backcountry.cocolog-nifty.com > 夜叉ヶ池のゲンゴロウ

池ノ又谷の登山口

池ノ又谷の登山口

揖斐川町の坂内のモトクロスコースの奥へ入り
ピストン林道の終点から夜叉ヶ池へ入山します。


最初はアルバイト

最初はアルバイト

沢から夜叉ヶ壁の尾根へ一気に標高をあげるため
最初はしっかりアルバイトとなります。
ある程度、標高を稼げば軽くアップダウンして
岩場下を巻いて越美山地の主稜へ移動できるんですけどね。


夜叉ヶ池周辺のレイアウト

夜叉ヶ池周辺のレイアウト

福井県と岐阜県の国境になる越美山地の
鞍部の福井県側に夜叉ヶ池があります。
岐阜県側手前には夜叉ヶ壁が巨大岩盤として
ブロックしているため、天然の池が高山に存在するのですね。


夜叉ヶ壁の東側

夜叉ヶ壁の東側

越美山地の主稜尾根をつかって
三周ヶ岳へ縦走するには、この笹原の尾根を
歩かなければなりません。


良い曲がり具合?

良い曲がり具合?

斜度が緩んでくると色々と景色を楽しむ余裕ができてきますね。
登山道の木々は何故かこんな感じに曲がっています。
雪の重さなのか? それとも一度崩れたのか?
なんて想像しながら山腹道を進みます。


夜叉ヶ壁がガスってきたぞ

夜叉ヶ壁がガスってきたぞ

八丈島から関東へ台風が接近中。
雨は降らないのですが東海域でも
雲が山頂部にかかってきました。


幽玄ノ滝

幽玄ノ滝

夜叉姫がここで身体を清めたとされる滝です。
夜叉ヶ壁から流れる滑滝です。
汗をかいたので顔を洗ってみたけど綺麗になるかしら?
なんちゃって。


見上げると夜叉ヶ壁

見上げると夜叉ヶ壁

ロッククライマーは見当たりませんが
なかなか好まれそうな世界だなあ。


夜叉ヶ池へのラストバーン

夜叉ヶ池へのラストバーン

池ノ又谷の源頭になる昇竜ノ滝だ。
ここから主稜への岩場が登山道の核心部になる。
とはいえザイルが設置されており、登りでは
ザイルは使用しないくても登れるレベルです。


ガスのかかる岩場をゆく

ガスのかかる岩場をゆく

昇竜ノ滝の上はもう雲の中。
若干滑りやすい岩場がガレているので慎重にね。
昇竜ノ滝の下で沢を渡り、沢の右岸(西側)を登っていきます。


リンドウ咲く昇竜ノ滝

リンドウ咲く昇竜ノ滝

リンドウの花は多く見る事ができました。


沸き上がる雲

沸き上がる雲

ちょっと休憩して靴の調整だじょ。
もう眼下の昇竜ノ滝も見えなくなってきたなあ。
左手には夜叉ヶ池の垂直壁が真横に接近してます!!


夜叉ヶ壁

夜叉ヶ壁

どんどんガスが濃くなっていくぞ。
夜叉ヶ壁の撮影もこれが限界かな。


越美山地稜線へ

越美山地稜線へ

越美山地の主稜縦走路に到着しました。
あちゃー!! 雲は日本海側から入ってきてるので
夜叉ヶ池の様子は全く見えませんぞ。


霧の夜叉ヶ池

霧の夜叉ヶ池

摩周湖ではありません。福井県側は数十メートル下がると
夜叉ヶ池があらわれました。晴れではないけど
ガスで逆に神聖な雰囲気がただよいます。


のんびりエネルギー補給

のんびりエネルギー補給

竜神さんの御社の前で昼飯です。
私はドラえもんのドラ焼きじゃーん。
夜叉ヶ池はパトロール員が入っており火気厳禁となっています。


透き通る夜叉ヶ池

透き通る夜叉ヶ池

標高1099mに位置するブナ原生林の夜叉ヶ池。
泉鏡花の戯曲でも知られる夜叉姫伝説の池なのです。
雨乞いの池であり、干ばつの時に長者の娘を大蛇に
嫁がせるというストーリー展開が知られます。


ゆらりと泳ぐ闘蛇の如く

ゆらりと泳ぐ闘蛇の如く

獣の奏者エリンの闘蛇の様な泳ぎ方をするのはイモリですね。
とにかく多いのはモリアオガエルのオタマジャクシなのですが、
イモリもかなり見る事ができます。


イモリの気持ち

イモリの気持ち

実はイモリは夜叉ヶ池の固有種である
夜叉ゲンゴロウの天敵でもあります。
実はゲンゴロウがイモリの前に泳いできて
びっくりして大慌てで逃げるシーンもありました。


ヤシャゲンゴロウ

ヤシャゲンゴロウ

絶滅危惧IA種指定のヤシャゲンゴロウは
夜叉ヶ池にしか棲息していません。
近縁種はメススジゲンゴロウだそうですが
体長は15~20mmになります。


どじゃごん

どじゃごん

イモリのイメージが竜神さんなのかもなあ。
水棲ドラゴンの末裔じゃ!!


夜叉ヶ池を出発じゃ!

夜叉ヶ池を出発じゃ!

休憩したので三国岳へ向かいますが、
パトロールの方に聞くと夜叉ヶ池山までは
まだ道がわかるけど、さらに奥は完全な藪漕ぎになるそうだ。
けっこう時間がかかるしガスで視界が悪いので
今回は夜叉ヶ池山までとしました。


夜叉ヶ池山へのスカイライン

夜叉ヶ池山へのスカイライン

鞍部から越美山地の稜線を西に向かって登ります。
さっそく岩場の尾根道になります。


ロッキー笹原の藪漕ぎ

ロッキー笹原の藪漕ぎ

尾根道がなんとなく見えたぞ。
こりゃけっこう大変かも。


両サイドが切れた尾根の藪漕ぎ

両サイドが切れた尾根の藪漕ぎ

藪漕ぎ状況ですが、ここはまだいいんですよね。
両サイドが切り立った岩場で藪だと
足元が見えないと慎重になりますよねー。
石鎚山東稜の笹原に似た感じだけど笹の背が高いのが困るね。
頭より高いトンネル部もあったのです。


夜叉ヶ池山到着

夜叉ヶ池山到着

1200mピークの夜叉ヶ池山はなにも標識はありません。
監視用のカメラが岩場に設置されていた程度ですかね。
さすがに三国岳方面への縦走はやめました。Uターンとします。


笹の藪漕ぎ下山の風景

笹の藪漕ぎ下山の風景

虫に刺されなくてよかったけどね。
滑らないように注意、注意!!


ヤマトリカブト

ヤマトリカブト

これはヤマトリカブトかな。
根っこの毒に注意ね。


山水画の森

山水画の森

ガスはさらに濃くなりにわか雨もパラっと来る時があります。
カメラもペンタックスのkmからオリンパスのミューに変更。
雨にはやっぱり防水カメラっす。


ヤマホトトギス

ヤマホトトギス

なんか独特なメシベだな。
紫斑がホトトギスの腹の模様に似てるから
ホトトギスって名前なんだってね。


オオアサギリ

オオアサギリ

紫色の高山植物は目につきやすいよね。
紫系の花は緑に際立つのでけっこう好きです。