さて、何が世界一なのでしょう?