backcountry.cocolog-nifty.com > 西国夏色水鏡 2007

Nomad 進水式

Nomad 進水式

播磨灘 鳴門海峡 島田島 室  2007年8月11日 (土)

FEELFREE製のシットオントップ艇であるノマドの進水式。
水上での乗り降りも簡単です!!


メバル

メバル

播磨灘 鳴門海峡 島田島 室  2007年8月11日 (土)

鳴門海峡に面する湾でも急潮流で素潜りしても流されやすいの。
濁りが入って視界が悪いですがメバルやベラが多いです。


オワンクラゲ

オワンクラゲ

播磨灘 鳴門海峡 島田島 室  2007年8月11日 (土)

クラゲも高速で流されてきて刺されちゃいました。
写真のクラゲはオワンクラゲです。


鳴門の渦潮

鳴門の渦潮

播磨灘 鳴門海峡  2007年8月11日 (土)

大型観潮船「わんだーなると」で渦潮見学。
大潮の南流(干潮)の最速時のタイミングでした。


鳴門の渦潮 飛島

鳴門の渦潮 飛島

播磨灘 鳴門海峡  2007年8月11日 (土)

淡路島側のうずしおクルーズ船の「咸臨丸」も登場 !!
飛島の前の小型船は水中観潮船「アクアエディ」です。


松尾のアコウ大樹

松尾のアコウ大樹

足摺岬 お月灘 松尾漁港  2007年8月12日 (日)

アコウの大木が漁村の裏で静かに木陰を提供してくれます


松尾漁港スロープ

松尾漁港スロープ

足摺岬 お月灘 松尾漁港  2007年8月12日 (日)

南東風で時化気味の黒潮ウォーターフロントのため風裏の
足摺半島でも南西に位置する松尾漁港で泳いでみました。


キタマクラ

キタマクラ

足摺岬 お月灘 松尾漁港  2007年8月12日 (日)

餌とりで悪名高いキタマクラ。
悠々と泳ぐのも皮膚が猛毒の小型フグだからだね。


タテジマキンチャクダイとノコギリダイ

タテジマキンチャクダイとノコギリダイ

足摺岬 お月灘 松尾漁港  2007年8月12日 (日)

ぴったり寄り添う二人だけど種類が違い過ぎない?
青い派手なのはタテジマキンチャクダイの幼魚。
幼魚と成魚で色も模様も全く異なります。
模様が渦巻き状なのでウズマキとも呼ばれるみたい。


コバンヒメジ

コバンヒメジ

足摺岬 お月灘 松尾漁港  2007年8月12日 (日)

ヒメジの仲間でヒゲがありますね。


キュウセンとチョウチョウウオ

キュウセンとチョウチョウウオ

足摺岬 お月灘 松尾漁港  2007年8月12日 (日)

堤防内でも外海と繋がる潮通しの良い場所は魚も多い


ソラスズメダイ

ソラスズメダイ

足摺岬 お月灘 松尾漁港  2007年8月12日 (日)

コバルトブルーで南海の象徴的な小魚だね。


港の洞窟

港の洞窟

足摺岬 お月灘 松尾漁港  2007年8月12日 (日)

松尾漁港の奥にある洞窟は浅くて濁りとゴミが多いの。


アオリイカの卵嚢

アオリイカの卵嚢

足摺岬 お月灘 松尾漁港  2007年8月12日 (日)

古タイヤの中に産みつけられた卵嚢がふわりふわり。


松尾漁港全景

松尾漁港全景

足摺岬 お月灘 松尾漁港  2007年8月12日 (日)

港内は静かだけど少し泳ぎ出るとテトラに叩きつけられそうだわ。
右奥が洞窟になっています。


シットオントップで川遊び

シットオントップで川遊び

土佐 四万十川 江川崎  2007年8月12日 (日)

四万十川の瀬くらいならシットオントップで十分です。
しかも沈脱してもそのまま再乗艇できちゃうの。


ホンモロコ

ホンモロコ

土佐 四万十川 江川崎  2007年8月12日 (日)

モロコの稚魚が泳ぐとわんさか寄ってきます。
かきあげた藻を食べにくるんですよね。


ホンモロコ

ホンモロコ

土佐 四万十川 江川崎  2007年8月12日 (日)

ホンモロコのアップ写真でも。


四万十川屋形船

四万十川屋形船

土佐 四万十川 江川崎  2007年8月12日 (日)

江川崎はカヤックツアーのスタート地点でもあります。
観光遊覧船の屋形船も遡上したりして交通量は多いね。


ヌマチチブ

ヌマチチブ

土佐 四万十川 江川崎  2007年8月12日 (日)

ゴリやドンコの仲間も多いですね。
淡水のハゼで胸の吸盤で急流でも固定しっかり!!


ヌマチチブ

ヌマチチブ

土佐 四万十川 江川崎  2007年8月12日 (日)

ちょっと大きめのヌマチチブが石の奥に隠れます。


ヌマチチブ

ヌマチチブ

土佐 四万十川 江川崎  2007年8月12日 (日)

ぽよーんとぼけぼけしています。


川えび

川えび

土佐 四万十川 江川崎  2007年8月12日 (日)

ほとんどの石をめくると川えびがいます。
ちょっと手が長いから手長えびだけど小さいなあ。


川えび

川えび

土佐 四万十川 江川崎  2007年8月12日 (日)

田舎の川だと大きくて手の長いのがいたけどなあ。
川の中には鰻の仕掛けも多くて漁で大きいのは少なくなってるね。


船折瀬戸と鶏小島

船折瀬戸と鶏小島

芸予諸島 伯方島 船折瀬戸  2007年8月13日 (月)

潮流展望デッキやキャンプ場のある小さい浜から激流パドリング!!
300mの狭い水道と伯方・大島大橋です。


キャンプ場下の砂浜

キャンプ場下の砂浜

芸予諸島 伯方島 船折瀬戸  2007年8月13日 (月)

満潮いっぱいの潮止まりから徐々に潮は激しくなります。


鶏小島

鶏小島

芸予諸島 伯方島 船折瀬戸  2007年8月13日 (月)

カヤックレイドで鶏小島へ上陸です。船折瀬戸の引き潮の本流は西へ流れます。
しかし伯方島と鶏小島の間は反流で巻いており東へ流れ本流に合流しています。


船折瀬戸の遊覧船

船折瀬戸の遊覧船

芸予諸島 伯方島 船折瀬戸  2007年8月13日 (月)

ライフジャケット全員装着の遊覧船が定期的にやってきます。


鶏小島

鶏小島

芸予諸島 伯方島 船折瀬戸  2007年8月13日 (月)

HIDEさんも鶏小島に上陸アタックです。
このあと泳ぎで渡るチームの伴走なども行いました。
帰路で流される人がいてカヤックで牽引作業も!! 危険ですよ。


船折瀬戸パドリング

船折瀬戸パドリング

芸予諸島 伯方島 船折瀬戸  2007年8月13日 (月)

船を折るほどの瀬戸の引き潮がかなり厳しくなってきた。
HIDEさんナイスコントロール!!


メイチダイ

メイチダイ

山陰石見 益田 西小浜  2007年8月14日 (火)

カヤックからフンの長いタイに似た魚が釣れたよ。
マダイの幼魚は唐揚げサイズ。


タカノハダイ

タカノハダイ

山陰石見 益田 西小浜  2007年8月14日 (火)

山陰の海にもコイツが!! でもそんなに多くなかったです。


コッパグレ

コッパグレ

山陰石見 益田 西小浜  2007年8月14日 (火)

べた凪の日本海で透明度が高いのがグッド!!
海草が多い場所は魚も元気だね。


イシダイとムラサキウニ

イシダイとムラサキウニ

山陰石見 益田 西小浜  2007年8月14日 (火)

縞がまだはっきり残る幼魚ですが磯焼けの場所でも元気だね。
小浜港に近い場所は昔に比べると本当に礒焼けが激しいです。


イシダイとグレ

イシダイとグレ

山陰石見 益田 西小浜  2007年8月14日 (火)

中型のグレ軍団と底モノの王様のイシダイで礒らしい景色だね。


アナハゼ

アナハゼ

山陰石見 益田 西小浜  2007年8月14日 (火)

ウニの森のアナハゼくん。
でもアワビやサザエは見かけないなあ。


カゴカキダイ

カゴカキダイ

山陰石見 益田 西小浜  2007年8月14日 (火)

チョウチョウウオの仲間ではないのだけど良くみかけるヤツらだよね。


イシダイ

イシダイ

山陰石見 益田 西小浜  2007年8月14日 (火)

まだ若いけど深めな場所でゆったり安心して泳ぐ君に首ったけ?


マアジ

マアジ

山陰石見 益田 西小浜  2007年8月14日 (火)

アジの群れがわんさか泳いでる!!
フィッシュイーターいらっしゃーい!!


ハコフグ

ハコフグ

山陰石見 益田 西小浜  2007年8月14日 (火)

のんびり泳ぐ姿がカワイイの。ヤスで突くとコンと跳ねるんだよね。


オオナガレカンザシ

オオナガレカンザシ

山陰石見 益田 西小浜  2007年8月14日 (火)

ウミシダではなく多毛類というカンザシゴカイの仲間です。
中心の赤いのは胸膜で石灰質の分泌腺です。


イソギンポ

イソギンポ

山陰石見 益田 西小浜  2007年8月14日 (火)

岩の上をじっくり食べ歩いているイソギンポ。


ゴンズイ玉

ゴンズイ玉

山陰石見 益田 西小浜  2007年8月14日 (火)

毒を持つゴンズイは小さいものは玉のように固まりで生活します。


西小浜の礒

西小浜の礒

山陰石見 益田 西小浜  2007年8月14日 (火)

ゴロタ浜の小さいプライベートビーチでカヤックを置いて素潜りだ。


小浜漁港の浜

小浜漁港の浜

山陰石見 益田 小浜漁港  2007年8月14日 (火)

夕暮れの小浜から益田市街地方面を眺めます。


唐揚げになる魚たち

唐揚げになる魚たち

山陰益田  2007年8月14日 (火)

ボッコ(カサゴ)、チャリコ、メイチダイも獲物はみーんな唐揚げ。


黒崎鼻からの鐘ノ岬と地島

黒崎鼻からの鐘ノ岬と地島

玄海灘 響灘 宗像鐘崎  2007年8月17日 (金)

玄海灘と響灘の境にある地島(じのしま)へカヤックレイドだ!!


鐘崎からの地島と大島

鐘崎からの地島と大島

玄海灘 響灘 宗像鐘崎  2007年8月17日 (金)

大島までは約7km、地島までは約2kmの距離があります。
鐘崎~地島~大島のラインが響灘の西端になるのです。
ちなみ響灘の東端は島根県の浜田付近になります。


鐘ノ岬沖

鐘ノ岬沖

玄海灘 響灘 宗像鐘崎 地島  2007年8月17日 (金)

鐘崎港の端っこから出航し地島へ!!
中間部分で潮が若干速いですがよれる程ではありません。


地島沖

地島沖

玄海灘 響灘 宗像鐘崎 地島  2007年8月17日 (金)

水深はそんなに深くないかなあ?
ベイトフィッシュもたっぷりだけど盆過ぎなのでウリクラゲとアンドンクラゲの軍団が!!


地島上陸

地島上陸

玄海灘 響灘 宗像鐘崎 地島  2007年8月17日 (金)

バッカン海兵隊が地島のゴロタ浜に上陸だっ!!
対岸の鐘崎の裏山は湯川山(471m)です。


地島の廃墟

地島の廃墟

玄海灘 響灘 宗像鐘崎 地島  2007年8月17日 (金)

地島は泊漁港(南西側)と豊岡漁港(西側)だけが集落で東側は未開の地です。
南東にはコンクリの廃墟が残るだけです。


ハナアイゴ

ハナアイゴ

玄海灘 響灘 宗像鐘崎 地島  2007年8月17日 (金)

沿岸部分はクラゲがいなかったので素潜ってみました。
昆布な林も残り40cmくらいのアイゴもいますね。


ハナアイゴとコッパグレ

ハナアイゴとコッパグレ

玄海灘 響灘 宗像鐘崎 地島  2007年8月17日 (金)

さすがに離島だね。魚影は濃いのです。
じっくり釣りをしに来たいなあ。


ハナアイゴ

ハナアイゴ

玄海灘 響灘 宗像鐘崎 地島  2007年8月17日 (金)

まあアイゴは毒もあるので別の魚を狙いたいけどね。


キュウセン

キュウセン

玄海灘 響灘 宗像鐘崎 地島  2007年8月17日 (金)

もちろんキュウセンもうじゃうじゃです。


ヘビギンポ

ヘビギンポ

玄海灘 響灘 宗像鐘崎 地島  2007年8月17日 (金)

婚姻色の雄のヘビギンポは2本の白帯びが出ます。


カワハギ

カワハギ

玄海灘 響灘 宗像鐘崎 地島  2007年8月17日 (金)

ちょっと小さいヤツですけどね。


イシダイ

イシダイ

玄海灘 響灘 宗像鐘崎 地島  2007年8月17日 (金)

幼魚のイシダイでまだシマダイレベルだね。


鐘ノ岬

鐘ノ岬

玄海灘 響灘 宗像鐘崎 鐘ノ岬  2007年8月17日 (金)

鐘崎の先端部分である鐘ノ岬では男性の海女さんが漁をしていました。


海女漁

海女漁

玄海灘 響灘 宗像鐘崎 鐘ノ岬  2007年8月17日 (金)

奥さんが操船しながら船をコントロール。
潜水からオジサンが上がります。


漁船と地島

漁船と地島

玄海灘 響灘 宗像鐘崎 鐘ノ岬  2007年8月17日 (金)

宗像は海上交通の宗像三姫神のおさめる地です。
漁船も女神様に守られてるんだろうなあ。