2019年4月24日 (水)

2018年6月21日 新名神

4連休で帰省で平日の大阪大震災後の
新名神(E1A)を走ってみました。
まあ、道路は全く震災の影響はないっすね。
でも、近畿道は工事してたのかな。
Imgp0989
初めてだったけど、トラックもゆっくり80km/H
で空いてる高速をまったりモードがほとんどだね。
Imgp0994
北摂の山の尾根付近の道路になっているので
トンネルも多いです。走行に合わせて緑色の
LEDがフォローしながら前進していきます。
追い抜いちゃうこともあるけど
80km/H走行にあわせてスピードで光の輪が進むのかな?
Imgp0999
宝塚SAに寄ってみる。トイレが独特なデザインですね。
無人だったけど、一応撮影は遠慮したけど
小便器の上に手洗いまで付いている。
効率的ではあるのだろうが....
Imgp0996 Imgp0997
宝塚なので手塚治虫の展示が多いね!!
サファイアちゃんがいいねえ!!
アトムより好きっすよ。
Imgp1000
ちなみに復路は従来の名神(E1)でダウンヒル。
西宮SAで宇佐美さんに聞くとやはり
かなりお客さんを宝塚北に奪われているそうです。
確かに大阪通過組はE1Aで、阪神高速や豊中に
出るジモピーがE1を使う訳で、地元なら
高速おりてから安いガソリンを補給するからなあ....
でもまあ、混雑しないならE1でも全然OKっすよね。
Imgp1163 Imgp1168 Imgp1170
上り線でE1とE1Aの合流点でも別に混雑することなく
高槻JCTへアプローチできました。

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

2018年5月27日 由比のサンライズ

日曜日に輸送艦の体験航海が
静岡県のどこかであるようなので、
きっとアソコでアレだなってギャンブリング...
3時に出発して清水港に寄るけど
輸送艦は無し.....そのまま国一で...
東へ向かうとキリンさんが墜落したあたりで
撮鉄が数名張りついていた。
Imgp6618
5時に貨物? いやこりゃ夜行寝台だなって
ことで、由比駅に寄ってかまえてたら
Imgp6623
きたきたーっ!!
久しぶりのサンライズ瀬戸・出雲のコンビネーション!!
Imgp6624 Imgp6625 Imgp6628

| | コメント (0)

2018年5月6日 柏崎刈羽原発探険

東京電力の原発の広報館で唯一公開しているのが
柏崎刈羽原発のサービスホールです。
Imgp6481 Imgp6483 Imgp6476bc
前を通ると原発構内の一般公開をやっている!!...
原発の敷地内を飛び込みで一般公開してる
のは珍しいなあって、ついついレッツラゴー!!
Imgp9745 Imgp9746 Imgp9748
まあ、原発建屋内に入ることはなく、
バスツアーのかたちで、バスからは降りる
ことなく説明をガイドしてもらいます。
Imgp9751 Imgp6487 Imgp6497
基本、安全対策についての説明が多いです。
津波の防潮堤、電源確保、消防車、冷却水源などなど。
そして、建屋の構成なども詳しく説明してくれました。
実は、撮影禁止のためカメラは持って行けません。
バスにも手荷物は一切アウトでホールを施錠して
見学中は保管になります。
Imgp9753 Imgp9759 Imgp9760
沸騰水型原子炉(BWR)と
改良型沸騰水型原子炉(ABWR)の外観の違いも
わかりやすく煙突ではなく、換気だけの
排気塔である事などね。
しかし、シュノーケールみたいに吸気口も吸気塔に
しないのだなあ......水没の恐れがあるなら、普通、
吸気と吸水口の管理に気を使うもんだけどなあ。
Imgp9762bc
電源確保はガスタービンの電源車で、自衛隊でも
最近見かける車両ですね。固定で燃料は地下タンク
になってました。
また、ゴジラ対策用のような大型コンクリートポンプ車も
1台設置されています。これはメルトダウン時の冷却用
ですが国産でなく米国製のものを使っています。
Imgp6498
消防車も多くのものはユニックを装備してて
崩落したものなどの撤去もできるようにしてますね。
また、一カ所に集中させず、各所に配置して
使えない事態になっても手配できるようにしています。
職員の重機免許をとらせるのも進めてるようですしね。

出入りにはテロ対策の検査が大変なので、
協力会社の事務所、倉庫、作業棟なども
構内に建てられています。まあ、自然は多く
キジも電源ラインに悠々ととまっていたりしましたけどね。
Imgp9763 Imgp9765 Imgp9766
耐震強度の問題もあやっまってたけど、
まあ、一生懸命現場はやってるけど、
はたして中央はどうなのかはわからんけどね。
相変わらずデンコちゃんグッズも復帰してないしね。(笑)
まあ福島にしても地震自体では自動停止できていたと
言ってます。ただ、裏事情では東北震災で浜岡原発ですら
電源アウトで真っ暗でPCの立ち上げできず、
緊急対処マニュアルのペーパーレスのため何もできなかった
って言ってたからなあ。最近の静岡県の東海地震訓練で
通信からPCトラブルで連絡不能になったりしてるので
本番で機能できるかは不安ではありますからね。
Imgp0602
自動車も自動運転に自動安全装置が確実に作動する
想定でしかできない日本だからにゃあ....
テスラのような事故が露顕すればするほどに
大丈夫なのかとしか思えないんだけどさ。
Imgp9767 Imgp0592 Imgp9771
なんて思いながら柏崎ICから高速でさくさく上越、
長野、松本、飯田経由で帰りました。
むろんR151は阿南のかじかの湯でGWのしめくくりっすよ。

| | コメント (0)

2018年5月6日 石油の国

夜の新潟、荒井浜で夜の油田....
岩船沖油ガス田プラットフォームを撮影します。
荒井浜の沖合約4km、水深36.2m と...
なかなか距離はあるのですが、
風が強いので500mmレンズだと
長時間露光だとぶれて300mmくらいで対応。
笹口浜で寝て、朝からプラットフォームっす。
Imgp9594 Imgp9598 Imgp6439
近くにはJX石油開発株式会社の中条油業所があり、
1957年 水溶性天然ガス鉱床
1961年 構造性天然ガス鉱床
1978年 原油鉱床
を発見しJX石油開発の国内天然ガス、
原油の生産拠点。また、水溶性天然ガス
に付随して生産される地下水(かん水)から
ヨードを回収、医薬品原料、化成品原料で販売。

Imgp9621 Imgp9620 Imgp9611
防砂林の中に水溶性坑井が建てられて
いました。N35-5、N23-6、N23-7の3坑
の掘削を行っているようです。
Imgp9623 Imgp9615
日本だって天然ガス、石油が出るんです。
しかもプラットフォームも造ってるんです。
だもんで、中国の侵犯は許すべからず!!
Imgp9625

| | コメント (0)

2019年4月20日 (土)

2018年5月4日 JAXA能代実験場

夕暮れ前に雷雨になるも
能代実験場にも寄った。
Imgp6133
東大管轄の頃はアフリカツインを横付けできたけど、
JAXA管轄になったらフェンスで覆われた。
なんだかねえ。
Indust11 Imgp9488 Imgp6112
Imgp6132 Imgp6131 Imgp6127
Imgp6126 Imgp9495 Imgp9494

| | コメント (0)

2018年5月4日 三菱田代ロケットエンジン燃焼試験場

田代の五色湖が桜満開で綺麗。
Imgp6021
岩瀬林道をあがると渓流は雪解け
増水で水量があるが滝が綺麗だ。
Imgp6070
林道は実験場の少し上の田代岱登山口
から奥は未除雪でデッドエンド。
Imgp6082
どっちにしろ田代相馬林道の長慶峠は
青森県側は整備されず、ゲートが
設置されたのでバイクでないとダメ。
Imgp6084
ちょうど軽油を運ぶローリーが
実験場に入ってきていた。
Imgp6077
施設の車両は三菱重工でも
やはりパジェロでなくジムニー。
Imgp6074
五色湖に魚影が多い。
30cm越えのイワナだろうか...
Imgp6108
聞くとこの流れ込み含め、漁協が放流していない天然イワナで
知られ、遊魚料の見回りも来ないので、自由に釣ってるそうだ。
 Imgp6096 Imgp6103 Imgp9480
Imgp9461 Imgp9462 Imgp9467
Imgp0565 Imgp6089a Imgp6042

| | コメント (0)

2019年3月 6日 (水)

2018年 5月4日 尾去沢鉱山地底探検

Imgp5886体験坑道は1000円
の有料ですが
石切沢通洞坑
コースは1.7kmの
周回でゆっくり
写真撮りながら...
1-2時間くらいは
かかりました。

Imgp5890こりゃけっこうな
運動量だ。
秋芳洞なんかの
観光鍾乳洞より
ハードです。
一番奥にトイレも
あってちょっと安心。(爆)

Imgp5893福井の中竜鉱山や、
富山の神岡鉱山、
はたまた有明海の
三池炭鉱のような
Imgp5916マイクロバスで
斜坑に入るような、
最近まで使われていた
トンネル掘削技術の延長な
Imgp5928技術満載ってことはなく、
削岩機などの近代技術で
がんばって掘り進んだ
鉱山って感じです。

Imgp5944逆に、手掘りの江戸時代
の鉱山技術との比較が
できるという展示構成は
これはこれでなかなか
良くできているけどね。

Imgp5947とはいえ、中竜も展示施設
は閉鎖したし、
神岡のようなカミオカンデ
などの新規事業への
Imgp5952展開がうまくいかない限り、
北海道の炭鉱同様に
衰退の一歩になって
いくんだろうなあ。
それは長崎の端島(軍艦島)
Imgp9425の様な生き残り方
もあるのだが、廃墟を残すより、
やはり技術遺産としたいと
思うのだよなあ。

Imgp6016お昼なんで金の
稲庭うどんを
いただきます。
黄色いクチナシ色素
の稲庭うどんだけど、
しっかり金粉もトッピングでした。
さすが鉱山スペシャル稲庭うどんだね。
Imgp5939Imgp5940Imgp5953




Imgp5955Imgp5964Imgp5996




Imgp6005Imgp6007_2Imgp9403




Imgp9412Imgp9421Imgp9446




Imgp9447_2Imgp9448Imgp9456

| | コメント (0)

2018年 5月4日 尾去沢銅山

Imgp5831鹿角の道の駅で就寝。
雨が降ったりやんだり
の状況は変わりなく、
八幡平から盛岡に入るか、...
それとも秋田から
日本海側を走るか悩みどころ。

Imgp5833ただ、天気がすかっと
回復してないので、
登山モードは無理だな
ってことで、県道66で
ショートカットして
大館、能代へシフトする。
途中、尾去沢鉱山がある。
早朝なので少し
三菱マテリアルの事務所方面に
入って鉱山跡地を眺める。

Imgp5838昭和53年に廃坑閉山
になってからも、
まだ発電所が地元の
ために東北電力所として
Imgp5841地熱、水力の電力を
東北電力に売って
送電してるとのことだ。
そういえば八幡平の
大沼地熱発電所も
三菱マテリアルだな...

Imgp5848鉱山施設はかなり
廃墟と化しています。
しかし、坑道の方は
史跡尾去沢鉱山として
Imgp5858一般公開しています。
江戸時代は
金山として、
明治からは
Imgp5867三菱財閥の
銅山として
開発されました。
まあ利権関係
Imgp5868_2の汚職事件
もあったりする
んですけどね。

Imgp5872朝はやった
かったため、
まだ開場して
ないのですが
Imgp5876無料の鉱山歴史館は
開いているので、
そちらを見学しながら
坑道探検を待ちます。

Imgp5879歴史館で歴史と
鉱物サンプルなどみると
かなりの規模の鉱山で、
山の中は縦横無尽に
穴が掘られているのがわかります。
Imgp5883Imgp5884Imgp9399




Imgp5873Imgp5877Imgp5885

| | コメント (0)

2019年3月 5日 (火)

2018年 5月3日 浜名の青函隧道、地獄の門

Imgp5645龍飛岬から時計
回りで移動すると
浜名という東海道
風な地名なとこで
青函トンネル入口
広場の文字が.......

Imgp5646ちょっと寄ってみると、
なんとトイレに展望台、
そして売店に神社
までありました。

Imgp5661なかなか観光として
良いとこついてくるね。
しかも新幹線に
なってもしかして
Imgp5665在来線より本数
増えたのかなあ?
1時間に2本くらい
のペースです。

Imgp5677もちろん、軌道は
1セットでレール
3本です。
貨物がまだ運用
Imgp5681されているため、
貨物と新幹線の
三線軌条の
デュアルゲージで
兼用にしています。

Imgp5693まあ、青函トンネル
は狭い対面走行なので
やはりスピードは
落していますね。
Imgp5697東海道新幹線でも
浜松-豊橋間は
最高速度で
運行する
Imgp5704区間なので、
その風切り音や
イメージとは
大きく違います。

Imgp5719青函トンネルの表示
はしっかり青函隧道
とあります。
北海道からトンネル
Imgp5737から出てくる新幹線。
まずはトンネルの穴
から雲というか靄が
もこもこ出てきます。
Imgp5744ピストンで押し出される
ような原理なんでしょうね。
そしてピーッピーッと警報が
鳴りはじめます。
Imgp5754ゴーっという音とともに
先頭車両の
前照灯が見えて
きて、シャーッと
列車が出てきます。

Imgp5761なんせ新幹線です。
子供さんたちは
大喜びですね。
とはいえ、やはり
男の子向けなんですけどね。

Imgp5724ちなみにけっこう
ツーリングライダー
も見ていきますネ。
売店でタコ玉子
Imgp5660食べちゃった。
まあこれは
地元モノ
ではないんで
しょうけどね。









| | コメント (0)

2018年 5月3日 青函トンネル記念館

Imgp5527龍飛岬周辺に到着。
相変わらずの
雨だけどね。
トンネル工事の
慰霊碑は懐かしい......
.Imgp5526
30年前に
夜中で良くわからず、
ここにテントたてて
寝たっけなあ。
しかも猫だと思うけど
寝てたらテントに
飛びつかれて
ビックリしたもんだ。南無......

Imgp5531で、いつも閉まった
時間だったけど
まだ午前中のはやい
時間に到着した
青函トンネル記念館です。

Imgp5528まあ、トンネルの駅は
廃止して現在は定点
になっています。
理由は新幹線の幅が
広いので駅を削る
必要があったとのことです。

Imgp5537とはいえ、駅の
あった地下への
青函トンネル
竜飛斜坑線の
ケーブルカーは
今も健在なので、
乗ってみました。
なかなか楽しい
地下探険でしたわ。
始発から2便目くらい
Imgp5535_2だったためか
まだ乗車人数が
少なくて
良かったです。
次便はかなり多くて、
ホッとしたりして....

Imgp9293出水事故なども
あった訳ですが
やはり長距離の
海底トンネル。
東京湾のように
Imgp9290ケーソン工法にする
訳にもいかず
その費用と維持管理も
大変だなあって
実感できます。
Imgp5544Imgp5549Imgp5553




Imgp5554_2Imgp5558Imgp5560




Imgp5563Imgp5569Imgp5572




Imgp5576Imgp5577Imgp5587




Imgp9288Imgp9301Imgp9305_2




Imgp9306Imgp9308Imgp9313




Imgp9315Imgp9322Imgp9361




Imgp9363Imgp9368Imgp9378

| | コメント (0)

より以前の記事一覧