
滑走モードに戻して
滑走開始します。
とはいえ、コースを
ピストンで下るのを
基本としていますので
ポールを見失わない程度に
離れすぎないように滑走します。
 
Imgp0676下っていくと外人部隊が
いましたが、頂上でなく
途中から滑走する
感じだったな。
Imgp0699地蔵山への登り返しは
シールを付ける
距離でもないので
板を担いで、歩きで登ります。
 
Imgp0708地蔵山の山頂部を
歩くのも面倒なので
東斜面が緩斜面でしたので、
そこへスキーで滑りこんで
頂上駅へ滑走して行くことにしました。
 
Imgp0712地蔵山のあたりは雪庇が
あったので崩れないでと
祈りつつ無事にお地蔵さん
のとこまで到着しました。
 
Imgp0713まあ、1700円の
ロープウェー
代金だけですので
あとは駐車場まで
Imgp0716ゲレンデを滑っております。
これが体力も消耗してるので、
ロングランできついんですけどね。
だんだん雪も湿雪になってきて重いし。
 
Imgp0723無事に駐車場まで戻り、
装備を片づけて、
まずは温泉に...
新左衛門の湯が中央ロープウェー前
Imgp0729にあるため駐車場
から歩いていきます。
酸性が日本2番目
って言うが、まあ、
実際には3番なんだけど、
源泉の湯でも
目がしみませんでした。



Imgp0781Imgp0782Imgp0792

| | コメント (0)

乗鞍高原で山スキー肩慣らし

Imgp4341_23月の連休に蔵王に
入りたいなあっと
シール登高のチェックと
リハビリを兼ねて
乗鞍高原から山スキーに入る。
 
Imgp43433月11日の22時に出発したもんで、
松本ICから乗鞍高原休暇村
についたのは2時頃。
マイナス6度程度であるが、
結局 8時頃ごろまでウダウダ。
 
Imgp4365準備をして、9時半に
チケット売り場へ。
2時間券が10時
まで販売。
Imgp43742000円で回数券
より高いが、
湯けむり館
が無料になる
ので実質1300円
くらいなので、
あえて2時間券にした。
 
Imgp437510時にかもしかゲレンデ
の最上部に着いて、
シールを貼って登りはじめる。
雪が少ないかと思ったが、
Imgp4380わりとしっかりあって
最初のバーンは
スムーズに登れた。
雪が少ないと斜度が
きつくなるもんで。
 
Imgp4382日の出のころはスキー場
ゲレンデもガチガチに
アイスバーンだったが
太陽ですっかりシャーベット状
Imgp4383になりつつある。
クラスト(最中雪)
もほとんど崩れて、
湿雪で雪が重い状態だ。
 
Imgp4395位ヶ原は標高2450mぐらいだが、
最終バーンの手前2300mで
展望が一番良い。
位ヶ原からは穂高連峰が
みえにくいが、ここなら撮影できる。
 
Imgp4398木曽駒、甲斐駒、浅間山まで
展望が良い。八ヶ岳は
隠れるんだよね....
12時半でこの地点に到着。
登山組は下山してきた。
 
Imgp4400まだスキー組はさほど
下山してきてないが
帰りの時間もあるので、
12時半で下山として1時半には
休暇村の駐車場に戻ってきた。
 
Imgp4402土曜日ならもっと登って
夕方までに降りれれば、
温泉入って寝る
だけなんだけどね。

| | コメント (0)

真冬の小松のイーグルス

Imgp0119新穂高から富山経由で
そのまま小松空港に
向かい、平日の訓練の
F-15部隊を撮影に入る。
 
Imgp0306到着は12時で到着前に
2機ほど着陸していった。
これが記念カラーの
機体だった。
 
Imgp0316このカラー狙いのマニア
がけっこう来ていた。
まあ、福井、石川、富山
の地元の面々であったが...
 
Imgp0345従来の303SQ(ドラゴンマーク)、
306SQ(白山イヌワシマーク)と
新田原からきた飛行教導群の
アグレッサー部隊(コブラマーク)が
20機くらいで出入りしている。
Imgp0371模擬戦の敵役の機体は
独特の迷彩です。
午後に一度ブリザードになったら
さすがに離陸を取りやめたけど、
晴れたら、どんどんあがっていった。
Imgp03796月最初の週には
政府専用機
のタッチアンドゴー
の訓練があるそうです。
Imgp9547Imgp9560Imgp9581




Imgp9628Imgp9633_2Imgp9663




Imgp9705Imgp9709Imgp9732




Imgp9733Imgp9774Imgp9991_2




Imgp9973Imgp9810_2Imgp0099





| | コメント (0)

北アルプスの夜景

Imgp94212月12日から
白骨温泉から
乗鞍、湯川の
林道分岐まで行くと
Imgp9449月明かりで乗鞍の
桔梗ヶ原(大丹生岳付近)
がよくみえるので
夜間撮影に入ってみた。
 
Imgp9446雲もなく満天の星空なので
PENTAX K-3IIを配備後
アストロトレーサーの
テストも実施する。
Imgp9452アストロトレーサーって
CMOSの手振れ防止
機能を使ってトレース
するので、星を追うと
地上の風景はぶれるのね...
Imgp9472実は、PENTAX K-7
の露出計が舞鶴に
行ったときに故障。
もう部品切れで修理不能
のため新規にK-3IIを
手配したのでした。
Imgp9476穂高連峰は霞沢岳があり、
みえなかったけどね。
気温はマイナス10℃前後。
野菜ジュースがシャーベットになる。
 
Imgp94970時になりそうなので、
移動再開し、
安房トンネルで平湯へ。
雪の壁は2~3mくらい
なので5m以上の
例年よりは少ないが
さすがは北アルプスの
中央玄関だなって感じ。
 
Imgp4232_2深夜1時頃に栃尾温泉
に到着し、そのまま
荒神の湯の野天風呂に入る。
気温は相変わらず
Imgp9485_2マイナス10℃なので
1時間ほどつかっていた...
平日前なので
他にお客さんはいない。
 
Imgp94902時頃に中尾温泉の
奥の鍋平ヘリポートへ。
錫杖岳、焼岳の
夜景撮影。
 
Imgp9494月明かりと雪の反射で
ほとんど昼間の写真
のように撮影できる。
道の駅上宝で就寝。
 
Imgp9495ゆっくり起床して
鍋平で再度撮影。
雲が出てきたので
9時半に富山方面へ出発。
Imgp9505R41は平野部まで
しんしんと
雪が降り道路にも
積雪しはじめた。
Imgp9519ただ平野部に
入ると曇り空だ。
最後の2枚が昼間の
アルプス写真。
焼岳と錫杖です。

| | コメント (0)

2017年10月25日 (水)

夜の五箇山と糸魚川、そして爺ヶ岳

Imgp9331_22月初旬の
ひるがの高原SA..
夕日の白山が
綺麗なほど天気は良い。
Imgp9338_3けいちゃん力そば
を食べて白川郷は
パスして五箇山へ
 
Imgp9360白川郷、五箇山も
積雪はあるが、
例年に比べて
雪の壁は半分以下って感じ。
Imgp9362五箇山は菅沼集落が
ライトアップをやっていたが、
駐車場渋滞で先客は
出てこないから、終わり
時間まで入れないって.....
 
Imgp9355さくっと相倉
集落へ転換して、
ライトアップなくても、
長時間露光で
撮影してまわる。
ライトアップ
なくても大陸系
女子がちょこちょこ...

Imgp9371R156で庄川に出るが
富山平野は全く雪がない。
小杉ICから北陸道で
糸魚川ICまで移動。
 
Imgp4202糸魚川市内
を散策。駅北側
の大火の跡地
の状況を知る。
かなり解体され
更地化してきて
いるが、まだ
そのまま残る建物もある。
Imgp9380死者はなかったようだが、
やはり水害、地震などの
自然災害以外でも火災は
いつくるかわからないから
やっかいではあるなあ。
 
Imgp9383工場夜景で電気化学
田海工場の撮影をしてみる。
さらに奥のマイコミ平の
入口の福来口に行くも
夜間でも鉱山の車両洗浄
センサーも生きていました。
Imgp9392朝はまだ頸城山塊もみえる
程度に晴れていたが
南側の後立山連峰は稜線は雲の中。
南ほど天気が怪しい。
 
Imgp9397まず、白馬コルチナスキー
場に行くが、雪がやはり少なく、
地面がみえる場所もある。
どうせ午後から雨....
Imgp940050歳からシニア
料金であるが、
1日券を買うのは
もったいないので、さくっと移動。
 
Imgp9403白馬乗鞍、栂池、岩岳、八方
と見て下るが標高を
上げると雨も面倒なので
今シーズン最初だし、
ファミリーゲレンデを探す。
旧大町スキー場に行くと
閉鎖されている割りに
にぎやか。どうも保育園で貸し切りみたい。
無雪期は4WDコースとして運用されているようだ。
 
Imgp9405爺ヶ岳スキー場に行く。
小さいので標高もあがらないし、
緩斜面で肩慣らしには良く、
人もそんなに多くないので
Imgp4209リハビリでここを選ぶ。
昼にはブリザードになり、
三元豚のしょうが焼き丼
を食べて終了。
 
Imgp4205松本駐屯地からも
6~7人ほど、ヒール
フリー部隊が初心者
練習にきていました。

Imgp9407

| | コメント (0)

舞鶴 第23航空隊

Imgp4158舞鶴の午後は
哨戒ヘリSH-60K
と消防車を
見学してきました。
 
Imgp4166今回はもう
SH-60Kの
コックピットから
ディッピング
ソナーまで
撮影しほうだい
になってしまってました。
 
Imgp4172_2ディスプレイが
電源がないと
真っ暗なので
秘密漏洩もなにも
ないってのが
ポイントらしく
実は60Jの方が計器が
表示されたままでみられてはこまるんだそうだ。

Imgp9216Imgp9221Imgp9242




Imgp9245Imgp9220Imgp9254




Imgp9274Imgp9276Imgp4181




Imgp9232Imgp9249Imgp9228







| | コメント (0)

舞鶴の自衛艦たち

Imgp9302舞鶴の自衛隊の艦艇は
ロシア艦の隣に「ひゅうが」
がいました。ホストシップは
「ひゅうが」だったのかな?
 
Imgp9060他は「あさぎり」、「まつゆき」、
「せんだい」が並んで
接岸していました。
補給艦のましゅうは不在。
「あたご」はユニーバサル造船に
ドック入りしていました。
 
Imgp9318掃海艇も2隻いましたが、
北吸桟橋にはミサイル艇が
いませんでした。
実は、第23航空隊の
Imgp9214見学に行くと、
航空隊の隣の訓練の埠頭に
いました。ロシアのお客さんに
押し出されていますね。
 
Imgp9030DDH-181
ひゅうが
ひゅうが型
護衛艦の1番艦
 
Imgp9024DD-151 あさぎり
あさぎり型護衛艦の1番艦
DD-130 まつゆき
はつゆき型護衛艦の9番艦
DE-232 せんだい
あぶくま型護衛艦の4番艦
 
Imgp9031DDG-177
あたご
あたご型
護衛艦の1番艦
DD-118
ふゆづき
あきづき型
護衛艦の4番艦
 
Imgp9315第2ミサイル艇隊
PG-824 はやぶさ
はやぶさ型ミサイル艇の1番艇
PG-828 うみたか
はやぶさ型ミサイル艇の5番艇
 
Imgp9182第44掃海隊
MSC-681 すがしま
すがしま型掃海艇の1番艇
MSC-682 のとじま
すがしま型掃海艇の2番艇
 
Imgp9178AMS-4301
ひうち
ひうち型多用途
支援艦の1番艦
 
Imgp9141YDT-01 水中処分
母船1号型
YT01 曳船58号型
YT02 曳船58号型
Imgp9142YO31 油船・490t型
YO33 油船・490t型
YO38 油船・490t型
YL14 運貨船9号型

Imgp9104Imgp4156Imgp9033




Imgp9129Imgp9314Imgp4155

| | コメント (0)

舞鶴ロシアン駆逐艦

Imgp90281月23日に舞鶴へロシア海軍の
ミサイル駆逐艦「アドミラル・トリブツ」
と補給艦「ボリス・ブトマ」が共同救難訓練
で入っているのを見に行ってきました。
Imgp9036土曜日の午後に一般公開
(甲板上のみ)があったのですが
気付くのが遅く結局、日曜日に
往復してきたという状況です。
 
Imgp9068前週にドカ雪でしたが
かなり少ない積雪で
道路には残ってなく、
山の斜面も
下草がみえるとこが
多い状況でした。
晴天の北吸桟橋でしたが
日曜日は一部規制で
ひゅうがとロシアの2艦の岸壁は
立入規制がかかってました。
Imgp9283ウダロイ級駆逐艦
アドミラル・トリブツは
1985年12月30日就役の
太平洋艦隊配属で
Imgp92821155型大型対潜艦なので、
いわゆる対潜駆逐艦っすね。
古い型ではありますが、
VLSも装備してます。
 
3K95 キンジャール (SA-N-9)
短SAM 8連装VLS (レーダーは3R95 FCS)
AK-100 100mm単装砲×2門
RPK-5 (SS-N-14)SUM 4連装発射筒
533mm 4連装魚雷発射管
RBU-6000対潜ロケット12連装発射機 RPK-8「ザーパド」
AK-630 30mmCIWS (ファランクスのロシア版)
 
Imgp9076補給艦ボリス・ブトマは
一般の貨物船にみえる。
かろうじて煙突のロシア国旗
のカラーリングでした。

Imgp9038Imgp9042Imgp9045




Imgp9062Imgp9067Imgp9078




Imgp9175Imgp9289


| | コメント (0)

2017年10月23日 (月)

浜松不発弾処理の巻

Imgp83162016年12月18日に
JR東海浜松工場で出土した
16インチ(40.6cm)砲弾(艦砲射撃)の
不発弾処理作業を観てきました。
 
Imgp8311酒井さんと一緒にジムニーで
お昼からアプローチ。
搬送による通行止は終わっていますが
爆破場所の海岸は規制中です。
 
Imgp8327防潮堤工事のため、
周辺のPAはもともとシャットアウト。
そのため中田島から
海岸を4km程度歩いて接近しました。
 
Imgp8335まあ、このロングアクセスのため
10人くらいしか見学者は集まら
なかったけどね。
規制線はかなり近めで、
Imgp8341消防署の人がついています。
まあ、警官もいましたが、
メインは消防。自衛隊は
奥のユンボの待機所にいました。
 
Imgp1484空襲は本土攻撃の初期からあり
浜松大空襲では1800人死亡。
制海権が沿岸まで奪われてから
艦砲射撃に移行して終戦になった...
16インチ砲はアイオワ級戦艦の
主砲で知られ、50口径16インチ砲です。
 
Imgp8363口径は砲の長さになり、
砲弾の直径が16インチになります。
同級の戦艦ミズーリが映画
「バトルシップ」でエイリアンに
対してぶちかましたシーンを
思い出してもらうと感じがわかるかしら?
 
Imgp8364実際に浜松の攻撃に参加したのは
米海軍のサウスダコタ級戦艦で
主砲が45口径40.6cm砲で
16インチ砲だ。同級の戦艦
サウスダコタ、マサチューセッツ 、
インディアナが浜松艦砲射撃に参加している。
 
Imgp8369英海軍のキングジョージ5世も
参加しているがこれは35.6cm砲
(14インチ)である。ちなみに
戦艦大和は46cm砲で18インチです。
 
Imgp8372_2国鉄浜松工機部・浜松駅・
日本楽器・東洋紡績を砲撃し
死者約170名。
浜松基地周辺の会社の同僚が
艦砲射撃では浜松基地まで
届かなかったって言ってたね。
当時は浜松陸軍飛行学校になります。
 
Imgp8389ともあれ、午前中には移動終了して、
事前に掘ってあった
穴に移動済でその上に砂を
富士山のように盛っていました。
14時から15時に爆破とあったが、
準備は早かったため14時に爆破。
 
Imgp8392ドンと言ったあとに、山頂部分が
ぼこっと陥没してへこんだ。
おさまったと思ったら、
中央から燃焼ガスが吹き出し
噴火のようになる。そして、
白い煙が風下の我々の
ところに来たらツーンとた
爆薬の匂いがしました。
 
Imgp8400機雷爆破より派手さないのですが、
思ったより近くで
みれてびっくりでした。
まあ、音は埋めてあるので、
大きくはないんですけどね。

| | コメント (0)

大寒波の阿南と諏訪湖

Imgp41141月15日は珍しく大寒波。
R151で飯田に入り、
中央道で岡谷、諏訪へ。
深夜の湖西でも道路は凍結しマイナス3度。
 
Imgp4121茶臼山山稜の新野峠に
近づくと一気に圧雪化。
マイナス6度くらい。
まあ、圧雪になれば滑り
やすくもなくなり走りやすい。
他の車も走ってないので
ゆったり攻めて走れた。
 
Imgp4122_2阿南町の新野
の集落に到着
したのが5:30頃。
土曜日から新野の
雪祭が行われ
ているので
提灯がついて、
珍しく街が明るい。
 
Imgp4123神社はどこかと少しさまようが、
諏訪神社でなく伊豆神社で
神事が行われていた。
オールナイトの神事で、
花祭りと一緒で田楽、神楽がメインである。
 
Imgp4124この週末は各地で
どんど焼き(左義長)
の時期である。
だけど夜明け前で、
すっかりここの神社は
オキになっていたね....
 
Imgp4130喪中ですので、
穢れた身ですので
あまり拝殿によって
見学はせずに
撤収としました。
 
Imgp4135岡谷、上諏訪に移動して
スパイク付きの防水靴を
2足ほど所望。登山用とかでなく
常用の雪靴もあるといいね。
こういうのって東海域で
売ってないんだよね。
 
Imgp8874諏訪湖はまだ凍結して
いないし、うっすら雪化粧
ってレベル。鴨が土手の
草の芽をついばんで集団でいる。
 
Imgp8881浜名湖とかだと水の上
なんだけど、陸で
うじゃうじゃいるのは
珍しので湖岸に駐車して
少し撮影散歩したりする。

Imgp8886Imgp8921Imgp8924
Imgp8950_3諏訪大社へ
古い御札や
熊手などを
処分しにいく。
今回はいつも
下社ばかり
なので上社の
本宮の方へいく。
こちらもどんど焼き中であった。
Imgp8934企業や氏子たち
が祈祷して
もらって賑
わっていた。

Imgp8938Imgp8968Imgp8931_2









Imgp8945Imgp8933Imgp8975


Imgp8992_2杖付峠で高遠経由で
伊那谷へ移動します。
杖付峠で3台がスリップ事故。
WRXぽいのが追い抜きで
失敗したかなあ....
 
Imgp9002火山峠で天竜川に出て
松川ICから中央道にのり
雪も降ってないので、
さくさくと東海環状経由で
豊川ICまで走り帰る。
ただ、伊勢湾岸道は雪で通行止が入っていたなあ。

| | コメント (0)

2017年10月22日 (日)

正月の萩にて

Imgp8584正月の4日に
萩までさらっと
VFR800Xでツーリング。
山陰本線の海岸線の
鉄橋でちょっと撮影なども。
 
Imgp8594萩笠山つばき園
にもひさしぶりに
ゆっくり散策
してみました。
昔、おやじと
釣りに来た
こともあるにゃ。
どんより冬の海だけど。
Imgp8659椿の林には
なぜか野良が
たくさんいました。
まさに眠り猫。
Imgp8599まあ、冬は
時化る場所ですが、
椿の林が防風林
になるのかな。
 
Imgp8701萩の海上保安庁...
渡船がスクリュウーに
何かがからまって
動けなくなったのを
救助した帰りの
巡視船に出会えました。
 
Imgp8695スピードの出るハイドロの
ノズルの船だんだね。
実際に動くとすごいなあ...
って実感しますね。
 
Imgp8688Imgp8690Imgp8715




Imgp8704Imgp8719Imgp8672

| | コメント (0)

呉のお正月

Imgp8425正月休み実家
の整理に庭の
杉の木をチェンソーで
切ったりばたばたして
3日にちょっと呉まで
IHIにドック入りしている
「いせ」を観に
行ってきました。

Imgp8434バウソナーは
ネットで隠してあるね。
大型のタンカーに
比べれば小さいけど、
Imgp8438やはり自衛艦では
巨大な部類の艦艇
ですね。船底まで
露出した姿はある意味
迫力であります。

Imgp8491bc潜水艦も
お正月休みで
多いですね。
艦橋には新型の
部隊マークが?
と思ったら
注連飾りでしたね。

Imgp8457音響測定艦の
AOS-5201「ひびき」も
いつもどおり入って
ますね。

Imgp8474潜水艦救難艦の
ASR-403「ちはや」
もばっちり潜水艦の
奥に入っております。

Imgp8546高台からの
撮影も歩いて
探ってみます。
俯瞰の絵もいいね。

Imgp8500Imgp8508Imgp8562




Imgp8525Imgp8551_2Imgp8498




Imgp8494Imgp8526Imgp8530

| | コメント (0)

一周忌

Imgp47701年前に亡くなった母。
最後にあったのは
1年前の10月の
3連休だった。

Imgp4820平田の叔父も
癌の再発であった
ので、その時、平田にも
寄ったのではあるが

1934010510日もせず、先に
母は旅立った。
数えで88歳。
二番目の兄が
亡くなり、5年後には
父が亡くなり、
また5年後にってサイクル。
父がいなくなってやはり
はやかったなあ....
とは思います。

Imgp4873今年は9月の父の七回忌と
母の一周忌をまとめて
執り行ったのではありますが
それでももう1年であります。
長いようで、短いようで...

Imgp4875もう1年かと思うこともあれば、
まだ1年しか経ってないんだなあと
思ったり。自分もよい歳になれば
時間感覚もごっちゃごちゃですなあ。

| | コメント (2)

高松帰りに五剣山と鳴門で...

Imgp8210ひさしぶりに
八栗寺の
五剣山の
ロック修験道
に入る。
林道からの
以前、登頂した
ルートで入る。
 
Imgp8212しかし、ラストの1ピッチで
出っ張り岩があって
ロープがぼろいし、
落葉で滑りやすいので
今回はここでリタイアにしました。
 
Imgp8222うーん、登れる
だろうけど、
下りが恐いんだよね。
残置ロープが古すぎ...
次回はハーネスと
ザイルを
持って行こうかしら....
(前回は登頂できたの
だけどね...)
 
Imgp8236R11から鳴門スカイライン
に入る。小鳴門の水路
で様子をみると
アオリイカを上げてる人はいるが、
電気浮きの人はダメそう。
 
Imgp8240鳴門市内に餌を求めて
釣り具やを探すが
なぜか全く見当たらない。
ダメだこりゃ....
 
Imgp8247釣り人に聞くとアジのサビキをしてるが、
まったく大きいのも小さいのも
当たりが無いとのこと。
アオリイカはアジを食ってきてるのか...
 
Imgp8257あまり芳しくないので、
鳴門の妙見山にある
撫養城(むやじょう)が
ライトアップされてたのでそこへ登る。
夜景だけ撮影して
淡路島にわたってそのまま
ホッケさんちで泊めてもらって帰宅っす。

| | コメント (0)

高松の警察と海上保安庁

Imgp8158高松のフェリーターミナルで
4台のCBの香川県警白バイの
若い隊員(女性1名含む)が
ワイワイ語らってた。
 
Imgp8159VFRは? って
聞くと本部には
2台くらい
残ってるって。
やっぱVFRの方
が性能的にいいん
だっていう隊員も
多いとか。
 
Imgp7944南原さんと昼メシに移動。
四国ドックの裏の方のお店で
「たも屋」っていう、
 
Imgp4040かけうどんが
標準な店の本店。
かけの1.5玉で、天ぷらは
鯛ちくわなどチョイス。
 
Imgp4043すぐそばに、宮脇書店の
総本店がある。
けっこう全国にある
よなあって思った。
本店って香川なんだ.....で、
ここの総本店の
屋上には観覧車があったりする。
 
Imgp8172港湾部の合同庁舎が
ありその脇に海上保安庁
の埠頭があり、撮影してから
南ちゃんとおわかれ。
そこにいたのはPM94 「くまの」。
Imgp8187消防用のタグボートで
たかとり型巡視船で
最期の船で
しかも、最も古い現役の
巡視船でした。
Imgp8196まあ現時点では
年度変更で
退役してしまった
のですけどね。
Imgp8171パワフルな曳航能力で
延命されてたのに残念......

| | コメント (0)

護衛艦くらまの高松港

Imgp7892高松港に入港前から
霞んでいる港に艦影が...
赤灯堤防に「くらま」
接岸していました。
 
Imgp7910下船して南原さんと合流。
サンポートの方の駐車場
に行くが満車なので
玉藻公園の南側の駐車場
に入れて歩いて移動。
 
Imgp790410時過ぎだが、まだ午前中で
入れるのでさくさくっと並ぶ。
甲板には長蛇の列が....
それでも、横須賀なんかの
イベントに比べれば少ないもんです。
 
Imgp8133DDH-144「くらま」は
2017年3月に退役で
全国行脚のラストに
高松港サンポートで
一般公開です。
なぜ高松かというと、
艦長が香川県出身
だからだそうです。
Imgp3970まあ、所属は佐世保
なんですが、
伊井さんの乗ってた
「しらね」の2番艦でして、
最後の単装の5インチ砲を
2門そなえた護衛艦です。
 
Imgp3988まあ、ミサイル時代なので、
砲は最低限でいいわけで...
レーダーもSPYレーダー
でない古いタイプ。
 
Imgp4004ミサイルは対潜用
アスロックと短SAM
(対空用)のシースパローのみ。
対艦用ハープーンはありません。
 
Imgp3985もちろんイージス主力の
VLSもある訳ないのです。
でもまあヘリコプター
搭載型のデストロイヤー
(駆逐艦)として配備
された訳で「くらま」も
第二護衛艦隊のフラッグ
シップ(旗艦)でした。
 
Imgp4008まあ、佐世保の護衛艦隊も
編成替えで直轄の艦は「くらま」
だけなんですが....
「くらま」有名なのは関門海峡で
韓国貨物船の突撃テロにあって
船首がつぶれて火災になった事件ですけどね。
 
Imgp8000艦橋での撮影も最後だから
どうぞどうぞって感じ。
渋滞解消なので撮影はいいけど、
スローにあるいてって感じでした。
 
Imgp4024ヘリ倉庫に降りて、甲板には
ベアクローでロックされた
現役のSH-60J。
こちらもディスプレイ
など古いのでコクピットの撮影はOK。
Imgp8144_2ディッピングソナーも問題なし。
聞くとSH-60Kのソナーより
性能はいいやつなんだってね。

| | コメント (0)

ひさしぶりの宇野から出航

Imgp7560高松港サンポートに行くため
宇野港へ。12月3日7時の
始発はトラックや業者などの専用便。
一般は8:15の便で
四国フェリーで高松行きに乗る。
 
Imgp7576時間が空いたので
1時間ほど宇野市街を散歩。
JR宇野線の終点駅。
フェリー埠頭と市内、
駅周辺に屋外アートの造形が多い。
 
Imgp7612「宇野のチヌ」は廃棄物の
寄せ集めだが、鱗が
ピカチュウだったり
色々なものが....
 
Imgp7650出航すると右手に
三井造船玉野事業所が
目の前になる。
以前、「TSLおがさわら」の
進水式に行ったとこだ。
 
Imgp7722自衛隊の艦が3隻いました。
新造船の潜水艦救難艦「ちよだ」
が10/17に進水して艤装中でした。
2018年3月に横須賀配備予定。
 
Imgp7761輸送艦「しもきた」が
メンテで入っていました。
ベトナム、パラオで
医療支援後、8/20に呉に
帰港してからのメンテかな?
Imgp7760_2もう一隻の自衛艦、
TV3519練習艦
「やまゆき」
も入ってました。
 
Imgp7729また、オーシャン・ゴーイング・タグ
っていう世界最大級の
タグボートが入っていました。
ノルウェーのULSTEIN DESIGN&
SOLUTIONS社の設計、
曳航能力は、世界最大級の300トン。
Imgp7751カナダのTEEKAYグループ傘下の
TEEKAY OFFSHORE PARTNERS社の子会社
ALP MARITIME SERVICES B.V 社
(本社:オランダ)に、順次竣工
引き渡す予定。
砕氷もOKそうな船首が独特です。
 
Imgp7717ただ、本来は三井傘下の
新潟造船の仕事なんだけど
4隻の200億円規模の
大型受注のはずが、
工事が難航し、予想を超える
資機材の増加、
現場工数の増加が発生し、
三井グループの総力をあげて、
損失拡大をくい止めるって話のようだ。
Imgp7778玉野事業所(岡山県玉野市)、
千葉事業所(千葉県市原市)で
分担建造となり
玉野ではALP KEEPERを造ってました。

| | コメント (0)

2016年豊川駐屯地創立記念行事

Imgp5882_22017年は台風21号で雨でしたが
2016年の豊川駐屯地の
創立記念行事は晴天でした。
小野くんと観てきました。
 
Imgp5898富士周辺の駐屯地祭と違って
それほど混雑もせず、並ぶこともなく
駐車場も準備されているし、
一般席も準備されていました。
しかも、招待客用が余った分を
開放したり、ちゃんと臨機応変に
対応されてて立派なもんだと感心しました。
 
Imgp5946豊川駐屯地は中部方面隊の
第10師団の愛知県では
東三河の領域の部隊です。
まあ第49普通科連隊で、
特火メインで榴弾砲部隊
くらいなんですが、もともと
駐屯地は豊川海軍工廠の跡地です。
 
Imgp6331各都市で戦中の空襲が
有名ですが浜松、豊川は
艦砲射撃で狙われた地で
とくに直撃で豊川海軍工廠は
死者が多く、その慰霊地の赤塚山
は心霊スポットでも有名。
 
Imgp6486第10師団は戦車大隊が
滋賀県の今津駐屯地に
なります。戦車は
そこから来てます。
また、守山駐屯地が
第10師団の中枢です
のでけっこう守山
からも部隊が来ておりました。
特殊車両(除染車など)も守山から。
 
Imgp7039ただ、03式の対空ミサイルは
兵庫からもってきてたみたい。
ヘリも明野学校が隷下なので
そこからOH-6DとUH-1Jが
来ていました。
 
Imgp7353第10師団のマークは金鯱で、
キンコ師団とも呼ばれます。
式典後、展示行進、演奏、
訓練展示とどろんこのグラウンド
で午前中に実施されました。
 
Imgp6909偵察でバイクからスタート。
次ぎに敵の偵察ヘリに対し
93式近SAMで撃ったふり。
榴弾砲FH-70で空砲の
集中砲火してから
LAVと戦車で突貫。
 
Imgp7387敵戦車と目の前で突っ込むもんで、
まるでガールズ&パンツァーの
ような攻撃。ありえねー!!
ともあれ、榴弾砲メインの
Imgp7422豊川ですので、
榴弾砲の射撃は
タップリと撃ちました。
そりゃもう子供が泣きまくりでした。
 
Imgp7469午後からは
装備品展示や
出店などをまわります。
隊が造るカレー
食べなかったけど、
帰りしなに
フランクフルトを
完売でいただきました。
 
Imgp7485お昼は売店に
ある食堂で、
小野君は肉うどん、
私は茄子味噌、
天ぷらで定食に
して食べました。
まあ、隊員食堂は
別途あるのですが、
来客用とか業者用かな?
 
Imgp7477装備展示は榴弾砲、迫撃砲の他、
珍しいのは除染車両かな。
それと、対空ミサイルの03式
(中SAM)は陸自でも一番大きい
ミサイルなんで、仕切りもなく
観れるのは珍しいかも。
 
Imgp7507ミサイルは東芝でなく、
三菱電機のようです。
レーダーは東芝、
飛翔体は三菱重工だ。
Imgp7544

| | コメント (0)

Imgp3874村田さんが昨年
TL125を入手したので
トライアル揉みに
XR250で一緒しました。
 
Imgp3895TM山から
SG山とJO山
あたりをくるっと
まわってきました。
うーん、やっぱ
XR250(MD30)だと
シングルトラックは重いなあ。
Imgp3900TLM220Rでもあればねえ。

| | コメント (0)

2016年新城ラリーDAY2

Imgp56932016年新城ラリーの2日目。
本宮山スカイラインに行ってみたっす。
山頂駐車場までは
東側はリエゾンで通行可です。
それより奥は通行止でクローズして
ラリーのSSになっている。
 
Imgp5698頂上にCPがあり、どうも
シケインを造って
いるようですが、
手前側は取材カメラが
入っていました。
 
Imgp5690速いグループは終わり、
ちょうど86軍団が出てきていた。
名古屋トヨペットとか
地元車両が多いのかな?
どうもトヨタの某社長も出てきているようだ。
 
Imgp5701基本、ラリーと言っても、
ラリーレイドとか世界選手権のような
感じと違って、ロードの走り屋が
公道レースを大手をふってやってる
って感じがプンプンする。
 
Imgp5704金持ちの論理て合法で
こうやるんだぜって感じ。
むろんクローズしてまで
やるのは議員やら
そっちの顔も利けば、
お金も惜しみなくってのが
実際のところだろう。
 
Imgp5707まあ、トヨタのアキオちゃんが
出てくるなら、お役人側が
土下座してやらして
もらいますってのが
実のところなんだろね。
 
Imgp5711そういう意味で某SSER
なんて厳しいかもね。
そこまで裏側のパワーも
お金(実弾)も無いだろうし。
 
Imgp5720現実 JAFはメインスポンサー
でもなく、運営側というより、
安全基準でうるさく口を
挟んでくる組織という
位置づけとのことです。(スタッフ談)
 
Imgp5729山頂に登って電波塔よこから、
尾根を下って道路に面
するとこへ移動。
タイムキーパーの対面に
Imgp5773なる位置だが、ダメって指示。
テープの外で座っていたが、
最初は終わるまでそこにいてって
ことだったが、結局、戻ってって感じ。
アホかいな。
 
Imgp5757交通整理のスカイラインのスタッフは
トライアルバイクも乗ってる人なので、
少し話がしやすい。
どうも、細かくは規制していないが、
SSのスタートとゴールのポイントからは
制限をかけているようです。
 
Imgp5770作手高原側を走り、
林道に入る。
SS17で2回目の開始前だった。
高台から撮影を試みる。
 
Imgp5788音は派手ですね。
バックファイアーもパンパン鳴る。
ただ、ローリングのオートバイの
リッターマシンの方が
通過速度は速く感じた。
 
Imgp5763場所がほぼストレートの場所なので
トップスピードで160くらいだろうか...
リッターバイクの常連さんなら
200前後で走る場所なので、
1レンジ遅いって感じだなあ....
 
Imgp579654台出場で10-20台
撮影して終わりにした。
下山しはじめると、
ドーンっていう大きな音。
あれ? クラッシュしたなあ.....
 
Imgp3864ともあれ、下山して
本宮スカイラインの入り口に戻る。
SS終了の最後の車両たちが
リエゾンで出てきていました。
さきほどのスタッフさんに
聞くとスズキの車両が
バンパーをへこませて出てきたってことで
大事もなく、リカバリーしたようです。
 
Imgp386653番の車両は
女性ドライバーでした。
55台目はスイーパー
が出てきたので、
これで終わりって感じですね。

| | コメント (0)

2016年新城ラリーDAY1

Imgp52922016年の
新城ラリーを
初めて観に
行きました。
雁峰林道へ
の切り出し道
をXRで登ってね。
だれもいない綺麗に
された雁峰林道。
Imgp5294マーシャル、オフィファルカー
が3回ほどきたけど
斜面で寝てたので別に
出てけとも言われることもなかった。
 
Imgp5299SS5の終盤の
Ωコーナーの
脇から狙う。
あまりカウンターで
ドリフト走行
Imgp5318まではしないけど
アウトインアウトで外側の
サスはボトムぎみに
抜けていくね。
 
Imgp5368けっこう痛車キャラの
車両もいたし、
クマモンつけてた
福岡ナンバーの車両もいたわ。
 
Imgp537720台くらいかと思ったけど
なかなか切れないので
最期までは見なかったけどね。
 
Imgp5476メイン会場に向かうも
バイクは離れた駐車場に
まわされシャトルバス
って感じだった。
 
Imgp5539まあ、実際バイクは近く
の空き地に入れて
歩いてる人も多かったのだけど....
面倒なのでパス。
 
Imgp5572桜淵のローソンで
遅い昼飯たべてると
名古屋ライダーさんが
いたのでメイン会場の
様子を聞いた。
 
Imgp5446やっぱ、つまらなかったというか、
パッとしなかったようだ。
デモランはちょっと良かった
のだが、それだけで.....
 
Imgp5334これが、日本のラリーの
悪いとこなんだろうなあ。
安全とかいいつつ、
一番面白いとこは見せない。
 
Imgp5529SSをもうちょっと見やすく
設定するとかしないと
いけない。公道レースなので
警察とのからみもあれば
某SSERもキツイけど、
ラリー主催側にしても
このバランスが悪いのだろう。
 
Imgp5564_2やはり観客がいると
盛り上がりが違うし、
集客メリットの地元の
恩恵も少ない。
これでいいのかなあって感じた。
 
Imgp5637駐車スペースを確保を
諦めた航空祭も
似たようなもんだろうなあ。
ともあれ、観る側のイベントでなく
走る側のイベントなのかもしれない。

| | コメント (0)

カワサキスーパチャージャーズ

Imgp4946昨年の10月30日。
天気は快晴ですが、
かなり寒い中、
アフリカツインで
Imgp4937日帰りツーリングで
ポートアイランドの
根元のポートターミナル
の展示スペースへ!!
 
Imgp4954川崎重工創立120周年記念展
に行ってきました。
川崎重工は2016年10月15日
に創立120周年を迎えました。
 
Imgp4973という訳で、
川崎重工創立
120周年記念展
― 世界最速にかけた
Imgp5178誇り高き情熱 ―
が開催されたのでした。
カワサキの聖地
明石、神戸の地でね。
 
Imgp4960記念展では、
岐阜工場で修復、
復元作業を終えた
ばかりの
三式戦闘機「飛燕」の
Imgp4998実機展示を中心に、
その修復プロジェクトと
エンジンの過給機の技術の歴史
と進化をご紹介しています。
 
Imgp5007H2Rと飛燕を
並べてます。
バイクゾーンは
H2とH2Rの他、
Imgp5109750 TURBOを展示。
そんなに長蛇の
列ではなく、
ゆっくりみれる感じでした。
 
Imgp5040お土産コーナー
なんかもあった。
帽子、タオル、ポスター、
ファイル入れとかね。
 
Imgp5036エンジンはあまり
いじってない感じ。
過給器、ラジエター、
計器類、ライト、
アンテナなど修復。
 
Imgp5080大もとは横田基地の
米軍から岐阜基地
に返還、しばらく
知覧の展示館に
あったものだね。
ボディも塗装
だけでなくかなり
修繕したようです。
 
Imgp5127H2Rともにスーパー
チャージャーの
過給器ってことで
並べているのは
なかなかグッドですにゃ。
 
Imgp5269対岸の川崎重工
神戸造船所には
潜水艦救難艦の
「ちはや」が停泊してました。
どうも救難潜水艦の
受け取りみたいですね。
 
Imgp52653時間くらい
ポーアイで
うろうろしてたけど、
往復で600km、
12時間弱って感じでした。
昔はGSX-R1100で
神戸日帰りは
よくやってたけど、
アフリカツインでは
さすがに疲れるわあ。

| | コメント (0)

赤城の山も今宵かぎり

Imgp4682またまた1年分アップ
してないブログです。
ってことで昨年10月初旬に
アネさんと赤城山に
登ってきました。
 
Imgp4731赤城山鳥居峠で
寝て、早朝、雲海
を愛でつつアネさんと
ビジターセンターで合流。
 
Imgp3570駒ヶ岳登山口から
駒ヶ岳へ登って
カルデラの尾根を
縦走して赤城山
最高峰の黒檜山
まで歩き、大沼まで
尾根ロックを下るルートです。
 
Imgp3592紅葉はあまり進んで
ないですが
葉っぱは台風で
落ちてるようです。
ナナカマド、ガマズミの
赤い実もちょぼちょぼと。
 
Imgp3607赤城山は火口湖
めぐりとワカサギ釣りの
イメージだったが、
百名山なのでけっこう
登山者多いのですね。
 
Imgp3622子供も多い。
アネさん曰く、
斜度と岩場がある、
黒檜山から登る方が
良いとされるが、まあ
駒ヶ岳から登る人も
いるのはいるネ。
 
Imgp3676周回コースになるし、
展望も良いが、
徐々にガスが
かかったりして....
 
Imgp3694最初はツヅラオレで
アルバイトし、
尾根に出ると笹原が多くなる。
雨後でマッディで木道も
設置される場所あり。
 
Imgp3720駒ヶ岳から一度鞍部に
下がって登り直し。
黒檜神社の御社がある。
食事休憩。
 
Imgp3705山頂はもう少し奥で、
さらに奥に展望が良いと
いう場所がある。展望所でも
食事休憩とガスが切れるのを
少しまったりして眺めの休憩。
 
Imgp3741カルデラと湖がよくわかるし、
平野部も見える。
日光側はガスの中で
志賀高原も見えないし
榛名、妙義も見えなかった
のが残念だなあ。
 
Imgp3747下りはやはりロック
が多く、火山らしい。
滑りやすいので私は
かなりスピード落ちました。
 
Imgp3752下山後、赤城神社に
よってから舞茸天ぷらうどん
(蕎麦)とワカサギフライ
をいただく。のーんびり。

| | コメント (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年12月 »