backcountry.cocolog-nifty.com > 横須賀エレベーター

海軍の街、横須賀

海軍の街、横須賀

軍港の町である横須賀。呉ほど身近に潜水艦を
見ることはできませんが、それでも公園の目の前に
葉巻型の自衛隊潜水艦が鎮座します。


総監部の空

総監部の空

海上自衛隊各地方総監部は横須賀、呉、佐世保、
舞鶴、大湊の五ヶ所です。横須賀基地の総監部で
護衛艦「ひゅうが」の一般公開が行われました。


イージス艦隊が並ぶ

イージス艦隊が並ぶ

横須賀総監部から眺める米海軍イージス艦隊。
手前から
アーレイバーグ級ミサイル駆逐艦
マクキャンベル DDG85
タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦
シャイロー CG67
アーレイバーグ級ミサイル駆逐艦
ジョン・S・マッケイン DDG56
巡洋艦のイージス艦もあるのだよ!!


HYUGA DDH181

HYUGA DDH181

宮崎県の旧国名の日向。「ひゅうが」と読むが
古くは「ひむか」とも読み、気分は「ひむかのくろうま」だね。
帝国海軍では伊勢型戦艦の2番艦(1918就役)の艦名でした。
1943年に航空戦艦に改装されましたが1945年に呉停泊中に
空襲で大破しました。そして現代になり、自衛隊初の
ヘリ空母として2009年3月18日に就役しました。


駆逐艦というより強襲揚陸艦だね

駆逐艦というより強襲揚陸艦だね

艦橋がシンメトリーに位置せず偏った配置が
まさに小型空母って感じですね。
DDHはヘリコプター搭載型駆逐艦となりますが
基本的なレイアウトは強襲揚陸艦ですよね。
まあ、甲板は耐熱にしていないので
ハリヤーやF-35などのVTOL(垂直離着陸機)は
使用できない...とうたっていますけどね。


油船35号

油船35号

横須賀基地の支援船が船溜まりに碇泊しています。
これは油船35号(YO35)です。


元気バッチリ

元気バッチリ

元気ハツラツ? レッドブルも真っ青だね。
自衛隊モデルの栄養ドリンクは
しっかりした味の割りに100円と安いのです。


巨大かまくら

巨大かまくら

横手のかまくらではありません。
まさに南極のかまくらとも言えますが、
退役した砕氷艦「しらせ」がまだ
横須賀に碇泊しておりました。


乗船せよっ!!

乗船せよっ!!

持ち物検査で30分、乗船に1時間ほど並びました。
でも混雑が少ない朝一番では航空機用昇降機の
試乗はやっていなかったのでベストタイムとも言えます。


新車の匂い

新車の匂い

艦内の通路と急な階段で甲板へ向かいます。
まだ新艦のためペンキの匂いがプンプンします。
いいね。でも、乗組員の皆さんは
シックハウス症候群にならないようにね。


航空機用昇降機

航空機用昇降機

ヘリコプターが離着艦できる広い甲板には
大型の航空機用昇降機(ELEVATOR)が
2ヶ所装備されています。


航空母艦ダンスはお預け

航空母艦ダンスはお預け

甲板業務用のヘッドフォンです。
でも団扇をもって艦載機に指示を出す
ダンスは見ることが出来ませんでした。


エレガでなくエレオジ

エレガでなくエレオジ

エレベーターの操作する甲板側のスタッフです。


甲板中央に位置するエレベーター

甲板中央に位置するエレベーター

米軍の空母は甲板の縁にエレベーターがありますが
ひゅうがは滑走路は不要であるためか、
甲板の中央部にエレベーターが配置されています。
まるで石切り場の陥没事故のようにも見えますね。


ファランクスもキレイキレイ

ファランクスもキレイキレイ

「ひゅうが」(DDH181)の甲板から
隣に碇泊している「いなづま」(DD105)が
良く見えます。ファランクスCIWSの
バルカン砲を整備もしくは点検してますね。


ブローニグM2重機関銃

ブローニグM2重機関銃

往年の名機、M2重機関銃が艦主に装備されていました。
けっこう広い「ひゅうが」の甲板にはセットされています。
ブローニング製ですが、自衛隊では12.7mm重機関銃M2
として住重がライセンス生産しています。


ヘリの着艦マーク

ヘリの着艦マーク

甲板の塗装は滑らないように
サーキットのアスファルトよりもっと
ガリガリに抵抗のある塗装が施されています。
マジにただ転倒しただけでも擦過傷になるな。


ひゅうがのマーク

ひゅうがのマーク

搭載ヘリコプターのSH-60Jが展示されていました。
白いボディの救難ヘリですが
ひゅうがのマークは火の鳥ぽいよね。


秘密にしてね

秘密にしてね

自衛隊の潜水艦は米軍基地側の埠頭に
基本的に係留されているようです。


USS McCampbell

USS McCampbell

米海軍のイージス艦隊で一番手前にいたのが
アーレイバーグ級ミサイル駆逐艦の35番艦である
マクキャンベル(DDG-85)です。


USS George Washington

USS George Washington

USS ジョージワシントン (CVN-73)は
USS キティホーク (CV-63)の後継で
日本に配備された米海軍第七艦隊の航空母艦で
日本初の原子力推進機関の空母なのです。
軍港クルーズに乗ればしっかり見学できるだろうけど、
今回は高い位置のひゅうがの甲板から眺めてみました。
碇泊中の艦載機は基本的に厚木基地に移動しています。
でも1機だけF/A18が残っていますね。


大きい空母と小さい空母

大きい空母と小さい空母

ニミッツ級原子力空母の6番艦のジョージワシントン。
ウェスティングハウス製原子炉(A4W)を2基搭載し
蒸気タービンで稼働します。


Mk45 Mod4

Mk45 Mod4

マクキャンベル(DDG85)の甲板に鎮座する砲は
Mk45 Mod4で62口径です。
5インチ(127mm)Mk45の54口径を大口径
にした発展型です。


VLSミサイルサイトもばっちり

VLSミサイルサイトもばっちり

船尾の甲板にあるのがMk41 VLS 垂直発射装置です。
スタンダード、アスロック、トマホーク、シースパロー
などが発射可能で8セルで1セットとなっており
「ひゅうが」には16セルが装備されていました。
艦橋のFCS-3多目的レーダーで射撃管制します。
Cバンドのフェーズドアレーレーダーを4面に配する事で
全方位を探査し、Xバンドでミサイルを誘導するのです。
「ひゅうが」ではじめて実戦配備となりました。


魚雷戦ゲーム

魚雷戦ゲーム

模擬弾の魚雷です。


砕氷艦しらせ

砕氷艦しらせ

「ひゅうが」DDH181に並んで「いなづま」DD105と
「むらさめ」DD101が並び、もう一隻、同型艦を
挟んでその奥には退役したばかりの砕氷艦「しらせ」
が入っていました。「ひゅうが」の艦尾右舷から眺めると
砕氷船の表の顔が見ることができます。
まだ買い手がつなかいようですが、新型艦は
舞鶴の造船所で艤装中であと1年半くらいかかるようです。
だから次の南極探険隊には間に合わないので
他国から砕氷船をレンタルで借りてくるとか言ってましたよ。


逆光の艦橋で

逆光の艦橋で

FCS-3多目的レーダーが4面配置された
ステルスぽい感じの艦橋です。
けっこう最先端なんだよね。
でもFCS-3はイージスシステムとはちょっと違うみたい。


SH-60Jでよろしく

SH-60Jでよろしく

展示で一番差し支えないのが救難ヘリだね。
哨戒ヘリタイプのSH-60Kとはまた違う
ホイストクレーンも装備の海難事故などで
救世主的な存在のヘリコプターだよね。
もちろん山岳遭難にも信頼される機体です。


ファランクス最接近

ファランクス最接近

20mm砲のバルカン砲でギリギリ最後の防衛を行う
ファランクスCIWSが「ひゅうが」にも配備されています。
アップで見るとしっかり弾帯も見れますね。
でも弾は入ってないじゃーん。


お地蔵さんみたいね

お地蔵さんみたいね

じっくり見ることができたファランクス。
20mmバルカン砲の弾幕には会いたくないよな。


Gメン18の気分

Gメン18の気分

滑走路を歩いてる気分だね。
ヘリポートというよりやっぱり空母よねえ。


むらさめ型護衛艦も見下ろせる

むらさめ型護衛艦も見下ろせる

「ひゅうが」DDH181の甲板から「いなづま」DD105を見下ろします。
やはり「ひゅうが」は大きいんだよね。


エレベーターと艦橋

エレベーターと艦橋

試乗できた航空機用昇降機は2個のうち
前側のものでした。
徐々に待ち時間が延びてきたよ。
自衛官さんの話だと何度も乗り降りする人がいるみたいだ。
困ったちゃんだなあ。


支援船APL40

支援船APL40

自衛隊の対岸は横須賀米軍基地です。
米国海軍の支援船のAPL40が碇泊しています。
レトロな形の艦艇ですね。宿泊船らしいけどね。


エレベーターに乗るぞ!!

エレベーターに乗るぞ!!

搭載ヘリはSH-60K、SH-60J、MH-53E、MCH-101など。
まあそれだけではないけど、災害派遣なんかでは
活躍しそうな護衛艦だね。もちろん殴り込みにもね。


カメラ持ったオタクばっかりねー

カメラ持ったオタクばっかりねー

われわれも見学に来てるけど
沢山のお客さんを見学するWAVEの皆さんもいるよ。
けっこう女性隊員も多かったわ。


下がってきたぞ

下がってきたぞ

ヘリだけでなくハリアーでも乗りそうだにゃ。
なんかゾンビ映画みたいな感じもしないでもない。


魚眼で見上げろ

魚眼で見上げろ

見上げると貞子の気分?


深いぞ深いぞ

深いぞ深いぞ

底に到着。
その中心から空を撮影してみよう。


筋肉質

筋肉質

巨大なエレベーターを動かす油圧シリンダーだす。
このシリンダーで何本ものワイヤを引っ張ります。


えばんげりおんの射出ゲートか?

えばんげりおんの射出ゲートか?

再びフロアは上がっていきました。
床の底はこうなってるのね。


後部のエレベターは静か

後部のエレベターは静か

稼働していない後部の昇降機は静かです。


艦内の作業車輛はトヨタが多い

艦内の作業車輛はトヨタが多い

格納デッキはまるでカーフェリーみたいだね。


お土産も売ってます

お土産も売ってます

マグカップが欲しいなあって思ったけど
同行者のマミヤカさんは好みの帽子がなかったようです。
残念です。まあここでは何も買わなかったんだけど
売店で東郷ビールを買ったくらいだにゃ。


埠頭の巨大艦艇

埠頭の巨大艦艇

降りてみると大分お客さんも減ったみたいだ。
右に「いなづま」、左に「ひゅうが」だよ。


後部の横っ腹

後部の横っ腹

救難艇などを下ろす設備だね。
あれ? その右下に変な穴が3つあるぞ。


ライディーン

ライディーン

「いなづま」の絵は雷神が描かれていましたよ。


短魚雷発射管

短魚雷発射管

なんとまあこじんまりと短魚雷の発射管が
装備されていました。


DDHの系譜

DDHの系譜

ステレスぽさのある艦橋だね。
アイエイチアイマリンユナイテッド横浜工場で建造された
「ひゅうが」でした。はるな型やしらね型が退役して
ひゅうが型がどうどん増えてゆく予定のようです。


181

181

宇宙戦艦ヤマト風に撮影してみました。
全長197mの自衛隊最大の護衛艦です。
基準排水量13,500tで、機関はIHILM2500
ガスタービン4基で100,000SHPを絞り出します。


フラッグシップの思い

フラッグシップの思い

この角度がやはり空母らしいね


しらせに会えたのが吉

しらせに会えたのが吉

まだ購入希望者がいない砕氷艦「しらせ」ですが
解体前に会えたのは嬉しいな。
砕氷艦「しらせ」だって補給艦「ましゅう」が出来るまでは
自衛隊最大の艦艇だったみたいだもんね。


総監部のホンダ

総監部のホンダ

横監マークの入ったホンダさん。
ナンバーが怪しいよなあ。


放射能もれてませんか?

放射能もれてませんか?

文部科学省の横須賀原子力艦モニタリングセンターが
自衛隊のに隣接してありました。
まあ、原子力空母が鎮座する米軍基地がありますからね。


ヨコスカネービーバーガー売切れ

ヨコスカネービーバーガー売切れ

ウェルニー公園のおしゃれなシーサイドから
「ひゅうが」を眺めます。やっぱでかいゾ。


米軍イージスの後ろで

米軍イージスの後ろで

イージスの駆逐艦と巡洋艦のペアの後ろで
自衛隊の潜水艦が息を殺して潜みます。
潜んでないって~!!


延命地蔵尊

延命地蔵尊

横須賀中心街にあるドブ板通りに
延命地蔵尊が祀られています。
隣にライブハウスの入口もあって
ちょっと怪しい感じではあるんですけどね。


スカジャン発祥の地

スカジャン発祥の地

プリンス商会は元祖スカジャンの店として
かなり有名なようです。でもにゃー。


どぶ板通りの街灯

どぶ板通りの街灯

スカジャン文化な垂れ幕だわ。


ホッピーな店でトンテキ

ホッピーな店でトンテキ

格安の定食でトンテキをチョイス。
ホッピーもあるお店で生チューを
頂くマミヤカさんだったりします。