backcountry.cocolog-nifty.com > 三沢基地航空祭2010

三沢基地航空祭予行演習

三沢基地航空祭予行演習

はじめての三沢基地の航空祭です。
前日入りですが到着は午後だったので
A-10の機動飛行の練習になんとか間に合った感じ!!


ハイレートクライム

ハイレートクライム

米空軍のA-10のデモフライトも珍しいのよね。
展示くらいが普通だけどさすがは攻撃型の空軍基地です!!


くるくるA-10アタッカー!!

くるくるA-10アタッカー!!

戦闘機のFighterより攻撃機のAttackerだね。
モーター音のようなエンジン音と風きり音で
軽やかに小回りが効きまくりです。


A-10C

A-10C

フェアチャイルドのA-10も古くなっているが
地上攻撃の要となって重要な打撃力となっています。
湾岸戦争では砂漠の微細な砂のため戦闘ヘリの
アパッチがエンジン不調で使い物のならかった。
しかしA-10は全く影響なく運用できたのです!!!


雨の降らないうちに

雨の降らないうちに

明日の航空祭本番の天気は降水確率も高いのだ。
撮影できる時に撮影しておくのが基本だにゃ。


A-10 EAST DEMONSTRATION TEAM

A-10 EAST DEMONSTRATION TEAM

もちろん速度的にはマッハ0.75で音速機ではありません。
第一目的は"Close Air Support"つまり近接航空支援って事だしね。
この機動性能が命なのです!!


A-10C THUNDERBOLT II

A-10C THUNDERBOLT II

しかし徐々に雲が黒く垂れ下がってきたゾ。
暗くなり雨が降りそうだ。おいおいまってくれよぉ。


Flying Tiger

Flying Tiger

TF34-GF-100の2発エンジン!!


A-10で恋をして...

A-10で恋をして...

最近は「ターミネーター4」や「トランスフォーマーリベンジ」でも
顔をだす攻撃機ですからね。


ターミナルビルをパスするA-10

ターミナルビルをパスするA-10

着陸前に真上をパスするA-10です。
着陸後はけっこう土砂降りになったけどね。


天気がよかったらなあ

天気がよかったらなあ


MD90が離陸準備

MD90が離陸準備

雨が降りだしていますが、A-10が着陸して
滑走路が開きました。
JAL機がまってましたと離陸です。
使用機材はMD90。
青森空港だともっと便数があるのでしょうが
基本的に米軍の滑走路を借りての運行です。


F-1疾風迅雷

F-1疾風迅雷

三沢航空科学館にある屋外展示はけっこう充実の機体が揃うよ。
F-104J,F-1,T-2,T-2BlueImpuls,T-3,T-33A,F-4EJ改.LR-1,OH-6D
が自衛隊機です。ファントムは自衛隊外初めての屋外展示のようですね。
2008年に第8飛行隊のF-4はF-2に転換されました。
F-1は三沢の第3飛行隊の兜武者カラーリングをしている機体だ!!


F-16A1

F-16A1

米軍機も展示されています。
UP-3A(P-3A改造の人員輸送機)とF-16A1です。
このF-16は初期型のA1の退役機で
現在はCJプラスが運用されています。


特別展示の映画撮影用零戦

特別展示の映画撮影用零戦


終戦直後の三沢基地で

終戦直後の三沢基地で


航研機

航研機

ウルトラマンカラーのニクイ奴!!


JACのYS-11

JACのYS-11


ウエストランドシコルスキーWS-51

ウエストランドシコルスキーWS-51

東北電力の所有していた「きたかみ号」です。
S42年に退役した送電線パトロール用のヘリです。


航研機は復元機よ

航研機は復元機よ

1983年に周回航続距離の世界記録を樹立した
機体を復元したものです。コックピットが独特です。


ミス・ビードル号

ミス・ビードル号

航空科学館の一番の目玉であるミス・ビードル号。
1931年に太平洋無着陸横断を世界で初めて
なし遂げた飛行機で、その復元機です。


三輪車

三輪車


アートな飛行船

アートな飛行船


暗闇のCH-47J

暗闇のCH-47J

まだ暗闇の早朝に三沢基地の大空ひろばのゲートに
隣接するハンガーから航空自衛隊のチヌークの2機が
移動準備しています。
暗闇でも長時間露光で撮影したらこんな明るいのよね。


ゲートでの持ち物検査

ゲートでの持ち物検査

リュックなど大きいものはワンコの
ニオイチェックが実施されました。
航空祭で金属探知機でなくワンコチェックは始めてだなあ。


疾走するATV

疾走するATV

基地内の移動ではけっこう愛用されているようです。


E-2Cホークアイ

E-2Cホークアイ


F-2A 50周年記念塗装機

F-2A 50周年記念塗装機

三沢の第8飛行隊の所有するF-2です。
三沢はF-2をメインをしています。
北国防衛は現在、千歳のF-15、
三沢のF-2&F-16(米)という組み合わせですね。


同じカラーリングのF-2ジュニア

同じカラーリングのF-2ジュニア


海上自衛隊のSH-60J

海上自衛隊のSH-60J


ジョーズなUH-1

ジョーズなUH-1

イロコイにシャークマウスが描いてあります!!
ベトナム風でもあるけど、ちょっと笑い顔?


UH-1のMINIMI

UH-1のMINIMI

5.56mm機関銃のFN MINIMI(住友重工のライセンス生産)が雨だけど
がっちり装備されてるのね。濡れても大丈夫なんだなあ。


CH-47Jのコックピット

CH-47Jのコックピット


C-130H サマワカラー

C-130H サマワカラー

小牧基地から遠路やってきたハーキュリーズです。
案外、東海地区の三沢祭観戦ツアーだったりして.....


コマツ軽装甲機動車

コマツ軽装甲機動車

三沢の航空自衛隊所有の車両展示では
中まで乗り込む事ができます。
けっこうシンプルな操作系なんですよね。
もちろんオートマで4WDの切り換えレバーくらいしかないね。
思ったより運転席は狭かったです。
エアコンは装備されていますがあんまり効かないんだって。


VADS20mm機関砲の弾帯

VADS20mm機関砲の弾帯


U-125飛行点検機

U-125飛行点検機

航空保安無線施設の機能チェックの機体で入間基地に3機導入。
ベース機はブリティッシュエアロスペースのBAe125-800です。
U-125Aはおなじみ空色の捜索救難機ですね。


パトリオットと管制塔

パトリオットと管制塔

浜松基地でもおなじみですね。


千歳基地のF-15J

千歳基地のF-15J

第201飛行隊のF-15Jが展示で来ていました。


RF-4E

RF-4E

RF-4Eも亡霊のごとくどこの航空祭でも登場だね。


F-16サンダーバーズジュニア

F-16サンダーバーズジュニア

Fー2ジュニアの軍団に1機ほどF-16が混ざってるじゃん!!


戦闘機再発進準備の模擬弾

戦闘機再発進準備の模擬弾

着陸機に弾薬を再度装填するデモのために置いてあるみたいね。


誘導弾も準備!!

誘導弾も準備!!


爆弾もばっちり準備

爆弾もばっちり準備

精密誘導爆弾GBU-38(JDAM)かな? ベースのMK82かな?


式典会場来賓席の前では

式典会場来賓席の前では

F-2とF-16が仲良くディスプレイ!!


F-16もフル装備

F-16もフル装備


F-16のDEMOチームも準備

F-16のDEMOチームも準備

岩国基地でもお世話になったF-16のデモ隊です。
おもーいっ!! って感じで引っ張ってますね。


ダブルキャブが似合う基地

ダブルキャブが似合う基地

シボレーの大きいピックアップ。
ブルーインパルスがさらに小さく見えるね。


プラドもがんばる

プラドもがんばる

M田さんと同じカラーのプラドもいるじゃん!!
ランクルも今はプラドのもんだよ!!


F-16CJ+の1ピースキャノピー

F-16CJ+の1ピースキャノピー

F-2はバードストライク対策で3ピースキャノピーだけど
F-16のキャノピーは1ピースでオープンだと
照準機が露出してますね。


ねぶたスピリッツ

ねぶたスピリッツ

青森の心意気はここにあり!!


兜武者も忘れるな!!

兜武者も忘れるな!!


展示機のA-10C

展示機のA-10C

やっと会えたね。サンダーボルト!!


GAU-8 Avenger 30mmガトリング砲

GAU-8 Avenger 30mmガトリング砲

現時点で航空機最強の機関砲です。
通常はF-15などでおなじみのM61バルカンで20mmですが
ほぼ同じ初速で30mmを撃てます。恐るべしアベンジャー!!
もちろん通常、米軍ではPGU-14/Bという焼夷徹甲弾を
使用する事が多いようで、劣化ウラン弾の弾頭だ。
そうしないと戦車の装甲をぶち抜けないのだろうけど
なかなか本質的な問題は残るよなあ......もっと比重の高い物質を
調達しないとアカンでしょ。


A-10は悪魔か?

A-10は悪魔か?

アベンジャーにミサイルや爆弾のペイロードが7t分11ヶ所!!
まさにアタッカーの悪魔じゃ!!


横面はかわいいんだけどね

横面はかわいいんだけどね


A-10の横姿

A-10の横姿

巨大な主翼と独特な尾翼。
そしてドッシリとしたエンジン!!
装甲も分厚く、ヘビーデューティで筋肉質。
まさにレーシングマシンというよりパリダカマシーンって感じ!!


C-12とC-130の大小の輸送機

C-12とC-130の大小の輸送機

C-12はビーチクラフトの要人輸送などに利用される米海軍の機体です。
スーパーキングエアB200をベースにしています。
そしてその背後はおなじみの米空軍のハーキュリーズです。


水陸両用車だね

水陸両用車だね

津軽海峡スペシャルか?
小川原湖フィッシング用だね。


KAWASAKI JETSKI

KAWASAKI JETSKI

ジェットスキーはカワサキ製じゃわい。


OSHKOSH

OSHKOSH

アメリカのオシュコシュ社の車両が除雪車両が配備されていました。
このツラをみるとわかりますね。映画「カーズ」に出てくる
農場の親玉の顔にそっくりです。
なるほどあの車両がオシュコシュなんだッ!!


INTERNATIONAL DT466

INTERNATIONAL DT466

オシャレなつらがまえのトラックですね。
弾薬処理班の車両で不発弾処理などの特殊装備をもつようです。


ロボット三等兵

ロボット三等兵

爆弾処理はこのロボットアームでなんのその!!


航過飛行のF-2が離陸

航過飛行のF-2が離陸


HMMWV

HMMWV

やっぱり男はハンヴィーだね!!
V8の6200ccディーゼルの190HPです。
やっぱトヨタの高機動車は足元にも及ばないね。
三沢の自衛官の方も自衛隊でハンヴィークラスは
やはりコマツの軽装甲機動車なんだそうだ。


ハンヴィーの運転席

ハンヴィーの運転席

やっぱりアメリカン。ジープぽい雑さがいいね。
コマツほどスッキリしていないわ。
メインスターターの横にはM1116とあります。
重装甲の新しいモデルのようですが.....


B-52H戦略爆撃機

B-52H戦略爆撃機

今回の私のお楽しみはA-10機動飛行とB-52です!!
大型の爆撃機と出会えるなんて...!!
今はステレスのB-2、コンコルドのようなB-1の時代ですが
ベトナムの空爆(北爆)から映画「博士の異常な愛情」な核兵器まで
その爆撃魂を担った名機ですからね。一応現役だし!!


F-16も離陸したぞ!!

F-16も離陸したぞ!!


B-52の爆弾投下口

B-52の爆弾投下口

うーんデカイというより長い!!
ペイロードの重量は31.5トンのたっぷりサイズ。
絨毯爆撃の穴っす。


B-52のエンジン

B-52のエンジン

ストラトフォートレスの死の翼!!
エンジンはP&W TF33を8機搭載している重爆撃機だ。


B-52の哀愁の後姿

B-52の哀愁の後姿

今年はエンジン不調という話で飛行はなかったのが残念ですが
飛んでる姿がみてみたいものです。
でもエンジンに錆も多くてやはり老朽してはいるなあ。


後ろからの投下口ハッチ

後ろからの投下口ハッチ

内側はアルミ処理してあるね。断熱材?
放射能対策の鉛処理?


60-0023

60-0023

ストラトフォートレス顔っ!!


B-52用の赤外線監視装置かな?

B-52用の赤外線監視装置かな?


兵装展示のサイドワインダー

兵装展示のサイドワインダー

兵装等展示のハンガーにはF-16とF-2がフル装備で展示され
弾薬類も展示されています。
まずは米軍側の装備で短距離空対空ミサイルの
サイドワインダーで知られるAIM-9です。


MK-84 2000ポンド爆弾

MK-84 2000ポンド爆弾

Mark84は高・低抵抗の一般的な爆弾です。
でも2000ポンド(429kg)は大きい方だな。


WCMD爆弾のCBU-103

WCMD爆弾のCBU-103

GPSを利用した誘導の風向き修正弾薬ディスペンサー(WCMD)です。
ただこれだけしか説明に表示されてないとただのGPS爆弾だが
本体にはCBU-103 D-2/Bと書いてあります。
つまりクラスター爆弾です。まあトレーニング用ってあるけどね。
日本はクラスター禁止に調印してるけど米軍は使用可。


AGM-158 JASSM

AGM-158 JASSM

AGM-158は長距離スタンドオフ空対空ミサイルです。
初のステルスタイプの巡行ミサイルで
GPSと慣性航法装置で誘導します。
映画などではよくみかけるミサイルですよね。
翼がニョキっと出るヤツです。
なかなか、クラスター爆弾や巡行ミサイルは
見れないから三沢航空祭は恐るべし!!


日の丸の前のF-16

日の丸の前のF-16


星条旗の前のF-2

星条旗の前のF-2


93式空対艦誘導弾ASM-2

93式空対艦誘導弾ASM-2

自衛隊側の展示兵装です。
基本、自衛隊の模擬弾は空色塗りだね。
ASM-2は三菱製のジャパンもの。
F-2とF-4EJ改で使用可能です。


90式空対空誘導弾AAM-3

90式空対空誘導弾AAM-3

三菱製国産のAIM-9Lサイドワインダーの後継ミサイルです。
こちらはF-15でもなじみ深いですね。
AIM-7Mスパローも展示されていました。


J/AAQ-2(FLIR)

J/AAQ-2(FLIR)

外装型赤外線前方監視装置J/AAQ-2です。
Forward Looking InfraRed (FLIR) Pod Systemで
三菱電機製のF-2用暗視装備です。


航空祭開催式典の航過飛行

航空祭開催式典の航過飛行

自衛隊はF-2が4機とT-4が2機のフォーメーションで低空パスします。


続いてF-16の4機だよ

続いてF-16の4機だよ

仲良し日米三沢組だにゃ。


BBQポークサンドイッチ

BBQポークサンドイッチ

ハンバーガーでなくBBQポークサンドイッチとルイジアナホットリンクが
アメリカンなジャンクフードでデリバリー。
BBQポークをチョイスしたが、円高でなくレートは100円/1ドルだった。
でも青いゲータレードはモンダミンみたいだから注意!!


F-2のドラグシュート

F-2のドラグシュート

F-4で良く使われるドラグシュートだが
F-2でも短距離着陸のために使用する事があるそうだ。
三沢では滑走路凍結の時に使うんだって。
やっぱ青森はカーリングの聖地ですからね。


F-2Aのタキシング

F-2Aのタキシング


ぎゅぎゅーんとF-16

ぎゅぎゅーんとF-16


F-16CJ Block50のタキシング

F-16CJ Block50のタキシング


F-16DJ Block50のタキシング

F-16DJ Block50のタキシング

複座のF-16もいるね。
なんか間延びしててかっこ悪いなあ。


デモチームのA-10C

デモチームのA-10C



待機するF-16の4機

待機するF-16の4機


F-2機動飛行開始!!

F-2機動飛行開始!!


もう1機もハイレートクライム

もう1機もハイレートクライム


一気に機種をあげて

一気に機種をあげて


F-2がんばります!!

F-2がんばります!!


ぐりぐりとベイパーひきます!!

ぐりぐりとベイパーひきます!!


ぼわわっ!!

ぼわわっ!!

湿気は多いので雲をひきやすいけどね。


連写は楽だね

連写は楽だね


どんなもんだい!!

どんなもんだい!!


F-2Aタッチダウン

F-2Aタッチダウン


UH-60Jの救難展示

UH-60Jの救難展示

ちょっとターン時に失速気味でみんなドキっとしたけどね。


MD90が航空祭の途中に出発よ

MD90が航空祭の途中に出発よ


F-16も機動飛行開始!!

F-16も機動飛行開始!!


うりゃー!!

うりゃー!!


本家ファイティングファルコンの意地!!

本家ファイティングファルコンの意地!!


アフターバーナーでグリグリ

アフターバーナーでグリグリ


あがれあがれ!!

あがれあがれ!!


A-10 EASTが準備開始

A-10 EASTが準備開始

吸気のカバーも外したね。


A-10Cコックピット

A-10Cコックピット

どっこらしょっと....


F-16も帰ってきたよ

F-16も帰ってきたよ

DEMO TEAMは来賓席の正面そばに戻ってきたわ。


F-15が飛来!!

F-15が飛来!!

千歳基地のF-15が2機飛んできました。


左後方から迫り来る!!

左後方から迫り来る!!


低空でパスするぜ!!

低空でパスするぜ!!


やーれんそーらん北海道

やーれんそーらん北海道


ヒグマの横顔

ヒグマの横顔

展示機と同じファイティングベアーの
白熊マークの第201飛行隊のF-15です。
でもハネ振りで2機目がヘタっぴでした。
やっぱ今の時代はトップガンは小松基地か?
2010年の戦競も小松の第303飛行隊が優勝したみたいだし。


なんか雨が降りそうだぞ

なんか雨が降りそうだぞ


E-2Cもちょっと飛んでみるね

E-2Cもちょっと飛んでみるね


A-10 EAST Flying Tiger

A-10 EAST Flying Tiger

DEMOチームのみんながスッテカーをプレゼント中!!


F-2による模擬対地攻撃の開始

F-2による模擬対地攻撃の開始


ふらっ

ふらっ


接触しそうだぞ

接触しそうだぞ


散開!!

散開!!


コックピットで様子をみながら

コックピットで様子をみながら


ハイレートいきまーすっ!!

ハイレートいきまーすっ!!


複座のF-2Bも忘れないでね

複座のF-2Bも忘れないでね


ロボット三等兵ふたたび

ロボット三等兵ふたたび

午前中の飛行展示が終わりました。
混雑してきたら色々実演開始です。


防護服は人気者

防護服は人気者

左上にあるのはプレデターの核爆弾の自爆装置?
いえいえ、ジャケットが暑いので空調装置が
入っているんですって。
ヘルメットにはLEDヘッドライトもあります。


ハンヴィーが襲われているゾ!!

ハンヴィーが襲われているゾ!!

子供たちに占拠されたハンヴィーだ。
もう好き勝手し放題だね。


NO STEPもなんのその

NO STEPもなんのその

そこはダメだって。
でも、米兵さんは文句も言いません。
さすがだなあ.......


ハンヴィーの底

ハンヴィーの底


B-52Hの全景

B-52Hの全景

大きさを確かめよう!!
B-52は全長48.5m、全幅56.4mです。
B747-400ERは全長70.6m、全幅は64.4mだから
ジャンボ機より小さいっちゃ小さいんだな。


ついてらっしゃい

ついてらっしゃい

FOLLOW MEが米国らしいよね。


RECOVERY ONE

RECOVERY ONE

エアフォースワンみたいなもんかな?
フォードの4WDがデカイ!!


B-52の奥でかくれんぼ

B-52の奥でかくれんぼ


警備担当者のオヤツは?

警備担当者のオヤツは?

皿の上にあるのは食べかけのバナナとオレンジじゃ!!


INTERNATIONAL T444E

INTERNATIONAL T444E

なんか高所作業用なのかなあ?
洗浄放水用にもみえるけど。


ATVぽい顔だね

ATVぽい顔だね

インターナショナルっていうトラックはデザインが
オシャレですね。


真横からみたB-52H

真横からみたB-52H


U-2パイロット

U-2パイロット

在韓米軍のU-2フライバイは悪天候で中止です。
あーあー岩国で写真とれなかったのでリベンジだと思ったのに。


ハーキュリーズの男

ハーキュリーズの男


千歳のファイティングベア

千歳のファイティングベア

第203飛行隊の部隊マークは横顔の白熊さん。
でもヒグマなんだろね。


ホークアイのトランスフォーム

ホークアイのトランスフォーム


帰頭してきたE-2C

帰頭してきたE-2C

プロペラを回したまま折り畳めるのね!!


折れ目

折れ目


MD90と並走して

MD90と並走して

シャトルバスで駐車場へ戻ります。
後半戦は大空広場で見学する事にします。


雨の逆カリプソ

雨の逆カリプソ

ブルーインパルスの演技がはじまると急激に雲が下がって
雨が降ってきました。垂直系の演技はやめて
水平系が中心のプログラムになったようです。


A-10は雨でも飛んだぞ!!

A-10は雨でも飛んだぞ!!


雲の中を出たり入ったり

雲の中を出たり入ったり


厳しいなあ!!

厳しいなあ!!

雨のA-10機動飛行の本番でしたが
まあ、飛んでくれただけでもラッキーだね。
前日に撮影できてあったのがよかったわ。
航空科学館でちょっとゆっくりしてから帰路につきます!!


機動戦士の国

機動戦士の国

国道338で八戸へ南下しているとガンダムが現れた!!
なんだなんだ? 木馬までいるぞ。
ここは東静岡駅周辺か?
ガンダムカットと書いてある散髪屋さんだ。
すごいなあみちのくガンダム。


A-10 EASTのカード

A-10 EASTのカード

DEMOチームが配布していたカードとステッカーです。