backcountry.cocolog-nifty.com > 明野チョッパー軍団

白いパジェロ

白いパジェロ

2009年の明野駐屯地の航空祭は、陸上自衛隊の航空学校
(明野、宇都宮、霞ヶ浦)という事もありまさに軍用ヘリコプターの
祭典でもあります。自転車を用意するも未明着だったので
一般駐車場にジム吉を入れる事ができたよ。
警務隊(MP)の白いパジェロが正門に入ってきたぞ!!


OH-6Dのコックピット

OH-6Dのコックピット

ペダルにしっかりカワサキの文字が入ります。
日本では観測ヘリコプターでOH-6Dカイユースですが
映画「ブラックホークダウン」ではAH-6リトルバードで
戦闘ヘリコプターになっていますね。


UH-60JA 多用途ヘリコプター

UH-60JA 多用途ヘリコプター

海上自衛隊や航空自衛隊はUH-60Jで救難ヘリコプターですが
陸上自衛隊は多用途ヘリのUH-60JAであり、
UH-1Jの後継機として主力のヘリコプターになっています。


OH-1観測ヘリコプター

OH-1観測ヘリコプター

日本のオリジナルデザインのヘリコプターで
偵察などに使われる観測ヘリです。
コブラに似たペッタンコなボディで機動性能は高い!!


OH-1のコックピット

OH-1のコックピット

OH-1のコックピットはモニターがシンプルだね。
狭いけどスイッチ類も多いこと多いこと。
偵察任務的なOH-1の愛称はニンジャ。
まさにカワサキのGPZなヘリですにゃ。


OH-1のデカ鼻

OH-1のデカ鼻

総合火力演習の最後の展示の時も
こんなに覗き込んで見学はできないからなあ。
OH-1のカメラや赤外線センサーは後部座席の上に
ある丸いアビオニクス統合システムに集中しています。


UH-60JAのコックピット

UH-60JAのコックピット

ブラックホークダウンをもう一回チェックしたくなるね。
コックピットとカーゴ部分の仕切りが無いのが良い感じ!!
救難機ではないのでカーゴ部分にM2機関銃を積めば
ガンシップになるのだなあ。でも思ったより高さが無いわ。


ブラックホーク面

ブラックホーク面

間延びしたブラックホークの顔を撮影してみるぞ。


カイユースに乗ってみよう

カイユースに乗ってみよう

OH-1Dには実際にシートに座ってみる事ができました。
ほんとにタマゴひこーきって感じだね。


UH-1Jイロコイ

UH-1Jイロコイ

イロコイの他にヒューイとも呼ばれますね。
UH-1は昔、HU-1であったためヒューイと呼んだからだけど
基本的にエンジン系はAH-1Sと同じなので
AH-1Sもヒューイコブラって呼んでましたよね。
私的にはやはりドクロマークを機首につけて
ナパームインザモーニングって言って欲しいにゃ。
そりゃ地獄の黙示録じゃ!!


AH-1Sコブラの武装

AH-1Sコブラの武装

機首下に鎮座するのはM197の3銃身20mm機関砲を装備。
富士重工の誇る機体です。


ヘルファイアの模擬弾

ヘルファイアの模擬弾

コブラは有線のTOWミサイルだが、アパッチの武装は
このロングボウヘルファイアだ。
ミリ波レーダーによる誘導弾で空対地としての
対戦車ミサイルでは長射程であるからロングボウな訳だ。
ヘルファイアの手前がスティンガーミサイルと
チェーンガンの30mm弾薬だね。


AH-64D Apache Longbow

AH-64D Apache Longbow

今回の狙いはこのアパッチくんです。


富士重工と石川島播磨重工

富士重工と石川島播磨重工

機体は富士重工が生産し
エンジンのT700-701Cは石川島播磨重工が担当しています。
基本的にこのターボシャフトエンジンはブラックホークと同じにゃー!!


AH-64D 戦闘ヘリコプター

AH-64D 戦闘ヘリコプター

映画「アパッチ」は観た事がないが、あまり
ヒットしてはないのでつまらないのだろう。
それもあって私はアパッチよりコブラのファンである。
でも実際に実機を見てみないとアカンね。
同じ攻撃ヘリではあるが、武装装備なのか
機動性能なのかの選択になるのかもしれない。


けっこう大きい機体だね

けっこう大きい機体だね

独特なジェットエンジンは双発だね。
熱追尾のミサイルに狙われないように
排気口の熱をうまいこと処理できるカタチのようです。


CH-47J輸送ヘリコプター

CH-47J輸送ヘリコプター

けろよーんにたべられちゃうー!!
このCH-47JにはKAZUSAのロゴがあり
習志野駐屯地の機体かしらね。


チヌークのコックピット

チヌークのコックピット

かなり視界の広いコックピットなんだね。
足元がスースーしちゃうよ。


ぴっかぴかマイルーム

ぴっかぴかマイルーム

けっこう広いけど当然C-1輸送機ほどではないか....
でもこれが災害派遣なんかには重要な容量なんだよね。
VTOLで輸送できる機体はチヌークが一番だもんね。


LR-1 連絡偵察機

LR-1 連絡偵察機

航空自衛隊の救難機のMU-2Sと同型の陸上自衛隊の偵察機がLR-1です。
基本は三菱重工のビジネス機のMU-2なんですけどね。
自衛隊機としてはMU-2Sが退役してしまったので
実際に飛ぶ機体は陸自のLR-1だけになっちゃったのかなあ。
でも2機も注機してましたよー!!


滑走路に駐機するアパッチ軍団

滑走路に駐機するアパッチ軍団

やはり明野駐屯地のメインの機体はアパッチロングボウだね。
中央に6機も鎮座していますぞ!!
ロングボウレーダーがついているのとついていないのが混在します。
全機が装備している訳ではないのだなあ.....


あっと驚くタメゴロー!!

あっと驚くタメゴロー!!

カラフルなOH-1が2機います!!
白赤はXOH-1であった試作初号機で黒白が2号機です。
現在はどちらもOH-1として運用されているそうですけどね。


トイレの換気じゃないのよ

トイレの換気じゃないのよ

個人的にはやはりアパッチよりコブラが好きだな。
自衛隊はアパッチを採用してスーパーコブラを採用しなかったのよね。
陸軍のアパッチ、海兵隊のスーパーコブラって感じだからにゃ。
双発のスーパーコブラは岩国でがんばってもらおう!!


アパッチダブルヘッド

アパッチダブルヘッド

チェーンガンが独特だすにゃ!!


アパッチ野弓団勢揃い!!

アパッチ野弓団勢揃い!!

なかなかこの数のアパッチが揃った場所はないかもな。


武装展示の準備中

武装展示の準備中

弾薬類の装備する実演を行いために準備中のコブラです。
シート下のスペースって20mm機関砲の弾が入っていたのか。


UH-1Jのエンジン

UH-1Jのエンジン

イロコイのエンジンのストリップです。
基本的にAH-1Sは同じエンジンだから
整備なども共通部品が多いんだろうね。


ナイトビジョンゴーグル JMX-V6-B

ナイトビジョンゴーグル JMX-V6-B

航空教室でナイトビジョンゴーグルの体験ができました。
ミニチュアを暗幕ルームで見るのですが
小さい明かりでも全部見えるのね。
肉眼では全然見えないんだけど.....
これはパッシブなので光源が全くなければ暗闇なんですけど
ヘリ装備とゴーグルでダブル装備でチョッパーは対応してるそうです。


海上保安庁のベル212

海上保安庁のベル212

海上保安庁0のBELL212(JA9684)が
展示のため牽引されてきました。
海上保安庁のナンバーであるMH684なんですが
「かみたか」の機名が書いてあります。
「シーダック1号」が第四管区に転属してきたのかな?


三重県警のアグスタA109E

三重県警のアグスタA109E

静岡県警と同じA109Eが三重県警にも配備されています。
しかしこのA109E(JA06ME)「いせ」には
かなり大きいカメラボールがついていますね。


M230チェーンガン

M230チェーンガン

30mm機関砲のM230がアパッチには装備されています。
ブローバックでジャムすると空中のヘリでは致命傷だ。
そこでモーター駆動のチェーンで装弾し、不発だろうが強制排莢する。
考え方はコブラの装備するガトリング砲と一緒だが、
チェーンガンは単砲身である。そのため
メンテナンス性も良く、軽いのがメリットのようだ。


アパッチロングボウのアローヘッド

アパッチロングボウのアローヘッド

中央に展示されているアパッチはロングボウレーダーがありません。
でもあとから県警ヘリの横にロングボウレーダーのある機体も展示されましたけどね。
もともと無いモデル(旧AH-64C)ではなく、メンテナンスで簡単にレーダーを
外せるだけなんだと思うのよね。アローヘッドと呼ばれるターレット(円筒形)の
アパッチの目になる部分をアップだじょ!!


アローヘッド上部

アローヘッド上部

ターレット部上部はパイロット用のPNVSだそうです。
暗視画像を得る事ができる訳ね。


アローヘッド下部

アローヘッド下部

ターレット部下部はコパイロットが使うTADSです。
赤外線前方監視装置FLIRがメインの装備であり
左の黒いモノで、右側が光学カメラ類かな。
測距装置なども入っているんだってさ。


アパッチのコックピット

アパッチのコックピット

コックピットにあるアローヘッドのモニターにもなるのかな。
暗視画像はモニターで表示されるようです。


M130 PAYLOAD MODULE

M130 PAYLOAD MODULE

M130 Dispenser Chaffがテールローターの側に取り付けられていました。
チャフやフレアを射出する装置です。
チャフはアルミ箔などで敵のミサイルのレーダーを攪乱させるモノで
フレアは赤外線追尾タイプのミサイルに対してマグネシウムなどを
燃焼させて放出してエンジンノズルの熱と間違えさせて機体を守る装備です。


アパッチのテールローター

アパッチのテールローター

テールローターはツインになってるのね。
四枚羽根でもツインにして角度をずらしてあります。
どうも音を小さくするためらしいのですが
それ以前のメインローターの音やターボシャフトの
ジェットエンジン音の方が大きいんじゃないか?


明野の滑走路を利用するグライダー

明野の滑走路を利用するグライダー

牽引で離陸するグライダーも展示されていました。


XOH-1初号機

XOH-1初号機

川崎重工の初号機って基本敵に白地に赤ラインだね。
現在はOH-1になってるみたいだけどね。


創立記念式典の自衛官

創立記念式典の自衛官

ミネベア製のSIGザウエルのマガジンは抜いてあるのね。


XOH-1 2号機

XOH-1 2号機

同じくOH-1の開発機の2号機です。
魚でいうとアイナメっぽいなあ.....


式典の男達

式典の男達

むんむんです。


ちょっと恐い顔のSPさん

ちょっと恐い顔のSPさん

記念式典には国会議員さんが数名参加されています。
そのため要人警護のセキュリティポリスが
四人ほど配されガッチリとガードしています。


仁王立ちのSPあんどWAC

仁王立ちのSPあんどWAC

SPさんは仁王立ちだけど、案内やプログラムの進行で
大忙しのWAC(陸上自衛隊女性隊員)もがんばりましゅ!!


国旗掲揚中につき

国旗掲揚中につき

航空自衛隊の航空祭は記念式典の要素が無いからか
こういう記念式典らしい風景は見ないけど
陸上自衛隊は総火演でもそうでしたが、
国歌が流れ国旗掲揚する時は起立が基本でやんす。


アパッチをバックに指揮

アパッチをバックに指揮

音楽隊もがんばるのじゃっ!!


パジェロのカブリオレ

パジェロのカブリオレ

三菱ジープが無いならこういうタイプで市販車も出せばいいのにね。
以前は73式小型トラックと呼んだが、最近は1/2tトラックとなったようだ。
73式ってジープもパジェロも73式だったんだよね。


飛翔準備のチョッパー

飛翔準備のチョッパー

祝賀編隊飛行のため離陸準備だぞ!!
増槽付きのアパッチもいいね。


上下に接近して

上下に接近して

XOH-1の2機も仲良く離陸したぞ!!


コブラも上下二段

コブラも上下二段

メインローターを接触させないのが技です。


レッツゴーアパッチ

レッツゴーアパッチ

日本の誇る最新装備は主賓席の真ん前なんです!!


5機デルタのAH-64D

5機デルタのAH-64D

6機のAH-64Dが滑走路にいたと思うんだけどな....


チョッパー大軍団

チョッパー大軍団

離陸したヘリコプターが編隊を組んで接近中だ。
ちゅうか、なんか蠅みたいだよな。
27機いるのかな???


アパッチ族の戦闘フォーメーション

アパッチ族の戦闘フォーメーション

3連部分をパシャっとな!!


アクロバットチーム明野レインボー

アクロバットチーム明野レインボー

明野レインボーは祝賀編隊飛行後に機動飛行へ移行します。


コブラのダイヤモンド隊形

コブラのダイヤモンド隊形

観測ヘリになんかに負けてはおれんぞ!!
男はやっぱり対戦車ヘリだぜ!!


イロコイ&アパッチ

イロコイ&アパッチ

ベトナム戦争のイロコイと湾岸戦争のアパッチ。
それぞれの時代の精鋭ヘリコプターです。


空飛ぶアパッチ

空飛ぶアパッチ

ロングボウレーダーを外した機体で
増槽タンクを装備していますね。


XOH-1も大編隊から帰還

XOH-1も大編隊から帰還

明野レインボーを残してパレード飛行部隊はお帰りです。


格納庫へタキシングの初号機

格納庫へタキシングの初号機

XOH-1は明野の前には岐阜基地の開発実験団に配備されていたんだって。
まあ川崎重工の各務原工場直結ですからね。


2号機も行きますゾ

2号機も行きますゾ

川崎重工の機体ではありますが
エンジンは三菱重工のTSI-M-10ですけどね。


量産型OH-1も忘れないで

量産型OH-1も忘れないで

タキシングのお約束のお手ふりサービス?
中指は立てちゃダメよ。


ブラックホークも帰還だよ

ブラックホークも帰還だよ

モガディシオマイレージはつきません。


AN/APG-78ロングボウレーダー

AN/APG-78ロングボウレーダー

AH-64DはAN/APG-78ロングボウレーダーで補
足し照準した敵に対してヘルファイヤを誘導します。
360度で探査できるミリ波を利用したレーダーで
メインローター上部の禅寺の座かまみたいなのが
ロングボウレーダーだ。


AH-1Sの機動飛行

AH-1Sの機動飛行

対戦車ヘリのコブラの機動飛行は総火演より
航空祭の方が激しいみたいだね。
まあ、総火演は火器の実弾射撃がメインだからなあ。


垂直志向

垂直志向

コブラの軽さと薄さがやはりアクロな機動を可能にするのだなあ。


明野レインボーの演技

明野レインボーの演技

カイユースの密着隊形が見どころよ。
ローターがあるヘリコプターだけど
小回りのきくちっちゃいOH-6だから可能なのかも。


OH-1の機動飛行

OH-1の機動飛行

やはりアクロバットの王道はOH-1の偵察飛行のもんです!!


あらよっと!!

あらよっと!!

OH-1改ではAH-64Dとデータリンクの開発が進むのかな?


うすうすくん

うすうすくん

この薄さがアクロバットの命だね。
日本の誇る機動性bバツグンの国産ヘリなんだす!!
しかも未だに消失機がない安全性も高いOH-1だべ!!


観測ヘリだけど攻撃ヘリ化しなきゃ

観測ヘリだけど攻撃ヘリ化しなきゃ

自衛用にミサイルを装備する事が可能だけど
攻撃ヘリとしての運用を進めなかったがもったいないね。
まあ国産の値段が高めってのはあるのだろうけど
自衛隊の保有するヘリでの機動飛行ではピカイチなんだからさ。


おさかなくわえたドラネコ

おさかなくわえたドラネコ

この薄さが魚っぽいのよね。
AH-1Sはカワハギ、OH-1はアイナメ、AH-64Dはオコゼってとこかな。


宙返りもドントコイ

宙返りもドントコイ

映画「ブルーサンダー」を思い出すね。
無音モードが無いけどね。


リトルバードじゃないけれど

リトルバードじゃないけれど

映画「ブラックホークダウン」では
AH-6リトルバードもミニガンで支援しますが
その攻撃の基本はこの隊形ですよね。
ソロでなくチームでアタックするのがチカラなのだな。


散開!!

散開!!

ワンラインから散開してダイヤモンド隊形へ!!


OH-6Dが大空をかけめぐる

OH-6Dが大空をかけめぐる

カイユースもリトルバード化すればいいのにね。
アパッチを大量に買うより安くない?
まあカイユースより愛称は500MDのディフェンダーの方が好きだな。
明野レインボーは今回はOH-6Dの4機と
AH-1S、OH-1、AH-64Dの各1機の編成でした。


ラストはアパッチの機動だ!!

ラストはアパッチの機動だ!!

蜂の巣のハイドラ70ロケットランチャーも
ヘルファイアも空だけど機動飛行を見せつけるぜ!!


ロングボウレーダー付きで重そうね

ロングボウレーダー付きで重そうね

オコゼフォルムのアパッチロングボウ。
装備が多くて機体も太めだね。
あくまで攻撃重視って事だにゃ。


アパッチが正面から攻めてくるぞ

アパッチが正面から攻めてくるぞ

前からみるとランチャーからレーダーと
ゴテゴテとデコレーションケーキだね。


アパッチのおなか

アパッチのおなか

攻撃ヘリは高性能の電子装置と武装に包まれています。
だからAH-1Sのような身軽な機動より
なるべく敵に接近せずにレーダー探索を駆使して
ミサイルをぶち込むって作戦なんだろね。


ロングボウには睨まれたくないっ!!

ロングボウには睨まれたくないっ!!

でも、先週のF-15Jが2機も買える値段もするのが信じられないね。
高すぎだよアパッチ野郎ってば!!


オニオコゼ? それともアナハゼ?

オニオコゼ? それともアナハゼ?

あまり急角度にはできないようです。


旋回アパッチ

旋回アパッチ

「R.P.G.!!」って感じかな。


もの足らなかったアパッチ機動

もの足らなかったアパッチ機動

アパッチも本当の機動性能を隠してるかもしれないけどね。


カイユースも降りてきたよ

カイユースも降りてきたよ

たまごころころろん!


明野レインボーのご挨拶

明野レインボーのご挨拶

OH-6Dの編隊飛行とソロのそれぞれの機動飛行!!
おつかれさまでーす!!


格納庫へもどるぜ!!

格納庫へもどるぜ!!

戦闘ヘリにかける富士重工の野望は!?
結果的には現時点で13機の導入で発注停止となっているとか....


CH-47J 輸送ヘリコプター

CH-47J 輸送ヘリコプター

機首にコアラの鼻のようなレーダーが無いから
CH-47JAでなくCH-47Jかな。


ライトアーマーを繋げ!!

ライトアーマーを繋げ!!

アクロバット飛行のあとは模擬戦の準備を開始しています。
小松製作所製の軽装甲機動車LAVをチヌークで吊るために
ベルトをかけています。でもライトアーマーとはいえ、
けっこう重量あるよね.....ベルトがもつのか?


UH-1JからKLX登場

UH-1JからKLX登場

偵察用オートバイはすっかりホンダからカワサキへ変更されたなあ。
まずは偵察に入るためイロコイでKLXを輸送だぞ。


KLXから射撃!!

KLXから射撃!!

当然、実弾は使いません。
スピーカーを準備してあるんですよ。


ブラッホークからはラペリング

ブラッホークからはラペリング

UH-60JAから懸垂下降で現地入りです。


模擬戦の戦場へ

模擬戦の戦場へ

チヌークが模擬戦の滑走路戦場へ装備をどんどん輸送します。
LAVを吊り下げているのがCH-47Jで
その向こうの機体が燃料タンクを大きくしたCH-47JAです。


カーゴからジープ登場

カーゴからジープ登場

こちらのチヌークからは三菱のジープが出てきたぞ!!


ラットパトロール

ラットパトロール

M2機関銃か無反動砲くらい搭載してて欲しかったな。


歩きながら撃て!!

歩きながら撃て!!

漫画「岸和田博士の科学的愛情」のように、
もし都市型迷彩だったら
テロ対策撃ちって感じやね。


ちょっとモモンガぽくない?

ちょっとモモンガぽくない?

このバンクならかなり上から見た感じになります。
CH-47JAはタンクが大きくなり横のでっぱりが広いから
なんかモモンガが滑空してるようにも見えるね。


左に見えるのがスピーカーだろっ!!

左に見えるのがスピーカーだろっ!!

音響効果は抜群のドルビー臨場感?


兵隊さんを回収しましゅ

兵隊さんを回収しましゅ

ミッションコンプリート!!
ロープを垂らして宙づりのまま大急ぎで現場を撤収!!


あらあらかしこ

あらあらかしこ

小松航空祭の前日に見かけたおねーちゃんが
明野にも来てました。うん、立派だっ!!
落下傘ザックがポイントだね。


武装展示中

武装展示中

AH-1Sの武装展示は大混雑。
こりゃアカンわ。
20mmの弾薬をセットしてます。


スーパージャンボコブラ

スーパージャンボコブラ

カラテカさんには楽しいみたいな格闘展示が見たかったけど
食事も混雑してたので帰路につきました。
でも、ここの食事や売店テントはメインは自衛隊の方々の
運営だったので、どこでもいるような出店とは違って
懐かしい感じだね。子供たちの楽しむ滑り台はしっかり
コブラとチヌークに似せて造られています。
こりゃレンタルではなく明野学校の特注モノなのかな。