2016年11月 4日 (金)

千歳からセントレアの空撮(復路)

さて新千歳からセントレアまでの復路は月曜日の
お昼前に移動開始。基本ルートは同じなのですが、
千歳を離陸し、函館、龍飛岬、男鹿半島の上空から
日本海の30km沖合を飛ぶ。佐渡島そして
上越は直江津港から中部山岳地域に突入。
頸城から北アルプスを眺める空の旅だ。
乗鞍、木曽御岳、猿投山上空から
豊田、碧南に抜けて師崎をくるっと
旋回して南からセントレアに着陸です。
 
Imgp3719_2千歳から高度を
あげると北海道
はほとんど雲が
かかります。
 
Imgp3729津軽海峡で雲が少なくなってきた。
復路は恵山は見えず、
函館は市街地がしっかり見えます。
函館空襲の気分だぜ.....
 
Imgp3748龍飛岬は陸奥湾側に
雲があるにゃ。
R339がスカイライン
だったねえ。懐かしい。
 
Imgp3756_2小泊岬の半島だね。
右手が小泊漁港で
ライオンベイブリッジ
もなんとなく.....
 
Imgp3763往路でも撮影した
黄金崎と日本キャニオン
十二湖周辺。
白神山地の林道も
ホッピーズで走ったねえ。
 
Imgp3770男鹿半島の入道崎だ!!
一ノ目潟から三ノ目潟の
マール湖はカルデラ湖。
戸賀湾もカルデラから
海水が入り込んだ状態ネ。
 
Imgp3789男鹿半島からは
そのまま日本海上空
沖合30kmを飛行します。
次ぎにあらわれたのは佐渡島。
形がわかるのっていいですね。
さきっぽの草原でゲリキャンを思い出しますにゃ。
 
Imgp3798佐渡島の両津港。
加茂湖もわかりますね。
佐渡空港も加茂湖
西岸に見えます。
 
Imgp3808能登半島上空でなく、
復路は上越から本州に
入ります。直江津港と
上越火力発電所がくっきりと!!
沖堤がすごい長いぞ!!
原発の上空でないのが残念。
 
Imgp3814上越から糸魚川の
間の頸城山塊を飛びます。
糸魚川ラインに雲が
無いのね。そしてぽこっと
妙高の山頂だけ抜き出てますな。
 
Imgp3813妙高の外輪山の
三田原山と中央の妙高山。
赤倉側の手前に火口が
崩落してるのがよくわかります。
まさにボルケーノ!!
 
Imgp3821ここから頸城山塊から
白馬のスキーゲレンデが.....
左が八方尾根で、右に栂池、
白馬乗鞍とコルチナだね。
八方の上の後立山連峰の
尾根は天狗からの不帰キレットです。
コルチナの上は白馬乗鞍かな。
白馬三山は雲に隠れてる....
 
Imgp3827_2後立山の尾根は双耳峰でなく
スリーピークぽいから
爺ヶ岳かな?
その向こうの中央には劔岳か....
右手に八峰のギザギザが見える。
左の立山もちょっと雲が....
 
Imgp3832大町の大町ダム、
七倉ダムが見えます。
安曇野が見えてきましたぞ。
立山アルペンルートのライン
で立山が中央に広がります。
 
Imgp3839穂高連峰は涸沢がくっきり。
背後に3190mの奥穂高岳。
撮影ポイントはバーチカル
リミットの高度ですけどね。
左側の前穂高と屏風岩が.....
 
Imgp3843手前の尾根が
裏銀座ルートかな?
表銀座の常念岳は
雲で見えない....
 
Imgp3851松本上空からの
北アルプス全景。
白馬は切れてるか....
安曇野の風景だ。
Imgp3854小室からの
黒沢山、その
裏に徳本峠の
谷が伸びてるね。
左に霞沢、右に
穂高連峰が....
上高地は
見えませんわな。
 
Imgp3855正面にザイテングラート。
左にちょこんと見える
のがジャンダルムかな?
奥穂高岳、涸沢岳、
北穂高が中央に鎮座。
Imgp3856こう見ると左手前の吊り尾根、
手前の北尾根もエグイなあ。
右手のキレットがけっこう
標高下げるもんだ....
ワイドにしてみると、穂高連峰の
続きがわかります。
キレットから右へ南岳、中岳、大喰岳、
飛騨乗越、槍ヶ岳だ。もしかすると
上空から俯瞰だと槍がとがって見えないのか???
 
Imgp3867野麦峠、乗鞍高原、
白骨温泉、上高地、
安房峠の玄関口に
なる奈川渡ダム(梓湖)
もよく見えます。
 
Imgp3862新島々の
梓川からの
穂高の山々。
北アルプスを
堪能できる
コースで飛んで
くれるのは本当に
うれしいですね。

Imgp3879乗鞍岳は完全に
雲の中だったが、
木曽御岳が見えたゾ。
噴気からカルデラ群、
真っ白なままの山頂がモロでした。
 
Imgp3893スキー場からの
王滝頂上、剣ヶ峰
を眺めます。
噴気はまだもくもくで、
山頂部の登山道は
火山灰が溜まってるのがわかるなあ。
 
Imgp3889王滝頂上と剣ヶ峰を
ズームアップ。
トリミング無しで
ここまでは寄れる。
恐るべしJAL空撮。
一ノ池も火山灰だらけで白い輪が見える。
Imgp3905噴気の量は
噴火前では
あり得ない量の
ままだな...
こりゃ解除には
ならないのでは?
少し南に回り込んで
濁川崩落を正面に撮影。
南無....
 
Imgp3914東海環状道が
トンネルで貫く猿投山。
こうみると緑深い山だな.....
猿投山から豊田、碧南と南下し、
師﨑でターンして南から
セントレアに進入しました。

| | コメント (0)

セントレアから千歳の空撮(往路)

Imgp3128JALのB737で出発。
JALの受け付けに寄って
カメラのザックは持ち込み
できる? って聞いたら、
窓側の席に変更してくれた。

Imgp3141JALの対応はこういうのが
好きなんだよね....
ANAは気がきかない。
ともあれキャンセル
多かったようですにゃ。

Imgp3134天気が良いものの、
旋回したら越美山地、
両白山地はすっかり雲の中で
積乱雲の林状態.....
雲が切れたと思ったら
そこは北陸は九頭竜湖の河口だった。

Imgp3147ルートはその後、
北陸道-金沢-能登半島-
海上-津軽半島-
大間崎-函館-恵山上空-
噴火湾-苫小牧港-新千歳

Imgp0703北陸の沿岸部が...
河北潟と金沢港。
内灘と金沢平野、
金沢市街地が広がります。

Imgp0708富山湾上空
からの能登島。
伊豆半島より巨大な
能登半島がワイドに
展望できるね。

Imgp0714能登半島の
さきっぽ禄剛崎。
そして珠洲岬と
長手崎が見えます。

Imgp0719深浦の黄金崎
(露天風呂のあるとこネ)
と日本キャニオンの
ある十二湖。
十二湖の湖面は
見えないけど、笹内川の
流れはよくわかります。

Imgp0717白神山地は雲の中、
少し標高の高い
岩木山の山頂部分が
頭を出しています。

Imgp0735津軽半島のさきっぽ。
龍飛岬。青函トンネルは
みえませんな....
地下だもんね。

Imgp0747津軽半島から
下北半島のさきっぽまで....
大間崎のクキド瀬戸も
上空からみると距離があるもんだね。
函館山と函館の夜景のちょっと前。

Imgp0756恵山の溶岩ドーム
から見下ろした
地獄がわかりやすいゾ。
白い地獄だね。

| | コメント (0)

海の日連休で帰省

Imgp2889海の日の3連休ですので
7月17日(日)に帰省。
山陽道の兵庫県内PAで
UCC Cafe Smile号に遭遇。
移動中ですけどね。

Imgp2893往路でR191の八幡高原
に寄ります。
樽床ダム(聖湖)は
三段峡の水源で
中国電力の発電用のダムだ。

Imgp2892ここが、松島のような島が多く、
綺麗なので少しルアー
釣りをしてみる。コイが
弄ぶのだが、食い切ってこない。

Imgp2912復路は渋滞で舞鶴道で
迂回するも丹波篠山ICから
R372を使って千代川ICにシフト。
あれ? 益田自動車学校の
M-LANDの教習車が....
実は丹波篠山は姉妹校があるようだ。

Imgp2920今回、はじめて
京都縦貫道で
大山崎JCTを突き抜いて
京滋BPを使ってみた。
ちょっと迂回にするには遠回りになるなあ。

| | コメント (0)

伊良湖でトンテキ

Imgp28307月3日(日)にイワキ
のS井さんと
伊良湖まで行って、
何年かぶりに
玉川 でトンテキ
をいただきました。
大あさりのフライも
大きさたっぷりでいいっす。

Imgp9355夕日の伊良湖の
伊勢湾海上交通センター
を伊良湖港から見上げます。
黄金に輝く時間です。

Imgp9363本日の
伊良湖水道は
少し靄がかかって
潮が速そうです。

Imgp9352伊良湖港に
入っていた
海上保安庁の船は
PC36「とばぎり」でした。

Imgp9381赤羽根港の横の店屋に
CX500 TURBOの黒が
置いてあった。行き帰りとも
あったから店のバイクかなあ。
白が標準カラーだけど、
黒ベースの車両があるんだね。

| | コメント (0)

九頭龍川の河口と九頭竜湖

Imgp24746月の九頭竜川
河口でルアーを
投げてみる。
朝マヅメでスローな
トゥイッチングで
ヒットしたのは
50cm級のニゴイでした。
なかなかシーバスはダメね。

Imgp2470ウグイやマルタかな?
と思ったのですが
汽水域には珍しく
ニゴイが2匹食ってきた。

Imgp8587三国町の朝焼け....
三国町郷土資料館
(みくに龍翔館)と
朝日がぽわわーん。

Imgp8600三国の消防署の
大型化学車は
ノズルがメッキで
大砲風だね。

Imgp8825_2九頭竜川の上流の
九頭竜湖駅は
JR越美北線の終点で
大野のラッピング列車が
走っています。

Imgp2489鉄道の駅には
道の駅が併設されて
山菜の天ぷらなどを
いつも買うのよね。
木いちごもお土産で....

Imgp2491豪雪地帯の
消防署には
しっかりジムニーも
配備されていますね。

| | コメント (0)

2016年7月11日 (月)

日御碕の思い出

Imgp80645月7日(土)でGW帰省
復路です。R9を使い
鳥取まで日本海を走り
鳥取道で中国道にシフトします。

Imgp8002出雲で母方の
本家の墓参り
をして、出雲大社
の奥の日御碕へ
久しぶりに行く。
40年ぶりかな...
小学生の低学年
だった気がする。

Hinomisaki国譲り神話の稲佐の浜
から日御碕神社へ。
ゆっくりお参りして、漁港の
ウミネコの島を撮影したりする。

Imgp7981_2日御碕灯台へ。
柱状摂理で
東尋坊に似ているが、
柱状は細いので
少し感じは違うね。

Imgp7996岩場の松林には
石楠花が
咲き乱れている。
ってほどでもないか....

Imgp8033灯台に登ると螺旋
階段でラストは急な
階段になる。昔は
このラストはハシゴ
Imgp8059だったので、
子どもながら
すごく恐かった
気がする。一応、
安全のため進歩してるのね。

Imgp8073_2おりてから売店通りで
イカの姿焼き(生)と
サザエの壺焼きをいただく。
「40年ぶりだよ」と、
言うとオバチャンは
Imgp7988「変わった?」と..「いいやかわらんね。」
「そうね....店は少し減ったけど。」
昔ながらのお店はなんかいいもんだ。
売ってるものは貝殻と民芸品など.....

Imgp1839宍道湖湖岸を走り、
平田から松江、大根島へ。
ベタブミ坂で境港に入るが、
まあ、そんなにジムニーでも
ベタブミすることはないわな。(笑)

Imgp8081米子空港に寄る。
象の檻は解体されてた。
古い部品取りC-1を
撮影する程度。
YS-11はしっかり駐機してたな。

Imgp1844周辺では
戦時中の掩体壕が
農機具などの
倉庫として残っていた。

Imgp1853赤﨑あたりの
スーパーで
お土産を買ったりして
名探偵コナンの
迷路あたりに寄る。
まあ、夜だから
閉まってるわなあ.....

Imgp1856倉吉から
三朝温泉に
シフトして
内湯と河原湯に入る。
Imgp1859三朝温泉と
三徳山が
日本遺産に
登録とあった....

| | コメント (0)

2016年7月10日 (日)

GWの呉

Imgp1290帰省して実家配備の
アフリカツインの
リム(ホイール&ディスク)
の交換を実施です。
綺麗なシルバーになりました。
しっかりリアのリムは内側も腐食....

○5月2日(月)

Imgp12963日から雨なので
アフリカツインの
テストランも
兼ねて広島の
竹原へ下の兄の
墓参りに行ってきました。
天気は快晴なり....

Imgp1298R191で
深入山峠
経由で移動
して、戸河内IC
から五日市IC
へ走り宇品から
さくっと呉へ
有料道路でシフト。

Imgp4239呉に入ります。
高い位置から撮影
できるポイントを探す。
船見町の串山公園が
自衛隊バースを少し俯瞰で見れるね。

Imgp1316せっかくの綺麗な
アフリカツインなので、
潜水艦と撮影するため、
潜水艦バースの
護岸際まで押して入って撮影。(笑)

Imgp1311そうりゅう型の
潜水艦は一隻
だけでおやしお型
が4隻くらいいました。

Imgp4244確かに連休モードではあるが、
熊本対応で出払っている
のもあるだろうね。
(まあ、舞鶴もそうだけど)

Imgp1351瀬戸内沿いを
走って竹原市へ。
墓参りと畑で
ブライス スーちゃん
をモデルに
パセリの森で
撮影など。

Imgp1356雨が降るので、
夜のうちに益田へ
アフリカツインで
戻りました。

| | コメント (0)

GWのご報告を今さらに......

長らくブログ更新してませんでした。
GWからFBをメインに報告しては
いたのですが、なかなかダブルで
アップはキツイもんでやんす。

Imgp1194GWは基本、帰省ベースでっすが
寄り道モードで往路を進みました。
飛弾市キャンプ場に
ホッピーズが集結してたので
ちょっと顔を出してきました。
けっこう寒い雨後の夜でしたが
さすが男道のみなさんでした。

Imgp4067ホッピーズとお別れして
R41で富山ICに入り、
徳光PAで就寝です。
白山はまだ白いですね。

〇4月30日(土)

Imgp4091小松ICで早朝に出て、
小松空港の東端エンドの
公園整備されたとこに寄る。
F-15がエンジンをかけていました。

Imgp4073スクランブル機のハンガー
だが、結局、早朝の
エンジンチェックだけで
スクランブルではなかった。

Imgp1229山城温泉のそばに
オヤジ方のお墓が
あるので久しぶりに
墓参りです。墓掃除でも....

Imgp1244北陸道から舞鶴道に
シフトし西へ向かいます。
北陸道に21普の
自衛隊車両が北上している。
熊本からの交代帰還だね。
第21普通科連隊は秋田の
部隊だから渋滞の少ないルートのようです。

Imgp1250舞鶴東ICを出て舞鶴基地へ。
今回はヘリ空母「ひゅうが」
が災害派遣の物資補給
で入港していた。

Imgp1263また、和製イージスの
「ふゆづき」が
入っていました。
なかなかステルスしてるにゃ。

Imgp41531月と違って魚影が濃い
北吸桟橋を実感。
真っ昼間なのに40cm級の
クロダイ(チヌ)がへちに
付いて食事中。

Imgp4165ひゅうがの排水には
大きいボラの大群が
排水の栄養あるモノ
をパクパク。

Imgp4168クラゲも毒々しい
アカクラゲが多いです。
チヌは釣り禁止の
埠頭で安心しきっているネ。

| | コメント (0)

2015年11月23日 (月)

江田島から徳山港

Imgp1514呉から音戸の瀬戸を旧道の
ループ橋で倉橋島へ渡り、
能美島、江田島へ。
まずは秋月を目指しますが
呉からなんかカタマランな船体が
見えてたのよね......
で、確認したら、あったあった。
懐かしい船だわ......
http://backcountry.image.coocan.jp/reports/32okayama/ogasawara.htm

Imgp1518進水式に岡山まで行ったTSLの
「スーパーライナーおがさわら」だ。
東京都に嫌われて艤装中止で
買い手もなく解体業者さんに。
横っ腹も削れてるなあ。
株式会社フルサワは座礁した船の
サルベージ、解体でも有名みたいだね。

Imgp1520秋月の海岸線を北上。
山腹の細い道を走ると
積み下ろしの埠頭が
墓場から見下ろせた。
フェンスのある場所は
立入禁止になっており
米陸軍の管轄になっていた。
秋月弾薬庫はアーミー管轄なのだな...
東広島の川上弾薬庫もあわせて
東洋一とうたわれかなりの量のようだすな。

Imgp1255江田島から宇品港に
フェリーで渡りたい。
小用港ではフェリーや高速船は
呉港接続でダメです。
地図なしで動いてるから
どこから乗るべきかカンがたより。
本当は切串港がフェリーで安いのだが
表示が少なく、海上自衛隊の
第一術科学校を経由して南下。

Imgp1524能美、沖美へ進むが
途中の港では高速船のみ。
沖美の三高港で江田島汽船
のフェリーに飛び込みで乗る。

Imgp1248夕暮れのの三高港沖...
左舷には宮島が鎮座しており
弥山の頂上の展望台も
確認できるのでした。
潜水艦には出会えなかったなあ。

Imgp1265バハマ船籍
商船三井の
ADRIA ACEが出航していきます。
4900台の自動車運搬船で
宇品外貿の埠頭についてたやつかな?

Imgp1279日本海運の第八光洋丸。
広島船籍で新来島どっく製
の内航自動車専用船だ。
やはりこれもマツダ御用達
って感じかな。550台積載です。

Imgp1539日没で寒くなってきたので
兄のマンションに転がりこんで
翌日、山陽道を西進しました。
岩国の予定でしたが、なんとなく
周南市に向かいました。

Imgp1534徳山港のフェリー埠頭へ行って
回天の基地があった大津島の
フェリーをチェック。1日3便で
ちょっと時間が厳しいので次回に.....
徳山港にあるのは映画「出口のない海」撮影用のレプリカです。

Imgp1288徳山港の西側に広がる
工場は昔は徳山曹達と
呼ばれてたが、現在は
トクヤマって会社になってる。
その象徴でもある煙突ですね。
セメントから苛性ソーダ
などの化学プラントの
バルクメーカーです。

Imgp1287なかなかインダストリーな
プラント風景がいいですね。
バルクを見ると石灰石ぽい
白い砂礫って感じです。

Imgp1289バルク船が積み下ろしを
終えて出航していきます。
昔ながらのコンビナート
風景がまだしっかりあるのです。

Imgp1548R315で徳山から
徳佐のR9方面へ北上。
岩国錦帯橋の河川
である錦川の
源流に入ってみる。

Imgp1549錦川源流まであと1km弱
程度だが林道分岐からメ
イン林道はブッシュ化。
250ccなら入り込むのだが....
源流域なのでいいけどね。
まあ源頭は弟見山山頂の
ちょっと下にあるようですけど。

| | コメント (0)

2015年11月22日 (日)

雨雲の湯原湖と伯耆三山

Imgp1325勤続25年のリフレッシュ
休暇が5日ほどもらえるので、
仕事の具合で急遽
11月中旬にいただき!!
隠岐島遠征を計画するも
ジムニー不調と荒天で
隠岐汽船の予約はキャンセル。
まあ、とりあえず蒜山、大山に入る。

Imgp1322湯原湖のインレットの
黒杭を調査するも段差が
あり入りにくいのであきらめた。
雨はなんとかもってるのだが....
ボートスロープは取水口工事
のため入れないし....

Imgp1327蒜山大山道路を走ると
雨がポツポツと...
烏ケ山も雲がかかる。
標高があがるとガスが出て
きて展望もダメだなあ。

Imgp1329新小屋峠を越えると
雲がさらに増えてきます。
地蔵峠の尾根のスカイライン
から加勢蛇川を見下ろします。
紅葉がなんとか見えるゾ。

Imgp1330一向平の登山口に寄るが
大山滝は片道1時間程度。
雲が濃い状態であるし
入山はせず。天気の
良いときに行ってみたいですね。
キャンプ場は整備されています。

Imgp1335隠岐の島流しから脱出した
後醍醐天皇の北条との
戦いで勝利した船上山の
登山口へ移動しました。
しかし柱状節理の屏風岩は
雲の中に隠れています。

Imgp1159大山、三徳山とならぶ
伯耆三山の山岳信仰
の船上山ですが、ゴアの
ジャケットで登ろうと準備したら
急に大粒の雨。登るなってか.....
了解、了解.....

Imgp1160大山道と船上道の
分岐まで下ってくるが、
振り向けば船上山も
相変わらず厚い雲の中。
紅葉の落葉でズルズルな
アスファルトの県道だった。

Imgp1342大山道では立石道標
という庶民の巡礼用に
1701年に建てられた道標だ。
その裏は牧草地が広がり
なんかのんびりした風景だけどね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧