backcountry.cocolog-nifty.com > 飛行開発実験団祭

2010年岐阜基地航空祭

2010年岐阜基地航空祭

XC-2の展示は初めてかな?
天気が悪くて撮影にはよくないけど、展示メインで
各務原の岐阜基地の航空祭に来てみました。


XC-2展示

XC-2展示

STOLの国産C-1が耐用飛行時間で退役を迎えるため
C-Xとして開発をしてきたXC-2が試験飛行を現在
実施しています。今回は飛行展示はないのですが
地上展示だけはしてくれました。


川崎重工業の国産2代目貨物機

川崎重工業の国産2代目貨物機

C-1の最大積載量は8トン。
このXC-2は37.6トンと大幅アップしています。
また航続距離も空で10,000kmで37トンで5,600kmです。
C-1だと空で2,400kmで8トンで1,500kmなので
その貨物機としての性能差は大きいですね。
ちなみに6枚羽根のC-130Jだと最大積載21トンで航続距離4,500kmです。


所有は技術研究本部

所有は技術研究本部

まだ実験中のXC-2です。


陸自からの展示機

陸自からの展示機

開発実験団は自前の機体が多いため他基地からの
展示機はほとんど無いのよ。
E-2Cは三沢から来てたけどね。


整備開始したUH-60J

整備開始したUH-60J

早朝飛行から戻ってきたブラックホークが
展示ポイントで整備開始だ。
おでこが開くのは初めて見たなあ。


ブラックホークのオデコスライド

ブラックホークのオデコスライド


鼻っぱしらもオープン

鼻っぱしらもオープン

レーダーや暗視システムの中はこんなになってるのね。
自動車のボンネットみたいだわ。


T-2CCV

T-2CCV

FSX開発に先立ってT-2をベースにカナード翼を付けた
CCV(Control Configured Vehicle)運動能力向上機です。
今回、この機体の展示とXC-2の展示があったので
天気が悪くても航空祭に来てみました。


フライバイワイヤシステム

フライバイワイヤシステム

三菱デジタルフライバイワイヤシステムによる制御も研究された。
FSXがF-16を基本としたF-2となったため成果は薄れたが
F-16のFBWソースコードを米国から供与を拒否されたため
三菱のシステムがF-2に生きる事になる。


カナード翼

カナード翼

水平に2枚、垂直に1枚、カナード翼が追加されていますね。
しっかり開発実験団のマークが入っています。


F-15展示機も開発実験団の自前

F-15展示機も開発実験団の自前


イーグルサムかよ?

イーグルサムかよ?


F-2で装備品展示

F-2で装備品展示

左のは三沢にもあった93式空対艦誘導弾ASM-2です。
ターボジェットエンジン推進で慣性装置、電波高度計と
赤外線画像誘導装置で海面低空で狙います。
右翼側にあるのは91式爆弾用誘導装置GCS-1です。
500ポンド普通爆弾に装着する目標が放射する赤外線に
向かって誘導するタイプです。


04式空対空誘導弾AAM-5

04式空対空誘導弾AAM-5

推進装置後部に操舵翼を駆動させ、推進力偏向装置
(Thrust Vector Control)で装備しておりAAM-3より
進化している国産ミサイルです。


空対空小型標的

空対空小型標的

赤外線誘導の空対空ミサイル射撃訓練に使用する
川崎重工の非回収型の標的です。
頭の制御通信部にはGPSアンテナもあって
主翼にはフレア取付もできるようです。


CF-6 90C2K1F ターボファンエンジン

CF-6 90C2K1F ターボファンエンジン

基本はE-767 AWACSと同じ型のエンジンですが
バージョンは新しいものだそうです。
ジェネラルエレクトリック社製で
これが守屋事務次官の談合事件の中心的エンジンでもある。


F-2おしりはF110-IHI-129

F-2おしりはF110-IHI-129

F-4、F-15、F-2のエンジン単体も
全てころがっていますゾ。


空の勝利は技術にあり

空の勝利は技術にあり

飛行開発実験団のF-2にはしっかりこう書かれているのネ。


XC-2マン登場

XC-2マン登場

尾翼のディティールもさすがです。


自衛官の方もがんばるなあ!!

自衛官の方もがんばるなあ!!


ファントムタキシング

ファントムタキシング

オープニングフライト開始だぜ!!


オープニングフライト

オープニングフライト

実験機体を保有する開発実験団のある岐阜基地です。
他の基地から呼ぶ必要はなく岐阜基地から離陸していきます!!
オープニングからしっかり機動飛行を見せてくれるのが
テストパイロットたちのプライド、いやライトスタッフです!!
まさに米軍のエドワード空軍基地と同じ自衛隊の基地なのだ!!


マジック!!

マジック!!

小松のT-4とF-15の機動もびっくりしたけど、
これはマジックに近い世界です。
T-7のターボプロップの初等練習機の後ろに
F-2とF-15が極低速でデルタ編隊で低空ローパスです!!
プロペラ機まで速度を落として失速寸前だろうにっ!!
全開のT-7はまっすぐですが、F-2とF-15は傾斜を
余儀なくされています。鬼ですテストパイロット!!


だんだん観客が増えてきたゾ

だんだん観客が増えてきたゾ

シャトルバス組が入ってきて狭い会場が
どんどん人に埋まっていきます。


あら一年ぶりだね

あら一年ぶりだね

東海周辺の基地祭に現れるねーちゃんも
背中のリュックが少しデザインがかわったね。
前の方がホンモノぽくてよかったかなあ。


着陸タキシングのT-7

着陸タキシングのT-7

F-15相手に良くがんばりました!!


開発実験団のT-4

開発実験団のT-4


F-2A&F-2Bもお帰りなさい!!

F-2A&F-2Bもお帰りなさい!!


開発カラーが岐阜らしいの

開発カラーが岐阜らしいの

動きが観察しやすい派手カラーなのよね。


テレメーター計測車

テレメーター計測車

遠隔測定、遠隔操作、遠隔制御を行う訳やね。
パラボラでテレメーター台地とかだと衛星との通信だよね。
テスト飛行実験には必要って事かあ。


XC-2も曇り空の下

XC-2も曇り空の下


C-130Hの機動飛行

C-130Hの機動飛行

地上展示ばかりのC-130Hですが実は小牧基地の貨物部隊は岐阜基地の
配下にあり、サマワカラーのC-130Hも今回は機動飛行を披露してくれました。
岩国海兵隊基地でしか見てないから自衛隊では珍しいですね。


ローパスで滑走路目視チェック

ローパスで滑走路目視チェック

実は特殊な着陸を披露してくれるんです。


不整地着陸のハーキュリーズ

不整地着陸のハーキュリーズ

タッチダウンの撮影ができませんでしたが、
アスファルト上の滑走路にいないでしょ?
実は未舗装の荒れ地着陸の展示です。
圧力をかけて整地した草原で小石が多くある状態での
着陸がC-130Hの得意とする環境です。
目視での着陸になり、失速ギリギリの低速で
短距離での着陸が必要です。また滑走路幅が
アスファルトの1/3程度で精度がかなり要求されます。
草を巻き上げ着陸し、通常の滑走路に泥をあげないように
このまま基地祭が終わるまで動けません。(笑)


異機種大編隊で離陸開始!!

異機種大編隊で離陸開始!!


ペアで離陸なんて当たり前

ペアで離陸なんて当たり前

F-4もF-15もF-2もそれぞれテストパイロットの意地にかけて
機動飛行を披露してくれるので、練習部隊の技の比ではないですね。
しかもF-2は他の基地で展示するときより、ホームベースだと
思いっきりやれるってのもあるみたい。


岐阜祭名物異機種大編隊

岐阜祭名物異機種大編隊

C-1の初号機を先頭に
T-4、F-2、F-4、F-15が編隊を組みます!!


2順目はデルタ隊形!!

2順目はデルタ隊形!!

C-1などの大型機の後ろはすごい乱気流になるため
背後につくのはかなり難しいのだそうだ。
そう思うと空中給油ってけっこう離れてはいるよなあ。


最後は3Dのピラミッド隊形だね

最後は3Dのピラミッド隊形だね

アナウンスのおねーさんは新型隊形なので
ブルーインパルスは真似しないでねって言ってました。(笑)


C-1の機動飛行

C-1の機動飛行

C-1の初号機は銀色で計測のピトー管も装備していますね。
なんとカーゴを開いてローパスです。
荷物を投下するデモです。


お尻の穴は見ないで....

お尻の穴は見ないで....


XC-2の上空のC-1初号機

XC-2の上空のC-1初号機


背中をみせてターンじゃ

背中をみせてターンじゃ


F-4機で機動!!

F-4機で機動!!

開発実験団で持っている3機のファントムは外観は一緒ですが
テスト用でそれぞれ中身が改造されてそれぞれ違うんだって。
ファントム3機が機動を見せてくれるのはなかなか無いですもんね。
百里から来る機体ではローパスがメインですが
テストパイロットはF-2の動きだって腕でできるぜって
アナウンスのおねえさんに言わせたりしてますの!!


まさにファントムオブパラダイス

まさにファントムオブパラダイス


F-15もテスト機で!!

F-15もテスト機で!!


90度バンクでターンするよーん

90度バンクでターンするよーん

これが伝説のC-1マキシマム。
まあ普通の貨物輸送ではこんなことはしないだろうけど
テストパイロットでは限界まで必須ですからね。


帰ってきたC-1初号機

帰ってきたC-1初号機


XC-2の前足

XC-2の前足


C-1フルフラップ

C-1フルフラップ


XC-2とC-1

XC-2とC-1


テレビ局も取材にきてるね

テレビ局も取材にきてるね