backcountry.cocolog-nifty.com > 小牧と各務原の空

HSS-2B型初号機

HSS-2B型初号機

三菱重工業 名古屋航空宇宙システム製作所
小牧南工場の史料室を見学しに来てみました。
月曜日と木曜日だけの一般公開で予約も必要です。
史料室の前には屋外の展示機が4機ほど鎮座します。
HSS-2B(ちどり)は対潜哨戒ヘリコプターで
シコルスキー社と技術提携し昭和39年から167機を
三菱重工業で生産しました。HSS-2B型の初号機ですが
HSS-2型では国産84号機になります。


T-2試作初号機

T-2試作初号機

二代目のブルーインパルスの機体でもある
T-2高等練習機です。しかも試作機のオレンジ
カラーで岐阜基地の飛行開発実験団の機体です。
機首のピトー管には計測ブームが取り付けられて
おり独特なお鼻です。テスト機なので武装は無し。
昭和46年にロールアウトし、F-1戦闘機の前身の
FS-T-2機やCCV研究機の開発基礎となりました。


F-86F(旭光)国産第2号機

F-86F(旭光)国産第2号機

ノースアメリカン社との技術提携で国産生産の2号機です。
戦後の本格的な航空機生産の最初の機種となります。
もちろん初代ブルーインパルスの機体のセイバーですよ。
昭和31年から300機を生産し、修理機は延べ1566機です。


F-104J(栄光)国産172号機

F-104J(栄光)国産172号機

ロッキード社と技術提携して生産した国産172号機の
スターファイターです。昭和37年から230機を生産。
修理機は延べ1077機です。浜松基地でもお馴染みの
ライトスタッフなイエガーな機体だね。


三菱零式艦上戦闘機

三菱零式艦上戦闘機

史料館の建物の中に入るとまず目に入るのは
三菱の誇るゼロファイターですね。
まずは魚眼レンズで攻めてみましょう。


八九式活動写真銃

八九式活動写真銃

活動写真銃とは何か? RF-4の様に偵察に使われる
カメラか? 実は違います。コニカ製のこの写真銃は
戦闘機の機関銃での実弾訓練がもったいないので、
模擬戦でターゲットにあたっているか? 射撃時間も的確か?
などを判定するために使用されたカメラなのです。


局地戦闘機「秋水」

局地戦闘機「秋水」

そして今回の見学の目玉!!
私はこの機体が見たかったのよー!!
日本で最初の有人ロケット戦闘機の秋水です。


女子教育日本史教科書

女子教育日本史教科書

文学博士三浦周行著「女子教育日本史教科書」上巻
東京 開成館蔵版が机の上にありました。
昭和初期の児童・生徒用の教科書です。
こういうものも何気なく置いてあります。
内容を見るとやはり天皇の歴史って感じ。
でもしっかり平安初期の仏教の章では
最澄と空海の二高僧について述べていますわ。


ゼロファイター

ゼロファイター

昭和12年に海軍から九六式艦上戦闘機の次期戦闘機の
開発要求があり、現三菱重工業の堀越二郎の設計で
昭和15年に海軍の制式戦闘機になりました。
零式艦上戦闘機の零は何か? 実は皇紀2600年
(昭和15年)の末尾の0をとって命名されました。
皇紀とは明治5年に定めた日本の紀元で、
日本書紀に記す神武天皇即位の年
(西暦紀元前660年に当たる)を元年としています。
皇紀なんて知らんよー!! 昭和一桁の親に聞くと
戦前は西暦は国賊として使わせなかったみたいね。
つまり旧軍の装備で九八式などの数字は皇紀なのです。


空冷二重星型14気筒エンジン

空冷二重星型14気筒エンジン

標準ズームレンズで歪みを少なくして撮影開始。
空冷二重星型14気筒エンジンの排気量は28,000ccで
二一型で940PS、この五二型甲で1,130PSです。
ただし、この機体のレストアではエンジン外観は
造ってありますがエンジンは動きません。


五二型甲のスペック

五二型甲のスペック

制式名称 零式艦上戦闘機52型甲
記号 A6M5a
型式 低翼 単座 引込翼
乗員 1名
全幅 11.000m
全長 9.121m
全高 3.509m
自重 1,876kg
全備重量 2,733kg
製造番号 三菱4708号機
製造年月 昭和19年
復元年月 平成元年
エンジン 栄21型×1基
プロペラ 住友ハミルトン型
再興速度 305KT/高度6,000m
上昇時間 7分 高度6,000mまで
航続距離 2,674km (高度3,000m、速度120KT)
武装 20mm機銃×2門、7.7mm機銃2門


局地戦闘機 秋水

局地戦闘機 秋水

日本最初の有人ロケット戦闘機が秋水です。
世界ではドイツに次ぐ2番目になります。
昭和19年8月に設計試作が発注され
11ヶ月の短期間での完成し、昭和20年7月7日に
試験飛行を実施した電撃開発伝説のロケット機です。


正面からの秋水

正面からの秋水

試験飛行はエンジントラブルで墜落大破。
しかしその性能は高度10,000mまで3分半で上昇、
時速600~800km/Hで接敵攻撃し滑空で帰還できる
もので、本土空爆のB29攻撃を目的としていました。


三菱ジープ J-55型

三菱ジープ J-55型

自衛隊だけでなく官民ともに様々なオフロード
条件で愛用された4WDの三菱ジープです。
名古屋航空宇宙システム製作所の前身である
新三菱重工名古屋製作所大江工場で生産されました。
ウイリス・オーバーランド社からのノックダウン方式で
昭和28年に生産開始し、その後、国産化し平成10年に
生産終了しました。この車輛は39年型車輛です。


タイガー計算機

タイガー計算機

こんな事務用品も展示されています。
昭和初期から加減乗除の計算に活用された計算機です。
戦中の航空機等設計の諸計算は本機で行ったとあります。
しかし関数電卓的な計算でなければ算盤でやらなかったのかな?
三菱重工京都機器製作所から寄贈されたものです。


名航表示板

名航表示板

大江工場正門に設置されていた名航の表示板です。
けっこう歴代の表示板も転がっていました。
これは平成1年から14年に使用されていたものです。


カシオミニ

カシオミニ

こんなレトロな計算機までありましたよ。
ちゃんと「未来技術遺産」の新聞記事のスクラップと
一緒に置いてあるのがニクイですね。
しっかりH2ロケットも未来技術遺産に入っているみたいだし。


国破れて山河あり

国破れて山河あり

絵画や写真も多くありました。
原徳三殿寄贈「中国奥地を飛ぶ九六式陸上攻撃機」
なんか味があっていいなあ。
戦争なんて感じさせない壮大な大陸の風景だ。


原型機はMe-163Bだが...

原型機はMe-163Bだが...

昭和19年7月に日独連絡潜水艦でドイツから持ち帰った
原型機のメッサーシュミットMe-163Bロケット戦闘機の
一部資料を基にするも、資料やデータがほとんど無い
状態で開発が進められました。よくまあ暗中模索で
これだけの機体が造られたもんです。
開発中には東南海、三河大地震も発生しました。
M7.9で震度は旧震度で震度6、尾鷲の津波は9mでした。
名古屋の航空機産業は大打撃をうけて、さらに
米軍の爆撃もうけていたのにね。


特呂二号(KR-10)ロケットエンジン

特呂二号(KR-10)ロケットエンジン

最大推力1500kgの秋水のロケットエンジンです。
海軍ではKR-10、陸軍では特呂二号と命名しました。
ガスタービンジェットではなく、ミサイルやロケットと
一緒で吸気の不要なロケットエンジンです。
ちなみに、この秋水は液体ロケットエンジン、
特攻機の桜花は固体ロケットエンジン、
戦闘機の橘花はジェットエンジンになります。
甲液(80%過酸化水素+オキシキノリン+ピロ燐酸ソータ)
と乙液(水化ヒドラジン:メタノール:水=30:57:13)を
重量比10:3.6で噴射反応させ、この燃料の燃焼で
高温高圧ガスを発生させて推力を得ます。


噴射ノズルの十文字

噴射ノズルの十文字

ロケットエンジン作動のプロセスの概略はこんな感じ。

1) 起動用電動機を入れるとギヤボックスを介して
内蔵ポンプで各液を圧送する。

2) スロットルで調圧起動弁を開きT液(過酸化水素)
を蒸気発生器に流し、高圧ガス化してタービンや
発動機を止めても自立運転を維持する。

3) 更にスロットルを進めるとC液(ヒドラジン)と
T液の発停弁が開き、3段階に調整可能な
C液調整弁を開く。これで燃焼室内で作動する
噴射器の数が増加する。(最大12個)

4) 2液が混合する事で自然発火して高温高圧ガス
が排気ノズルから噴射されてロケット推力を得る。


秋水燃料地上保管瓶

秋水燃料地上保管瓶

左が海軍容器で右が陸軍容器です。
マークがイカリか山かって違いですけどね。
過酸化水素は酸化性が強いため
陶器の容器や配管が使用されました。
陸軍のマークはモンベルかモスバーガーみたいだね。


T-2 CCVの模型

T-2 CCVの模型

T-2試作機3号機をCCV(Control Configured Vehicle)
として実験開発した機体の模型です。
CCVは「飛行安定性より操縦性を優先させた形状を持つ航空機」
という意味であり特殊な機動の運動形態をする訳です。
F-2開発途中に米議会によりF-16フライ・バイ・ワイヤシステム
のソース供与拒否が決定され、急遽T-2 CCVの収集データで
日本独自のソフトウェアをつくりあげF-2にこぎつけた経緯があります。


複合材一体成形主翼

複合材一体成形主翼

F-2に使われた世界初の複合材一体成形主翼です。
軽量化のための技術で実物大の試作品(下部ボックス)です。
カーボンファイバー耐熱エポキシ樹脂です。
しかしマッハで飛ぶものをコントロールするものが
こんなもので持ちこたえるもんなんだね。


グリーンとオレンジ

グリーンとオレンジ

この機体の色は緑色ですが
実際に造られた試作機は全機はオレンジ色でした。
基本的に現在もオレンジは試作機の色で、
このレストア機体は量産機に使われる
予定だった緑色に塗装されました。
そうかあ、KTMの柿色は試作機カラーってことだなあ。


三菱とプロペラ

三菱とプロペラ

ゼロの向こうに三菱マーク。


メッサーシュミットMe163Bの図面

メッサーシュミットMe163Bの図面

日独連絡潜水艦便で入手したメッサーシュミット
Me163Bロケット戦闘機の図面です。潜水艦が撃沈され
コピーを空輸する事態が発生したようですが、
この図面をベースに独自のJ8M1(秋水)を設計しました。
ちなみにMe163Bの機首にあるプロペラは発電用ですが、
秋水では蓄電池にして機首を伸ばしています。


降着装置の引込式ソリ

降着装置の引込式ソリ

着陸にはこのスキーを出して使用します。
脱落式車輪と引込式車輪を有しており、
主車輪は離陸後ソリを引込めると脱落して
滑走はソリを出して行います。


ゼロのシリンダーヘッド

ゼロのシリンダーヘッド

14気筒の一つ。バルブがピッカピカに
磨き上げられていますね。
シリンダーは腐食しまくりですけど。
実際にはこの状態であるから、ほとんど
三菱で新規で造り上げた零戦なのです。


スペースプレーンの模型

スペースプレーンの模型

地上と宇宙ステーションとの間を往復する
未来の宇宙輸送機。スペースシャトルも
退役問題になっていますが
SFちっくなこのデザインは結構、好きです。


栄二一型

栄二一型

ゼロ戦のエンジンもここまで綺麗だと動かないと悲しいね。


秋水のコックピット

秋水のコックピット

陸海軍統一名称 十九試局戦「秋水」(局地戦闘機)
陸軍名称 キ-200ロケット局地戦闘機
海軍名称 J8M1ロケット局地戦闘機
原型機 メッサーシュミットMe-163Bロケット戦闘機(ドイツ)

主翼 後退翼 全木製 台板外皮 乙液タンク収容
補助翼 兼昇降舵(エレポン)
胴体 ジェラルミン製モノコック 甲液タンク収容
垂直安定板 方向舵は木製


学徒動員女子挺身隊

学徒動員女子挺身隊

風神ではなく神風の鉢巻きなんだなあ。


ジープからの秋水ちゃん

ジープからの秋水ちゃん

秋水のスペックなど
全幅 9.5m
全長 6.05m
全高 2.7m
自重 1505kg
積載量 2380kg
全備重量 3885~3900kg
燃料 2030kg (甲液1550kg、乙液480kg)
最大速度 900km/H (10,000m)
上昇力
5,000m 2分16秒
10,000m 3分30秒
12,000m 3分50秒


紅の豚

紅の豚

宮崎アニメの紅の豚も三菱の魂?
■ イスパノ450馬力エンジン
アニメ「紅の豚」で活躍したSAVOIA
S.21戦闘飛行艇のエンジンはイソッタ
・フラスキーニアッソ・エンジンという設
定であるが、これは三菱イスパノ450
馬力エンジンに該当するものである。
ファイン・モールド社 御寄贈


FS-Xのボツ機体?

FS-Xのボツ機体?

なんか いろいろ混ざった機体だなあ。
結果的にはFS-XはF-2となった訳だけど。


南極の石

南極の石

南極探険隊の宗谷に搭載されたヘリコプターも
S-58南極観測ヘリでした。昭和34年に南極から
帰ってきて小牧南工場へ里帰り整備のおりに
お土産として贈られたものです。
物体Xの円盤も持ち帰られていたりして.....
S-58はHSS-1対潜哨戒ヘリの非武装モデル。
シコルスキー社と技術提携をして
三菱でノックダウン生産した機体です。


史料室屋内全景

史料室屋内全景

メインの零戦と秋水が仲良く配置されています。
やはり史料館に訪れる皆さんは零戦が好きなようです。
秋水は日本のこの1機と、米軍に徴収されアメリカに
展示される1機しかないのになあ。


ゼロのコックピット

ゼロのコックピット

通常は見せて貰えないのですが、ちょうど
自衛隊の幹部候補生の見学チームが来られたので
一緒にコックピットを見せてもらいました。
しっかり再現されていますね。
ほとんど新車の輝きじゃんね!!


秋水の構造

秋水の構造

横須賀の日本飛行機(株)の地中に埋められていた
機体をレストアした秋水だが、残っていた部品はかなり
少ない事がわかります。(赤色の部分)
つまり、ほとんど新規で作成したって事ですね。
燃料タンクも甲液(T液)は緑色、乙液(C液)は青色に
描かれています。


零戦の構造

零戦の構造

西太平洋ミクロネシア連邦のヤップ島から回収した
零式艦上戦闘機(三菱4708号機)です。
零戦には中島製と三菱製がありますからね。
零戦は21,22,32,52,53,54,63,64型があります。
小牧南工場の機体は52型甲で浜松基地の機体は21型です。
ともに三菱重工で復元された機体なのですが、
実は小牧の機体はかなりボロボロでほとんど当時の
図面から復元した新車クラスの出来上がりです。
逆に保存状態の良かった浜松の機体は
当時の部材を多く残すことができた零戦なのです。
歴史としては浜松、飛行機の構造としては小牧南という感じですね。
もちろん三菱の最先端な飛行機屋が復元したのだから
デキは抜群です。ある意味、中途半場に直すなら
知覧特攻平和会館 に展示してある52型丙のように
引き上げられた状態で展示されている方が好きだなあ。


三菱重工 小牧南工場

三菱重工 小牧南工場

西の正門から見上げる三菱マーク!!
三菱重工業株式会社 名古屋航空宇宙システム製作所は
略して名航とも呼ばれ大江工場、飛島工場、小牧南工場
を擁します。小牧空港と小牧基地に隣接する小牧南工場は
航空機の最終組立や飛行試験、顧客のアフターサービスを
行っています。H-2ロケットなどの宇宙関係は出荷港のある
飛島工場がメインとなります。


空色ハーキュリーズ

空色ハーキュリーズ

小牧空港と航空自衛隊小牧基地に隣接する神明公園は
航空館boonがある公園で駐車場と高台があるので
飛行機の離発着撮影にはちょうど良い場所です。
第一輸送航空隊の小牧の象徴はやはりイラク派遣で有名になった
C-130H先述輸送機が配備されている事ですね。
スカイブルーの迷彩がイラクの名残ですわ。
ちなみに第二輸送航空隊の入間はC-1輸送機の方が主力です。


タッチアンドゴー

タッチアンドゴー

C-130Hの75-1077と75-1078が連続でタッチアンドゴーの
訓練を繰り返していました。土日だと休日モードなのですが
やはり航空自衛隊ウォッチングは平日に限るね。
航空祭より飛びまくっていますもん。


空中給油機と救難ヘリコプター

空中給油機と救難ヘリコプター

話題の空中給油機のKC-767J(87-3602)は
2号機ですね。エンジンにカバーがされて
いるので、飛ぶ気は全くないみたいです。
機体の前をUH-60J (8-4576)が通過します。
小牧基地には救難教育隊があります。


ブラクホークダウン

ブラクホークダウン

航空自衛隊ですが洋上迷彩のUH-60J
(98-4588)です。この機体は空中給油機の配備と
関係あるのか空中受油ができる装備が追加されてます。


洋上迷彩で救難ヘリ?

洋上迷彩で救難ヘリ?

しかし洋上迷彩ではすでに救難ヘリとは言えないのでは?
いっその事、陸上自衛隊のようにUH-60JA
多用途ヘリコプターとすればいいのにね。
上空から見下ろして海に溶け込む色なので
溺れてる人から見上げる分には大差ないんだろうけど.....


空中給油できるの

空中給油できるの

この角度で見ると空中給油の長い鼻が良くわかりますね。
UH-60J救難ヘリコプター(98-4588)は空中給油プローブの
付いたブラックホークの1号機みたいです。
でもこの機体は着陸して東の小牧基地側の方には向かわず
西の三菱重工のハンガーに向かっていったなあ。


ワンツーでタッチアンドゴー

ワンツーでタッチアンドゴー

二機が仲良くタッチアンドゴーだよ。


アエロスパシアル登場

アエロスパシアル登場

中日本航空のAS332L1(JA9965)が頭上を通過していきます。
今日の小牧空港はひっきり無しにヘリが飛んでますわ。
3.5トン積載できる大型の輸送ヘリです。


ファントムが滑走路をパス

ファントムが滑走路をパス

RF-4ではなくF-4ファントムが飛んでるじゃん!!
さすがは整備の殿堂、三菱重工!!


ドラグシュートでランディング

ドラグシュートでランディング

着陸はなんとドラグシュートを使用しました。
まるで世界最速のインディアンじゃーん。


謎の無印良品ファントム

謎の無印良品ファントム

この機体はF-4EJ改(57-8367)ですが
三菱重工のハンガーへ入っていきます。
自衛隊での飛行ではなく三菱のテスト飛行のようです。
しかし尾翼には部隊マークが無いんだよね。


三菱の小牧から川崎の各務原へ

三菱の小牧から川崎の各務原へ

天気が良いし航空自衛隊の動きも活発なので
小牧基地から岐阜基地へ移動してみました。
岐阜基地は飛行開発実験団という部隊ゆえに
見学できる場所が無いのですが、滑走路東端に
着陸機の撮影ポイントがあります。
かかみがはら航空宇宙博物館の展望台からは
600mmレンズ以上が必要らしいよ。
写真は博物館の屋外展示のUS-1A救難飛行艇です。


小牧へ帰頭するKC-767

小牧へ帰頭するKC-767

岐阜基地に来ていたKC-767が小牧基地に向けて
離陸していきました。現在、KC-767は3号機まで
あるそうです。小牧に置いてあったのは2号機だから
これは1号機かな?


岐阜基地に厚木のP-3C

岐阜基地に厚木のP-3C

厚木航空基地の海上自衛隊機が来ていました。
P-3C対潜哨戒機(51-5029)が着陸します。
岐阜基地でP-3Cは珍しいそうです。
厚木基地ならUS-2が来て欲しかったなあ。


浜松からのお客さま

浜松からのお客さま

浜名湖周辺では珍しくもないT-4中等練習機が着陸。
でもこのT-4(66-5742)は洋上迷彩の機体じゃないですか!!
訓練機でもこの色だとなかなかカッコイイなあ。


チェッカーフラッグの浜松教育飛行隊

チェッカーフラッグの浜松教育飛行隊

しかもチェッカーフラッグの尾翼のデザインは
浜松基地の機体ですわ。この日は浜松基地
から練習に来ているT-4が多かったわぁ!!


どこのP-3C?

どこのP-3C?

もう一機、P-3C対潜哨戒機(5045)が着陸してきた。
この機体には所属がかいてありません。
先程の厚木機は5029の上に小さく51とかいてあり
厚木基地の第51飛行隊とわかるのですけどね。


T-7だってがんばるゾ

T-7だってがんばるゾ

富士重工のT-7初等練習機も飛んでいますぞ。
岐阜基地は飛行開発実験団であるがゆえに
様々な種類の飛行機が飛び交いますね。


草原から撮影

草原から撮影

小牧基地の神明公園は5人くらい撮影していましたが
岐阜基地はファンが多いみたいで、20人くらいは
平日なのに撮影しているんですよ。私はハンディ無線機
すらもってきてなかったけど、全員、岐阜基地TWRの
無線を傍受していましたわ。まあ持っていなくても
着陸機が近づくと全員車から出てくるのでわかるんですけどね。


ファントム無礼講

ファントム無礼講

小牧でもファントム。
そして岐阜でもファントムだぁ!!
今日は幽霊に憑かれまくってますネ。


岐阜基地のファントム

岐阜基地のファントム

小牧とは違う機体のF-4EJ(87-8409)が
ランディングしてきました。
所属は岐阜基地の飛行開発実験団です。
尾翼のエンブレムがレ点の様なマークなの。


岐阜県防災ヘリ

岐阜県防災ヘリ

岐阜県防災ヘリのベル412EP
若鮎II (JA96GF)が帰ってきました。
トリコロールカラーのニクイやつだね。


エアブレーキのF-15J

エアブレーキのF-15J

爆音の飛行開発実験団の戦闘機が3機
並んで帰ってきました。まずはF-15J(32-8942)
がエアブレーキを広げて着陸です。
大きいエアブレーキが開いているとイーグルぽいよね。


イーグル2機

イーグル2機

続いて着陸体制に入ったのは
同じくF-15J(02-8914)です。
今度はエアブレーキを広げていません。
ちょっと寂しいなあ。


洋上迷彩のF-2だっ!!

洋上迷彩のF-2だっ!!

F-15Jが3連続と思いきや、なんと3機目は
F-2B(63-8103)の複座3号機でした。
量産で見られる洋上迷彩が施されていますね。
ちなみにノーマル塗装のF-15Jは制空迷彩といいます。


平成のゼロ

平成のゼロ

2000年納入開始のためバイパーゼロとも言われ
三菱零戦の末裔とされるF-2支援戦闘機です。


けっこう腹ボテデザインね

けっこう腹ボテデザインね

夕日を受けるF-2Bです。
しっかり複座で乗ってるね。
順光で撮影ができる場所でいいのよね。


岐阜T-4もタッチアンドゴー

岐阜T-4もタッチアンドゴー

戦闘3人組がもどってきたら岐阜基地所属の
T-4中等訓練機(06-5651)がタッチアンドゴーを
繰り返して練習に入っています。


名航史料館のお土産

名航史料館のお土産

三菱重工 小牧南工場の菓子土産は
飛行機のおかきとH-2ロケットのクッキーでした。
おかきの方がおすすめだよ。
美味しいし零戦と秋水のデザインの袋だもん。


ステッカーデザイン

ステッカーデザイン

名航土産で入手したステッカーです。
零戦コースターとピンバッジも所望しました。
この機体はなんだろな?
オレンジ色の試作機カラーだけどね。
三菱重工はがんばってるなあ。
各務原の川崎重工はテロ警戒で
正門がものものしいのなんの......
もう少しオープンにしても良かろうにね。


手作りの味

手作りの味

オフセット印刷の冊子があったので入手。
「目で見る小牧南工場50年史」で
資料室が発行したものです。
内容は新聞記事のスクラップで構成されています。
なかなか時代を感じるには良いですね。
こういうのは高級な装丁本より同人誌風なもので良いんだよね。