2017年4月27日 (木)

南アルプスあぷとライン

Imgp3446大井川鉄道の
千頭駅の奥は
南アルプス
あぷとラインの
トロッコ鉄道が走ります。

Imgp3417今は一部通行止になって
いますが、大井川のダム建設に
使われた鉄道ルートの核心部は
長島ダムの区間です。

Imgp3422カールロマンアプト氏が
発明したアプト式は
急勾配の坂を登るための
ラック鉄道です。

Imgp3431ラックホイール
ピニオンという
方式だが
軌道の内側に
ストレイトなギヤの
歯が並んでいます。
いわゆるロータスセブンの
ステアリングのラックアンド
ピニオンみたいな訳だ。

Imgp3432アプトいちしろ駅と
長島ダム駅の間
が、最も勾配が
厳しい場所です。

Imgp3434この区間に
アプト式が
設置されてる
わけですね。

Imgp3438今回は見学が
しやすいアプト
いちしろ駅で
撮影しています。

Imgp4373ラックレールの
ある軌道です。
線路のレールの
間の黒いのが
ラックレールの歯。
これにギヤを噛ませて
グングン登るのです。
強引なシステムです。


Imgp4376アプトいちしろ駅に
待機するアプト式
機関車です。

Imgp4383ここがラック
区間との
切り換え
ポイントです。
詰まり連結作業
をする場所ね。



Imgp4392おっ!! 下ってきた
トロッコ列車の
車両です。
先頭はアプト式
機関車ですね。
ピニオンギヤを
ラックレールに
噛ませて下りは
抵抗にしてブレーキだね。

Imgp4403連結を外したら
アプト式機関車は
分岐してちょっとお休み。

Imgp4409うーん、あんまり
乗りたい派では
ではないのですが
これは乗ってみたいにゃ。





Imgp4415

| | コメント (0)

機関車トーマスの大井川鉄道

Imgp34002016年9月11日にジム吉
で大井川へ散歩。
ちょっと大日山金剛院
に寄ってみる。

Imgp3398本堂にナナフシが
へばりついてた。
大きいナナフシは
立派なもんだ。
お寺に多いのは
なんでだろうね。
ちょっと神秘的な
生き物だと思う。

Imgp3409トンボも飛び回る
季節ですね。
秋突入だ。

Imgp3411川根の林道の
ランドマークにも
なる金剛院の
仁王様の山門。

Imgp4343大井川に出ると
大井川鐵道沿いに
けっこう子供連れ
の自動車がいる。
こりゃ、きっと....
そうです。機関車
トーマスに改造された
SL登場のタイミングに
ぴったりこん!!

Imgp4353こりゃよくできてる!!
子供さんたちの
人気もよくわかるわ。


Imgp4360まあ乗るのは
抽選なんかあるようで
なかなかプラチナ
チケットのようですけどね。

Imgp3413バスのバーディーも
駅にまってました。
トーマスをおっかけ
してくれてるんだね。

Imgp4338さあ、いそげ!!
いそげ!!


Imgp3412

| | コメント (0)

2016年11月 4日 (金)

ドリームリフターとルスラーン

Imgp06108月6日(土)から8月8日(月)で
飛行機で千歳入りです。
メインは千歳基地の航空祭です。
そろそろ退役の政府専用機(B747)を
見ておきたいんですよね。

Imgp0677お昼過ぎに湖西を
アフリカツインで
出発しセントレアまで。
駐輪場は2泊3日で1000円也。

Imgp0646セントレアには
ドリームリフター
B747-LCFと
アントノフ
Imgp0636An-124ルスラーンの
超大型貨物が
2機並んで駐機してた。
けっこう珍しいかも。

Imgp0608なぜか、奥地にB787が
放置されている。
三菱が買ってくださいって
展示アピールかな?
MRJと並べておけばいいのに。

Imgp3934ちなみに帰りにも2機いて、
ドリームリフターはカーゴ
を開いていた...
B787の部品はかなりの
出荷モードなのかにゃ。

| | コメント (0)

三河湾海上交通センター一般公開

Imgp3086_3神野埠頭の海上から
伊良湖岬に移動して
三河湾海上交通センター
の一般開放は珍しいので見学だ!!
管制塔内での
撮影は禁止だが、
やはりレーダーは高性能。
半径20kmの監視をしている。

Imgp0114法令で規制がある水道
は全国で13箇所だったかな。
そのうち管理センターを
設置してるのが7箇所です。
東京湾、伊勢湾、来島海峡、
関門海峡などなど.....

Imgp0120_2レーダーは航跡でなく、
5分後の位置を予測して
線で表示される。
長いほどスピードが速い訳だ。

Imgp0123_3現在、大型船はAISという
船の認識をビーコンのように
発信するシステムになっており、
貨物関係は積載、行き先、
船籍など情報も表示可能です。

Imgp0127_2指定水路の幅は狭く、
神島と伊良湖の間、
幅1200m、長さ3900mの
通路がきまっています。

Imgp3083_2まあ、岩礁があり、そこに
部位が表示されているのが
俯瞰で眺めるとよくわかります。
まあ、パイロット(水先案内人)が
出てくるのは慣れてない
外国船のようで、国内ではあまり
使わないようです。

Imgp0129_2危なそうな動きで
判断することもあるらしいが
基本、パイロットの依頼は
かなり高額みたいね。

Imgp0140_2どちらにせよ、
急ブレーキやターンは
不可能なV字谷です。
推進が深いとこで
Imgp0150_250mくらいで、
20mくらいの場所から
急峻な谷になっているためです。
アンカーのブレーキもほぼ効かないとか。

Imgp0142_2タワーの屋上部分で
景色を眺められました。
眼下に伊良湖灯台も
見えますし、
伊良湖港もばっちり。
距離的にみるとやはり
シーカヤックで
知多半島まで行くのもかなり
厳しい距離ですね.....

Imgp0147_2ここの標高が70mくらいで、
麓の大あさりのお店とかの
方も津波の時はよろしくと
言われているって。

Imgp0145_2実際、職員は豊橋あたり
から通いが多くて
一応、10kmくらいの場所に
宿舎があるが、震災になれば、
歩いてくるしかないなあって感じではある。
まあ津波なら田原から
伊良湖の平野部は
ぜーんぶ沈むようですが....

Imgp0146_3伊勢志摩サミットも
けっこう忙しかったようです。
「いずも」が伊良湖水道に
入ったときは確かに大きいわあって
感じだったそうです。

Imgp0023鳥羽側に船艇の基地があります。
伊勢湾内はそれぞれ交代で
まわってる感じのようです。
伊勢湾のフラッグシップは「みずほ」です。

Imgp3088_2伊勢湾マーチス検定なる
20問のテストをしました。
まあ冊子をみながらOKですが、
けっこう子どもには難しそうなので
子どもには職員さんがついて、
説明しながらやってましたね。
景品はホイッスルもらってきました。

| | コメント (0)

三河湾モーターショー

Imgp3071海フェスタのイベントで
三河湾モーターショーというのも
開催です。
まあ、トヨタ、スズキ、三菱と
国産車の輸出と旧ヤナセの輸入港として
機能している豊橋港神野埠頭です。

Imgp3067フォードやワーゲン、アウディから
トヨタなど....新車群はもちろん
中部電力Salaの水素燃料の
ローリーもきていました。

Imgp0097一応、海フェスの3人の
「ミスみなと」も来てたよ。
若さより水っぽさがあるのも
港ぽい演出かなあ。

Imgp0073豊橋のヤマハでDMCの
代理店やってるとこも来ており
デロリアンが1台展示されてた。
けっこう乗り込み自由なの。

Imgp0074助手席にはホバーボード
のレプリカが置いてあったりね。
やっぱ核融合炉のステッカー
貼ってないといけません。

Imgp3074ファインモールドも出展しており
プラモ用の参考で入手した本物の
キューベルワーゲンと
ウィリスMBのジープを展示。

Imgp0066レプリカでないので
本物のキューベル
ワーゲンはかなり良いね。
これはびっくり展示車だ!!

Imgp0088エンスー系の地元の
旧車も展示。
アルファが多かったけど、
ロータスエランとケータハムも。

Imgp0087でもエランは青の
沼津ナンバーで
名前みると会社の
同期のやつのだった。(笑)

Imgp3073Imgp0067




Imgp3076Imgp0070




Imgp0083Imgp3079



| | コメント (0)

豊橋港をかけまわる「ひめかぜ」

Imgp9894PLH21「みずほ」の
一般公開の影で
豊橋港を駆け回っている
海保巡視艇がいました。

Imgp9898CL32「ひめかぜ」
ですね。
フェスタ中でも
港湾は機能しています。

Imgp9904貨物船やRORO船、
自動車運搬船が
活発に動くのであっちゃ
こっちゃ動きまくりです。

Imgp9939ちびすけですが
機動力が必要な
仕事って感じですね。

| | コメント (0)

海フェスタ東三河2週目は海上保安庁メイン!!

Imgp0028_2海フェスタ東三河の2週目でした。
海フェスタは月間で行われるって
いうのもなかなかのイベントですね。
先週は自衛隊と深海調査船、
今週は海上保安庁と油回収船
来週は帆船って感じですね。

Imgp3063土曜日は伊勢湾の
フラッグシップになる
PLH21「みずほ」の体験航海。
でも、申し込みしてないので
乗れないので、日曜日の
一般公開で対応です

Imgp9965PLH21「みずほ」は混雑気味。
船橋から屋上の展望デッキ、
ヘリデッキをまわる。
35mm砲はパトレイバーか
ガンダムぽい頭に見える。
35mm機関砲は
エリコンKDを使用。
バルカンはフルカバーで
良く見えないけどね。

Imgp2969ヘリはBELL412の
「いせたか」が
後部デッキに
展示されてました。

Imgp9998海上自衛隊のような
自動の着艦拘束装置の
ベアトラップはなく、
イギリスなどで使っている
ハープーングリッドシステムも
ありません。

Imgp2996腕で着艦するのが
海上保安庁と
自負しておりました。
男のヘリっすね。

Imgp9983デッキにカタパルトの
ように動く器具が
あったのですがこれは
トーイングバーで格納庫に
移動するのに使うものでした。

Imgp2998BELL412の燃料は
一般的な機体と一緒で
おなかの下部にあります。
哨戒ヘリだと巨大な
レーダーがあるので
SH-60Kなどは背中に巨大な
タンクがレイアウトされるが
通常は床の下になるそうです。

Imgp9955愛知丸は三谷水産高校
の漁業実習船。
なんか中に入れなかったね。
ま、しょうがないです。

Imgp0047_2清龍丸は油回収船です。
いつもは名古屋港の
フェリー埠頭の横にいます。
船首にデカいショック
ダンパーがあって
Imgp3040前部に油回収設備、
その次ぎに浚渫設備があり、
居住区と船橋、エンジン、後部
にはヘリのプラットホームがある。

Imgp3048ナホトカ号の油回収
で有名だし、ヘリポート
(プラットホーム)が
あるので東北震災でも
派遣されました。

Imgp3036煙突が二つあるが、
主機関のエンジン
かというとそうではなく、
電気推進のための主発電機です。

Imgp0042推進用の発電機と、
設備用の発電機が
あるようです。
ですので、12ノットと遅い
Imgp3024のですが、
スピード重視の
船ではないので
それはそれで良しですね。

Imgp3055レーダーは数種あるが、
航行用レーダーでは
近距離用Xバンドのレーダーと
長距離用Sバンドのレーダー
を使っていた。
まあ、海底用のソナーぽい
映像もあったけどね。


Imgp3026Imgp3027Imgp3033




| | コメント (0)

海フェスタ東三河でイージズ「こんごう」登場!!

Imgp9402_27月16日(土)の朝、8時前に
神野埠頭到着です。
国土交通省が主催の海フェスタが
今年は豊橋港、東三河で開催です。

Imgp9406まずは、JAMSTECの
「かいれい」が入港。
深海調査研究船「かいれい」は
最大潜航深度7000mの
潜航調査することができる
Imgp9596無人探査機「かいこう7000Ⅱ」
の支援母船です。
こちらは内部公開は日曜日
だったので外観のみ.......

Imgp9474朝靄の中、
DDG183「こんごう」
が入港。定係港は
佐世保のこんごう型
護衛艦の1番艦だ。

Imgp9510米国タイプの
イージス艦で
SM-3(対弾道弾用)が
使用できるのが、
昨今の北朝鮮
対応の要の艦。
タグボートで旋回
させて、埠頭に
接岸します。

Imgp9522小野くんと合流して、
少し、入り口あたりで
様子見してましたが
13時まで入れないので、
一度、海フェスタのメイン会場
になる展示場の方へ行ってみる。

Imgp9608「かいれい」なんかは
そちらの岸壁である。
震災の津波用の
避難ボートも展示。
動力やラダーなどはなく、
浮いてるだけで
三日間の食料などを積載。

Imgp9609トイレもついていた。
まあ、救難のテント付きの
ゴムボートより
樹脂で屈強であるけどね.....

Imgp9630各ブースでは本宮という
栗入りの和菓子なども...
聞くと新城から....
やはり東三河くくり
であって海とは
関係はないなあ....

Imgp9631うなぎは一色と
豊橋の2件がきてた。
一色産の1000円
のうな重を食べる。
うずらジェラートっ
てのもあった。
ゆで卵を入れている訳ではなく、
アイスクリームの原料の
鶏卵をうずら卵にしてるとか...

Imgp9618_2豊橋競輪が3人くらい
女性選手をひきつれて
イベント。ポスターには
「顔より太もも」ってフレーズ。
太ももは確かに重要だが、
ポスターはムキっていうよりセクシー。
顔もかわいいのに、
よりって失礼だなあ。

Imgp9626_2チャリンコをローラー上で
こいで200mを何秒で
走るかって感じ。
キャラタオルをくれるので、
やってみたが体力無し....きつい.....

Imgp2883シャトルバスでイージス艦
の7号岸壁へ戻る。
1時間くらい並んで、
内部見学をする。
まあ、ネット抽選と招待客は
艦橋などに入って
午前中見学をしていました。

Imgp9667イージスは初めて。
横のカバーの内側は
昔ながらのデッキが
カバーされてるだけだった。

Imgp9669まあ電波吸収体
の表面カバー
なんで、あたりまえ
なんすけどね。

Imgp9703_2オートメラーラの
127mm砲の
速射砲は
けっこうデカイ
ですね。
むろん戦艦
レベルの砲では
ないですけどね。


Imgp9678VLSの説明では
クレーンとか、
支柱とかの
位置も説明して
くれたけど、
基本、航海中では
作業できないので
使ったことがないとのこと。
港では別のクレーンで
キャニスターを入れるってことだわな。

Imgp9765IRフレアの発射装置
は実はチャフ用
なんだって。
フレアは潜水艦
のみで、IRフレアも
発射できるレベル
なだけってことだ。
観艦式だとIRフレアを
発射してたけどなあ。

Imgp9771ファランクスの質問で
seaRAMに換えないの?
と聞くと、それはないなあって。
でも、20mmだとミサイルの
勢いをとめられないので
30mm、35mmへの変更は
持ち上がっているとのことです。

Imgp9764ちなみに、ファランクス
の20mmでは曳光弾
を使わず光学カメラ
や赤外カメラで制御せず、
レーダーのみで弾道を
制御してるとのこと。
むろん、敵のミサイル
用には赤外探査は
しています。

Imgp9810帰宅後、島根に移動開始するのも
時間的に渋滞時間だし、
眠いので、少し体を休めてから
夜に出発とした。

Imgp987422時頃に出発。
もちろん、イージス艦
は3日間いるので、
夜景撮影で寄って撮影。

Imgp98653人ほど撮影してたね。
まあみんな考えることは
一緒ねって笑って話をしたり...

| | コメント (0)

小松の朝

Imgp8615GWに引き続き、6月にも
小松空港に寄ってみる。
8時前に空港ターミナル
の送迎デッキに入ってみた。

Imgp8657始発の羽田便の
JALとANA
が離陸します。
小松空港は稼働率高いネ。

Imgp8667_2この時、スクランブルの
アラートハンガーから
エンジン音があがる。
スクランブルかな? と思ったら
2機が順番に出てきた。

Imgp8664しかし、一周してまた
ハンガーに入っていった。
なるほど、前回同様に
8時に一度動作試験をするようだ。

Imgp8671今回は出てきたところを
送迎デッキから撮影。
しっかり模擬弾でなく
実弾のミサイルは装備してるんだね。

Imgp8725_2むろん、アグレッサー部隊
(教導)でないです。今回は
白山イヌワシ(306SQ)でなく
ファイティングドラゴン(303SQ)
の飛行隊のF-15だった。

Imgp8741西側の滑走路エンドで
撮影試験。見通しが
良いので2700mの滑走路
がすごく短くみえる。

Imgp8765JAL機の離陸を撮影
するが、この位置が
やはり一番いいね。


Imgp8815_2




| | コメント (0)

桜花訓練の地

Imgp2709鹿島訪問のメインな目的は
特攻のロケット機である
桜花のレプリカ展示機を
見てみたかったのです。
昔、靖国神社でみたのですが
撮影禁止でしたし、入間の展示機は
今は公開してないもので。

Imgp2696_2鹿島の神栖中央公園
にて早朝散策、この
公園にも桜花が
展示されている。

Imgp2707これは映画撮影用
につくられたハリボテ
のレプリカで寄贈
されたものでした。

Imgp2738住友金属鹿島製鉄所へ移動。
ここは元、第721海軍航空隊
の基地で特攻のロケット機の
桜花の訓練基地でした。

Imgp2741桜公園は溶鉱炉
の部品が展示
されていました。
沖ノ鳥島の防波テトラ
なども屋外展示
されてたね....
桜花公園の
掩体壕に復元機が
展示されていました。

Imgp2764出来は復元機の方が
やはり良いでしょうかね。
ここでの訓練は
基本操作とロケット型
の機体の操作でした。

Imgp2769爆撃機に搭載して射出。
訓練では爆弾の代わり
に水を積んでスキーで
着陸する訓練だったそうです。

Imgp2748目的が特攻オンリーで
批判的な意見も多いのですが
ジェットというよりロケット推進
ではありましたが、
ロケットの基礎でした。

Imgp2771また、現在の誘導弾
(ミサイル)は無人で
コントロールする点を
考えると、その存在は重要で
あったのではと考えます。

Imgp2721特に鹿島は飛行訓練
の地であくまで
生きて帰る機体として
使われていた桜花
であるのが良かったなあ
って感じます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧