backcountry.cocolog-nifty.com > 東栄東薗目花祭り

地固め 剣

地固め 剣

奥三河東栄町の花祭りは鎌倉室町時代の修験道、
山伏による神事に始まる
国の重要無形民俗文化財の祭りです。
地固めの舞で始まります。
これは二人で刀を持って剣の舞です。


老人憩の家東薗目荘

老人憩の家東薗目荘

東栄町の東端に位置する東薗目の花祭り。
会場は東薗目荘で夕方から翌日の朝まで行われます。
八百万の神を呼び、舞庭で朝まで舞い続け
神様たちが帰るまでノンストップな舞中心とした
祭りなのです。


地固め 一の舞

地固め 一の舞

榊を両手に持ってソロで舞う一の舞です。
ゆるやかな動きから急にはね上げる仕種が独特です。


一の舞のバサバサ

一の舞のバサバサ

一の舞のラストは
周囲の人を榊でバサバサと叩くのです。
マイルドにやられましたが、
過激に力一杯にやられる地区もあるとか。
これで厄を払ってもらえるかな?


長丁場のお食事も

長丁場のお食事も

五幣餅におでんを頂きます。
おでんの具材は家の畑からとの事でした。
やわらかジューシーなおでんくんでした!!
日本酒はお祭りって事で自由に
飲んでくださいって感じです。


地固め 山割り

地固め 山割り

子鬼の登場です。
元気なおんな鋸が足を後ろに蹴り上げながら踊ります。
まさかりをクルクルっと投げるのも見せ場です。


子鬼がまわる

子鬼がまわる

子鬼が徐々に増えてきます。


子鬼の舞

子鬼の舞

山割りの子鬼の舞が続きます。
流行りモノの「そんなの関係ねぇ」の
アクションまで織りまぜたりね。


鬼のアニキも登場だ

鬼のアニキも登場だ

ちょっと疲れやすくて「ちょっと休ませて」的な
パントマイムな演技もほのぼのしてます。
実際にかなり蒸れて暑いのでしょう。
横で扇でクールダウンのフォローが必要です。


ビシっと決めるぜ

ビシっと決めるぜ

太鼓に合わせ「てーほへてほへ」の掛け声。
ピョコンピョコンと跳ねる鬼の舞です。


山見鬼登場

山見鬼登場

山割りのクライマックス。
親玉の山見鬼が登場です。
コミカルな動きはもちろん無しで親玉の貫祿です。
まずはなぎなたをドスンと構えます。


圧巻山見鬼

圧巻山見鬼

まさかりに持ち替えて舞う山見鬼。
かっこいい造形です。


花の舞 盆の手

花の舞 盆の手

花の舞は子供達がメインの舞です。
小学生以下と小学生で大きくわかれてるかな。
扇の手はちびちゃんたちで
小学生組は盆の手で舞っています。
ちょっと演技を飛ばしたようでにんまりあちゃーって感じ。


花の舞 盆の手

花の舞 盆の手

盆は小さいお盆と鈴を持って舞います。


花の舞 舞い上げ

花の舞 舞い上げ

小学生以下のちびっこたちの扇の手。
花の舞の最初は舞いお下ろしと呼んで
花笠は手で持っていたのですが、
舞い上げでは頭にかぶっています。


志多ら舞

志多ら舞

東薗目が他の地区と大きく異なるのは
和太鼓の邦楽集団「志多ら」の地元であり
そのプロフェッショナルな舞も披露される事なのです。
ちなみに町内11箇所のそれぞれの花祭りは
11月から3月の間でそれぞれの場所で行われます。


大盛り上がりでキメっ!!

大盛り上がりでキメっ!!

躍動感のある太鼓のリズムと
シンクロしてビシっときまる舞。
まさにプロの技です!!


三つ舞 扇の手

三つ舞 扇の手

もう深夜0時を過ぎてきても子供達の踊りが続いています。
三つ舞になり年齢層がアップしてきました。
三人組の舞の三つ舞。
順の舞で榊鬼、すりこぎ、ひのねぎ、翁と進み
四人組の青年隊の四つ舞。
そして熱湯をかけまくる湯ばやしのクライマックスへ。
朝鬼、獅子と舞は朝まで続きます。
私は初心者ですので深夜1時過ぎに帰路につきました。
来年はゆっくり朝まで付き合いたいな。