backcountry.cocolog-nifty.com > 北ア唯一の活火山

春の焼岳登山 中尾温泉ルート

春の焼岳登山 中尾温泉ルート

2012年5月26日 (土)

穂高連峰の南端にある焼岳は北アルプス唯一の活火山です。
2012年5月の残雪期終盤に入ったのは中尾温泉ルートです。


雪帽子の笠ヶ岳

雪帽子の笠ヶ岳

2012年5月26日 (土)

笠ヶ岳 2898m


錫杖岳

錫杖岳

2012年5月26日 (土)

錫紵岳 2168m


雪解けの白水ノ滝

雪解けの白水ノ滝

2012年5月26日 (土)

焼岳北斜面の白水谷の落差のある滝だね。


エンレイソウ

エンレイソウ

2012年5月26日 (土)

3枚の花に中央に小さい花。薬草だがサポニンは毒性あり。


ヒカリゴケ

ヒカリゴケ

2012年5月26日 (土)

ヒカリゴケがあるけどフラッシュ撮影すると...


フキノトウ

フキノトウ

2012年5月26日 (土)

もう開いてて食用にはダメだなあ。


国土交通省 焼岳雨量観測所

国土交通省 焼岳雨量観測所

2012年5月26日 (土)

ここから残雪が多くなり雪渓歩きになる。


秀綱神社

秀綱神社

2012年5月26日 (土)

磐座のある神社ですが戦国武将の三木秀綱は高山松倉城主でした。


中尾峠旧道

中尾峠旧道

2012年5月26日 (土)

焼岳小屋のある新中尾峠の新道ではなく旧道で中尾峠に向かいます。
しかし残雪が多くなり、登山道はほぼわからずテープ目印と
GPSを頼りになんとか登ってゆく。


笠ヶ岳と抜戸岳

笠ヶ岳と抜戸岳

2012年5月26日 (土)

笠ヶ岳(2898m)と抜戸岳(2813m)の間には白い穴毛谷が伸びる。


中尾峠

中尾峠

2012年5月26日 (土)

焼岳の核心部が目の前に広がる。
尾根に出ればけっこう広いフィールドが出てきます。
ビバーク地にはいいかも。


中尾峠からの霞沢岳

中尾峠からの霞沢岳

2012年5月26日 (土)

上高地の向こう側には霞沢岳が聳える。


眼下の大正池

眼下の大正池

2012年5月26日 (土)

大正池と大正池ホテルが佇みます。
大正池は焼岳の1915年(大正4年)の噴火で泥流が
梓川をせき止めてできた池です。


焼岳の北尾根

焼岳の北尾根

2012年5月26日 (土)

北斜面を登っていきます。


前堀沢に残る雪渓

前堀沢に残る雪渓

2012年5月26日 (土)

大正池までの巨大な滑り台のようなカラ沢。
落ちたくはないなあ.....


焼岳北峰の直下

焼岳北峰の直下

2012年5月26日 (土)

溶岩ドームの溶岩のガレガレ。
ザレ場は足場がかなり滑りやすい状態です。


北峰直下を巻いて上堀沢源頭へ

北峰直下を巻いて上堀沢源頭へ

2012年5月26日 (土)


グサグサに腐った雪渓

グサグサに腐った雪渓

2012年5月26日 (土)

上堀沢の上部が中ノ湯ルートとの峠部分である。
しかし、この雪渓をトラバースして対岸に渡ってから
峠部分へ登らないといけない.....
しかし、お昼になり雪が緩んで私の体重ではズルズルと
滑ってしまう。ピッケルもしっかり刺さるも固定できないレベル。


トラバース断念

トラバース断念

2012年5月26日 (土)

もう少しで山頂であるが、雪渓で
滑ってしまっては奈落の大正池まで一気にスライダーのため
今回はここまでとした。


アルプスの風景を楽しみながら

アルプスの風景を楽しみながら

2012年5月26日 (土)

しょうがないので昼飯タイムですね。


槍ヶ岳もホワイティ

槍ヶ岳もホワイティ

2012年5月26日 (土)


中尾峠から穂高連峰への稜線

中尾峠から穂高連峰への稜線

2012年5月26日 (土)

眼下には中尾峠から割谷山(2224m)、槍見台、西穂山荘、丸山、
独標、西穂高と続き、奥穂高、吊り尾根、前穂高が遥かに連なる。


吊り尾根

吊り尾根

2012年5月26日 (土)


秋のリベンジは中ノ湯ルートで

秋のリベンジは中ノ湯ルートで

2013年10月14日 (月)

春の中尾温泉ルートのリベンジは秋の中ノ湯ルートだね。
安房峠旧道の新中ノ湯登山口でテン泊して入山します。


穂高連峰のモルゲンロート

穂高連峰のモルゲンロート

2013年10月14日 (月)

寒いので朝日がしっかり出るまでノンビリと!!
マルタイラーメンをつくりながら準備します。


黄色い世界

黄色い世界

2013年10月14日 (月)

朝日にまぶしいイエローマジックな登山道。


旧中ノ湯ルート分岐

旧中ノ湯ルート分岐

2013年10月14日 (月)

ウッズのアルバイトをこなすと
ドーンと焼岳の姿が広がります。


ナナカマドの赤い粒

ナナカマドの赤い粒

2013年10月14日 (月)

メトロン星人のタバコの成分ではないです。


下堀沢右岸の登山道を登る

下堀沢右岸の登山道を登る

2013年10月14日 (月)

笹の草原の灌木帯で山頂の景色を楽しみながら歩く。
青空と緑の絨毯、そしてグレーの溶岩ドームと白いカルデラ。
火山をつめて行きます。


ナナカマドと笹原

ナナカマドと笹原

2013年10月14日 (月)


シラタマノミ

シラタマノミ

2013年10月14日 (月)

白いボールのような花が群生して咲いています。


徐々にカルデラ部分に近づく

徐々にカルデラ部分に近づく

2013年10月14日 (月)

溝の深い登山道は階段なども設置されているが、
次第にガレ場ルートになってくる。


乗鞍岳がもやもや

乗鞍岳がもやもや

2013年10月14日 (月)

雲が徐々に南から広がってくる。
下山時にはもう乗鞍は雲に隠れることになる。


噴気が火山を実感させる

噴気が火山を実感させる

2013年10月14日 (月)


下堀沢をツヅラで標高をかせぐ

下堀沢をツヅラで標高をかせぐ

2013年10月14日 (月)


溶岩ドームと噴気口

溶岩ドームと噴気口

2013年10月14日 (月)

白い溶岩ドームと黄色い硫黄の噴気口。


カルデラに到着!!

カルデラに到着!!

2013年10月14日 (月)

火口壁の中をパノラマ展望できますネ。
写真中央の窪地が噴火口。
右手の向こうには笠ヶ岳がそびえます。


カルデラ池

カルデラ池

2013年10月14日 (月)

エメラルドグリーンの火口池と外輪山の火口壁。


噴気口から南峰を眺める

噴気口から南峰を眺める

2013年10月14日 (月)

焼岳の最高峰は南峰2455mです。
しかし崩落しやすいため南峰は立ち入り規制がかかっています。
確かに崩してしまったら下部の中ノ湯ルートの登山道に
岩を落としてしまっうと大変だ。実際、一般ルートでも
「ラーック!!」って声を出さないといけない状況が発生してました。


硫黄にまみれて

硫黄にまみれて

2013年10月14日 (月)


噴気口はすぐそばに!!

噴気口はすぐそばに!!

2013年10月14日 (月)


噴気口と噴火口

噴気口と噴火口

2013年10月14日 (月)


溶岩ドーム北峰トラバース

溶岩ドーム北峰トラバース

2013年10月14日 (月)

足元は崖っぷちではないのでさほど危険度は高くないけど滑らないように。
でも残雪期は恐いかも。


穂高連峰全景

穂高連峰全景

2013年10月14日 (月)

中ノ湯ルートと中尾温泉ルートの峠になる鞍部です。


西穂高の尾根と奥穂高

西穂高の尾根と奥穂高

2013年10月14日 (月)


槍ヶ岳のある風景

槍ヶ岳のある風景

2013年10月14日 (月)

槍ヶ岳、飛騨乗越、大喰岳、中岳、南岳とつらなります。


大混雑の上高地

大混雑の上高地

2013年10月14日 (月)

連休だからしょうがないネ。


峠から北峰山頂へゴー!!

峠から北峰山頂へゴー!!

2013年10月14日 (月)

1箇所クライミングポイントがある。
下りが慣れてないと恐いけどネ。
渋滞しやすいが、危険度は低いのでお子さまもOK。


北峰の巨石岩盤

北峰の巨石岩盤

2013年10月14日 (月)

先日はここまで来てたのだなあ。


北峰山頂から噴火口

北峰山頂から噴火口

2013年10月14日 (月)

噴火口は2つあったのか.....


噴気の向こうは南峰

噴気の向こうは南峰

2013年10月14日 (月)

焼岳最高峰は南岳(2455m)だが、北岳(2399m)だけしか
ピークハントできない。南岳側にも登山者はちょろちょろと入っているようだが。


穂高連峰岳沢の万年雪

穂高連峰岳沢の万年雪

2013年10月14日 (月)

まだ雪渓がしっかり残ってるんだね。
もう初雪、初冠雪の時期なのぬ。


笠ヶ岳に雲が近づいてきてるゾ

笠ヶ岳に雲が近づいてきてるゾ

2013年10月14日 (月)


ブライスの山ガール参上!!

ブライスの山ガール参上!!

2013年10月14日 (月)


プリマドールオーブリーナのリナちゃん

プリマドールオーブリーナのリナちゃん

2013年10月14日 (月)


やっほー!!

やっほー!!

2013年10月14日 (月)

穂高連峰をバックにばんざーい!!


おおっと噴気口でびっくりコケそう!!

おおっと噴気口でびっくりコケそう!!

2013年10月14日 (月)


ほえ~!! 助かった!

ほえ~!! 助かった!

2013年10月14日 (月)


下山開始

下山開始

2013年10月14日 (月)

中ノ湯ルートを下山開始。
目の前には霞沢岳(2646m)が順光で紅葉の色がぽややーん。
K1ピークもK2ピークも元気だね。


グリーン アンド イエロー

グリーン アンド イエロー

2013年10月14日 (月)

中ノ湯に近づくとバイクの排気音が大きくなるの。